青物関連

青物のマイクロベイト・シラスパターン攻略方法

2019-11-16

目の前に青物のボイル・ナブラが発生しているのに
ルアーを投げても全く食ってこない。

周りも全然釣れないなんて経験をした事が誰しも
有ると思います。

たいていの場合はベイトが小さくて
ルアーのサイズが有っていなかったり
偏食している場合が多いです。

そんな時に自分がやっている
マイクロベイトパターンの攻略方法を
ご紹介したいと思います。



フェザーフック

とても単純で簡単な事なんですが
メタルジグについているリアのトレブルフックを
フェザーフックのトレブルに交換するだけです。
これでシラスなんかを食っている時でも
手持ちのメタルジグで反応を得られます。

釣り方は基本的にタダ巻きでOK
巻くだけでフェザーが艶めかしく
動いてくれます。

ナブラやボイルが出ている時などは
着水後、水面をルアーが割らないように
注意しながら早巻きすればOKです♪

高靭性・高強度 センターバランスアイ Gamakatsu/ガマカツTREBLE RB MH/トレブルRBミディアムヘビーFT/フェザー #2〜8◆入り数:2ケ入◆サイズ:#2、#3、#4、#5、#6、#7、#8★トレブルRB-MHを使用。抜群のフッキング性能と耐久性を実現。★シーバス、青物、ブラックバス等多魚種対応。★トップウォーター、ジギングペンシル、ビッグベイト等様々なルアーに対応。★独自の高強度、高靭性素材「TORNAMENT GRADE」採用により、フトコロ強度・靭先耐久性が大幅に向上。

また、サゴシ(サワラ)などが釣れている場合は
アシストフックを食われると
ラインブレイクする可能性が高くなるので
フェザートレブルだけの使用にすると
メタルジグを取られる可能性が下げられます。

ライトワインド

ライトショアジギングタックルだと
ちょっときついですが、
メバル・アジなどで使用する
ヘビーなタックルやエギングロッドなどを
使用する場合はライトワインドがおすすめです。

通常のワインドは10g後半から30g程度までの
ジグヘッドを使用すると思いますが
ライトワインドの場合は
5g~15g位のジグヘッドを使用して
アジ・メバル用の2インチ前後のワームを
使用する事によってベイトが小さくても
魚をキャッチする事が可能です。


基本的な釣り方としては
任意のレンジでワインド(ダート)させて
テンションフォールでアタリを待ちます。
反応が無ければ、ダートさせた後に
リトリーブしてみたり、
テンションを抜いてみたり
など
その日のヒットパターンを見つけると
釣り場で他の人が釣れていない中
一人勝ちできます(笑)

ダートタイプは立ち上がりの良いダートアクションを簡単に出せるヘッド形状、これで逃げ惑う小魚やエビの動きを演出する事が出来ます。また、ダート後のテンションフォールによるステイ状態もバイトを誘発するには効果的。1.5gから3gはR-Type同様、#6サイズ、4~5gには#4、7g・10gには#2サイズのフックを使用。DX(デエックス)タイプは鋼材に100C(カーボン100)を使用し、刺さりのよい針先になりました。ベーシックさを残しつつ、若干内向きの針先を持った形状でダメージを最小限にする為マイクロバーブにしました。

ボディには水の抵抗を受ける部分が無いので、スピードをつけてダートをさせたい時に最適なソフトルアー。左右ダートでは小魚が逃げ惑う様をリアルに演出。また、ピョンピョンとアクションをさせ、目立たせてからカープフォールでアジを誘う演出もおすすめ。

ライトタックルで釣ると
魚のサイズが小さくても
引きもやり取りも楽しめるので
おすすめです。

ただし、強風や波やウネリが有る時は
釣りにならない事もあるので
注意が必要です。

スポンサーリンク

弓角(ユミヅノ)

自分はもっぱら使用する事が無くなりましたが
マイクロベイトパターンには
とても有効な日本古来の漁具です。

ジェット天秤やスキップバーニーなどの
オモリのしたにリーダーを結んで
弓角をセットします。

遠投マウスIIにベストマッチ!サーフ弓角II 低速~高速で巻いても水中からの飛び出しを抑えるために本体にエッジを利かせることで安定した泳ぎを実現。

シンカーが重たいので
飛距離が出せて広範囲に探れるのが
有利ですが、慣れないとリーダーと
弓角が絡んでしまうのと
飛距離が出る分、回収に時間が
掛かります。

ジグサビキ

ジグサビキも殆ど使用しませんが
魚が居れば高確率で釣れるので
初心者の方におすすめの釣り方です。

メタルジグとセットのものが
販売されているので
そちらを購入して使用すれば良いだけです♪
釣れる魚の種類も多いので
とても楽しめます。

堤防からのキャスティングに最適。キャスティングしやすいショート設計。 リアバランスで安定したキャストを実現。操作性抜群。オリジナルジグ。

釣り方は投げて底まで沈めて
シャクり上げてゆっくりテンションを掛けたまま
落としてみたり、タダ巻きでも十分釣れます。
青物の他に、アジ・イワシ・カマスなども
釣れてくるので、とても面白い釣りです。
魚の活性が高いと、全部のハリに食ってくるので
青物だと大変な事になります。

一人勝ちも夢じゃない

なかなか難しいパターンですが
その場で対応できれば魚は釣れてくれます。
普段から、マイクロベイトパターン用に
ジグなり仕掛けなりを1つ用意しておくと
美味しい思いが出来るかもしれません♪

釣り場で自分一人だけ釣っているなんて
事も味わえるかもしれませんし…(笑)



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-青物関連
-

Copyright© 釣り上げ.com , 2019 All Rights Reserved.