青物釣行記事

念願のサワラ!?今年の目標やっと一つ達成!!新潟県中越:青物

2019-11-19

19/11/3
新潟県中越:中越沖

前々からピチさんのゴムボートで
ティプランエギングの
予定を立てていましたが
約束後、毎週末天気が悪くて
1カ月過ぎるという展開に…。
今年は無理かな…?っと
諦めていましたが、
何とかボートが出せるかも…っと
連絡をもらい、天気予報を信じて
行ってきました!



初めてのゴムボート

当初アオリイカのティップラン
予定でしたが、全然釣れて
いないらしいので、
サワラ狙いのライトジギングに変更。

もともとオフショアの釣りは
やらないので手元にジグが無い…。
釣りする前にパンチショップで
適当に選んで購入してきました。

本当はダイワのTGベイトを買おうと
思っていたんですが、値段を見て
早々に諦めました(笑)
やっぱりTGは高いです…。

ナビに集合場所を入力して
到着時刻を確認すると…。
間に合わない…。
久しぶりに焦りました(笑)
釣りに行く前に精神をだいぶすり減らし
ながら何とか集合時間内に到着♪

色々とありましたが、とりあえず出港!!
久しぶりのコラボ釣行となりました♪

釣り場に向かいながら興味が湧いたのは
魚探…やっぱり面白いですね!!
水深・地形・魚影などなどとても
欲しくなりました♪
まあ、買っても浮くものが無いので
使えませんが、自分の釣り場の地形が
どんな感じになっているのか
見てみたいものです…。

釣り場に到着し、早速釣り始めます。
水深は20m位からスタートしました。
最初に釣れたのは…小さなサメでした(笑)
初めてサメ釣ったかも…。
その後は、エソ…エソ…エソ…。
リーダーがどんどん短くなっていきました…。

スポンサーリンク

サワラゲット!!

魚探に魚の反応?は有りますが
全く釣れてくれない(笑)
狙う水深も段々と深くなり60mラインへ…。

魚探には明確な反応は有りませんでしたが
ちょくちょく中層辺りに反応が有ったので
中層を探っていると…。
ググっとしたアタリが♪
底付近じゃないし、エソではないだろう…。
引きはそこまで強くないし
サゴシかな??

水面に上がってきた魚の姿を見て
ビックリ!!長い…デカい!!
サゴシじゃなくてサワラじゃん!!
一気に興奮度MAXに(笑)
ピチさんにランディングしてもらい
無事にキャッチ出来ました♪


ここで奇跡が起こります!
自分に魚が掛かったのでピチさんは
直ぐにルアーを回収しましたが
”スッ”されていて、使っていたTGベイトを
ロストしていましたが、
なんと自分の釣ったサワラにTGベイトが
掛かっていました(笑)
サワラが釣れたのとTGベイトが帰ってきて
ダブルの喜びに包まれました(笑)

ヒットルアーは、
シマノのフラットライト80g
カラーはキョウリンピンクでした♪

トゥイッチで細かくスライド、フォールで喰わせ。スーパーライドジギングのイサキ、真鯛、根魚習いに!やや後方重心のフォール。ボディスナップ連結方式のクイックチェンジアシスト

その後は、状況が好転することなく、
浅場でサゴシと少し遊んだ所で
天気予報通り風が出てきたので
納竿となりました。

久しぶりのピチさんとのコラボ釣行
とても楽しませていただきました♪
ゴムボートで美味しそうな魚を
沢山釣っているのをみて良いなぁ~と
ずっと思っていたので
誘っていただき、感謝感謝です♪
念願のだったサワラも釣れたので
最高でした!
また次回も、よろしくお願いします!!

お家での楽しみ♪

釣り場では測定しなかったので
家に帰ってから測ってみましたが…
長くてシンクに収まりきらない(笑)
仕方なく、ふろ場で測定しました…。

80.5㎝…ギリギリだけどサワラでした!!
しかし普段釣っているサゴシと比べると
厚みが全然違いますね…。
引きはサゴシと一緒でしたが(笑)

早速捌いてみると…。
やっぱりサゴシと違うな…。
脂が…腹身が白いよ…。
一日置いてからお刺身にしようと
取り出すと…手が脂でテカテカになりました♪

やっぱり脂凄いな…。
もっと寒い時期に釣ったら…。
想像だけで胸焼けしそうです(笑)

今回は、刺身・酢じめ・一夜干し・漬けで
美味しく頂きました♪



刺身は良い具合に脂がのっていて
本当に美味しかったです♪

また、チャンスが有ればぜひ釣りたい魚ですね!
冬になればサゴシも美味しいので
去年のように沢山釣れてくれると
嬉しい限りですが今年はどうなるかな??

後、今年の目標の一つにサワラを釣るを
掲げていたので、一つ目の目標達成となりました♪
今年はどれも無理かと思っていたんですけどね(笑)
残り1ヶ月ちょいで他のも達成できるように
頑張りますが…無理かな…。

青物釣行記事

2020/5/1

人生でサゴシを一番釣った日-新潟東港-青物

20/4/4 新潟県聖篭町新潟東港 前回のボートサワラでは屈辱の ボウズと言う結果に 今年の中で必ずもう一度 挑みたいと心の中に決めていました。 天気予報は完全にアウトでしたが とりあえず第三大栄丸jrさんに 予約を入れておき、 天気予報が外れる事を祈っていました すると段々と予報が良くなり 奇跡的に予約を入れた日が 凪の予報に…。 前回、前々回のリベンジを 果たすために今年3回目の ボートサワラに挑んできました!! ↓お問い合わせはこちらから 第三大栄丸jrのホームページ 目次1 前回と違って…。2 止 ...

続きを読む

青物釣行記事

2020/5/1

久しぶりの再会!-新潟県上越市-青物

20/4/1 新潟県上越市 青物 アジングを終え この日は昼前までは 釣りが出来そうな予報だったので 上越方面に向かい青物を探してきました♪ 目次1 どこもかしこも微妙な感じ…。2 求めていたサゴシをやっと…。3 青物使用タックル どこもかしこも微妙な感じ…。 とりあえずナブラでも出てないかなぁ~ っと何か所か車で回って 釣り場を転々としていきました。 釣れてる様子があるようであれば 直ぐに竿を出してみるみたいな 感じでランガンをしていきますが…。 どこもかしこも釣り人は 居るんだけど、釣れてる様子が 全 ...

続きを読む

青物釣行記事

2020/4/12

鳥山!ベイト!青物は??-新潟県上越市-青物

20/3/29 新潟県上越市 青物 自分にとって釣りは 日々のストレスや疲れを癒してくれる 唯一の趣味…。 最近はイワシが接岸して ブリが上がり始めたり サゴシが沢山釣れていたりしている様子…。 アジも好調のようで 良いなぁ~!!っと思いながら 耐え凌いだ一週間でした。 天気予報は微妙…。 雨・雪の予報で、風・波もある感じだけど 釣りは出来る…。 身体に疲れも溜まっていましたが 身体に鞭打って行ってきました。 目次1 微妙な天気で悩みに悩む…。2 青物は…?3 青物使用タックル 微妙な天気で悩みに悩む…。 ...

続きを読む

青物釣行記事

2020/5/1

新潟東港ボートサワラ(サゴシ)魚は居るのに…。-新潟東港‐青物

20/3/19 新潟県聖篭町新潟東港 前回のボートサワラ…ちょっと 悔しかったのでリベンジマッチに 行ってきました! この日は天気も良くて 絶好の釣り日和♪ 久しぶりに快晴で風も弱い 釣りをするには絶好の環境…。 今日は釣れるでしょ…。 目次1 釣り具屋に寄って…。2 前回と打って変わって…。 釣り具屋に寄って…。 日々のストレスから解放されて 良い天気に良い釣りがしたい…。 天気予報を見て、これは気持ちよく 釣りが出来そう…。 サゴシを持って帰って 刺身にしたり…焼いたり…。 色々と想像を膨らませながら ...

続きを読む

青物釣行記事

2020/5/1

オフショア初心者がボートサワラ(サゴシ)に挑戦!-新潟東港-青物

20/3/13 新潟県聖篭町新潟東港 週末の天気が微妙すぎて 諦めモードだったんだけど せっかく平日に休んで3連休に なるのに、釣りにかないなんて…。 ふとボートサゴシなら出来るのでは…? 直ぐに”第18とき丸”さんに連絡。 まだ空きがある様子なので 基本的な事を聞いてから ボートサワラにチャレンジ する事にしました♪ 何の準備もしていないけど…(笑) 目次1 ボートサワラ(サゴシ)のタックルとルアー2 周りは釣れるけど…。3 腕も心も削られたけど…。4 初めてのボートサワラは…。 ボートサワラ(サゴシ) ...

続きを読む


使用タックル

近海(ベイエリア)で100g前後のジグを使用して、シーバスや小型青物(サバ・サゴシ・ハマチ)狙いに最適なモデルです。スピニングの特徴を生かしたハイピッチなアクションにオススメです。
耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生! ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。
超強力・高耐久 フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン」を採用したハイブリッドショックリーダー。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。必要な長さで糸がピタッと止まるジャストストッパー(PATENT)を採用したホルダーで、塩や紫外線をカット。



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ


-青物釣行記事
-,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.