タックル

ライトショアジギングタックル(ショアスロー)

投稿日:2018-02-06 更新日:

リンク広告


自分の使用しているショアジギタックルを
紹介します。
最近はショアスローをする事が多いので、
ロッドはショアスロー専用のロッドを使っています。




通常のショアジギよりもスローに
魚を誘う事ができるのがショアスローになります。
スローに誘える分、遊泳力の弱い魚も
釣る事ができるのが利点です。

ロッド

アングラーズリパブリック ショアガン エボルブ Shore Slow SFSGS-992・SS

スペック
Length(ft.inc.):9'9"
POWER:2
LURE(g):20-40
Line(lb):6-20/PE(号):0.6-2.0
Picec:2
Rod Wt(g):205

リール

シマノ 15 ストラディック 4000XGM

スペック
ギア比:6.2
実用ドラグ力:68.6N/7.0kg
最大ドラグ力:107.8N/11.0kg
自重:285g
スプール寸法:51.0/17.0
ナイロン糸巻量(号-m):2.5-160/3-120/4-90
フロロ糸巻量(号-m):3-110/4-90/5-65
PE糸巻量(号-m):1.2-250/1.5-200/2-150
最大巻上長:99cm(ハンドル1回転あたり)
ハンドル長:55mm
ベアリング数(S A-RB/ローラー):6/1

ライン

よつあみ(YGK) G-SOUL X8 UPGRADE 200M 1.5号(30LB)

スペック
・素材:PE
・全長:200m
・1.5号
・30lb
・カラー:グリーン

ショックリーダー

クレハ(KUREHA) ライン シーガー 150 150m 8号

スペック
素材:フロロカーボン
号数:8号
巻数:150m
結束強度:7.8kg

ショアスローについて

ショアスローについてはアングラーズ・リパブリックの
沼田さんのブログ記事や動画を観ればわかると思います。

スポンサーリンク

自分は昨年からショアスローを
やり始めましたが、
普通のライトショアジギングよりも
体への負荷は少ない気がします。
また、アタリの出方も面白く、
特にフォール中のアタリを掛にいく感じは
自分の好みに合っています♪

去年ショアスローで釣り上げた魚は
イナダ・サゴシ・タチウオ・ヒラメ・アジ・カマス・フグと普通のライトショアジギングと変わらないです。

ただ、やっていて思ったのは、
水深のない釣り場だと直ぐに
ボトムに着いてしまうので
ショアスローの楽しみが
半減してしまいますね。
ある程度の水深(最低5m以上)があれば
レンジを分けて探る事もやり易いと思います。

また、メタルジグの種類によっては
ラインがメタルジグのフックを
拾ってしまい、トラブルの元になるので、
最初は、水深のあるポイントでやるのがおすすめです!

ショアガンエボルブのショアスローモデルは
990,991,992,993の4種類のモデルがあり、
それぞれロッドの長さは、9ft9inですが
ロッドパワーによって分かれています。
自分の使っている992は
ルアーウエイト40gまでで、とても扱いやすいです。

まとめ

ショアスロー専用ロッドですが、
基本的にはショアジギタックルと
変わりませんので、
このタックルでもショアジギできます。
使っていて思ったのは、
Max40gまでの表示ですが、
無理なく投げられます。
メインのジグは40gなのでありがたいです♪

魚とのやり取りは問題ないですね。
青物・フラット・キジハタ・タチウオなど
色々な魚を狙うのに使っていくので
出番の多いタックルになります♪





アウトドア&スポーツ ナチュラム

↓応援よろしくお願いします( ^ω^ )
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

スポンサーリンク

SNSフォローボタン

SNSフォローボタン

-タックル
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.