ヤリイカ釣行記事

東伊豆遠征⓶ 2/24 静岡県東伊豆 ヤリイカ

2018-03-02

東京での用事を済ませて、
再び東伊豆へ…の前に
釣具屋によって、ヤリイカ用の
道具を揃える事にしました。

餌を使ってやれば釣れるんでしょうが
餌使うの面倒なんですよね(笑)
欲しかったのは、メタルスッテでしたが
投げられる重さのものがなく
断念…船用のスッテは
沢山並んでいるんですけどね…。

これ投げれればなぁ~…(゚д゚)!
あれ使えば投げれるじゃん!!
釣れるかどうかわからないけど
イメージ的には似てるから…。
適当にスッテを購入して
東伊豆へ移動しました。

スポンサーリンク

本当はメバル釣りたいんだけど、
体力的にゴロタはキツイので
ヤリイカ狙い一本に絞りました。

昨日行った堤防に到着しますが…。
車が多く嫌な予感。
その予感は的中し、堤防は人だらけ(笑)
昨日はこんなに混んでなかったのになぁ~
休日はやっぱり混むんだなぁ~っと
実感しました…。

正直、ここ以外当てがなかったので
グーグルマップで良さげな
場所を探していきます。
堤防はあるけど、入れるのか?
駐車スペースは有るのか…??
やはり初めての場所だと苦労しますね。
昼間ならまだしも、夜なので尚更です。

とりあえず目星をつけた釣り場に
向かうと、駐車場はある。
堤防にも入れる。
釣り場もある。
時間がもったいないので、
直ぐに釣りを開始しました。

この釣り場は外洋に面している堤防で
横にはゴロタ浜と小さな磯場が隣接
していました。
堤防にはテトラも積んであり
テトラの上からも釣りが出来る場所でした。
今回は、堤防の先端付近が空いていたので
そこで竿を出しました。

スポンサーリンク

釣具屋で思いついた事を
実行に移します。
仕掛けは単純です。
キャロの仕掛けにジグヘッドではなく、
スッテをつけただけです(笑)
キャロスッテですね♪
とりあえず、餌木よりも早く
ボトムに送り込めるし、
アジング・メバリングのキャロタックルで
イカを狙う事が出来ます(笑)

とりあえず水深とボトムがどんな感じか
探っていきました。
Mキャロの11gでカウント30位で着底します。
まあまあ水深があるようですが、
場所によっては20カウント位で着底する
所もあり、底にストラクチャーがあるようでした。
フルキャストすると20カウントで着底。
少し巻くと深くなり、もっと沈んで行きます。
山と谷のような感じになっているのかな?

最初は深い方を攻めていきましたが
反応が無かったので、浅い根のある方を
探っていきます。
軽くちょんちょんっとキャロを動かして
テンションフォールさせて着底。
次にまた動かそうとした時でした。
ロッドに重みが…これは根掛りじゃない…。
軽くアワセを入れると、生命感が♪
キターーーーーー!!
キャロでも釣れるんだぁ~っと
テンションが上がりました(笑)
まあ、スッテ使ってるんだから
釣れますよねぇ~。
慎重に寄せてきますが、
中々の重量感…昨日のよりもデカい…。
姿を確認し、落ちないでくれぇ~!!
っと心の中で叫びながら、
抜き上げ…成功!!

まさかキャロスッテで本当に
釣れるとは(笑)
嬉しい一杯です♪
サイズも昨日に比べると本当にデカいし♪
たまたま釣れただけかもしれないので
追加を狙っていきます。

連発とはいかず、沈黙が続きました。
周りの餌釣りの方も釣れていな様子…。
一杯目が釣れた辺りを再び探っていると…。
またしてもフォール後に重みが♪
二杯目キター!!
こいつもまあまあ重みがある…。
慎重に寄せて、抜き上げも成功…が
堤防において安心したのも束の間、
ジェット噴射をかまされて、
堤防からイカが落ちてしまった…。
足場が細いので、
注意しなきゃいけなかった…不覚!!

気を取り直して、追加を狙います。
どうやら沖の根にイカが付いているのか?
回遊してくるのか?
そこしかアタリません。
少し時間が経ってから、
今度は、フォールではなく、
ロッドでサビくようにして、
ボトムギリギリをトレースすると
明確なアタリが♪
アワセを入れてフッキング成功!!
前の二匹よりも抵抗が激しく、
久々にギュイーンギュイーンを味わう事が
出来ました(笑)
こちらも慎重に寄せて、
最後の抜き上げ…途中で落ちました…。
抜き上げ失敗です…無念…。
また追加を狙えば良いと思い投げますが
その後はアタリ無し
貴重なイカを二杯も落とすなんて…。
結局、前日と同じ一杯で終了となりました。

東伊豆遠征。
非常に残念な結果に終わりました。
でも、楽しかったですよ(笑)
次回はちゃんと明るい時間から色々
見て回りたいと思います。
春から梅雨にかけての尺メバルシーズン
ぜひ行きたいですね!!
遠征費もそこまで高くないので、
日を見計らってチャレンジしたいと思います♪

スポンサーリンク


エギングタックル

created by Rinker
エバーグリーン(EVERGREEN)
ラインスラックを利用し、エギを瞬時に左右にダートさせる「スラックジャーク」対応モデル。しなり戻りの速いブランクス設計により、そのアクションに磨きをかけました。

Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
NEWマグナムライトローター搭載。別次元の巻き出しの軽さ!新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さを可能にしました。ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
ティクト(TICT)
最大の特徴バックスライドフォールでレンジキープがカンタン! 圧倒的飛距離ではるか沖を攻略! ! Mキャロ 最大の特徴は、着水後斜め沖に向かって沈むバックスライドフォール。この特徴により、「アクションを加えた後のリグは常に沖へ向かって引っ張られるように沈み、ルアー側、釣り人側の両方から引っ張られる状態となります。これにより何通りのスピードで引いてもレンジキープがしやすくなっています。

Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
ヤマシタ(YAMASHITA)
蛍光スッテを彷彿とさせるカラーリングで、水中でのアピール効果大。赤帽、赤ラインなど白色系のスッテが調子が悪い時にオススメなカラーです。

Amazonで口コミをチェック


スポンサーリンク

よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-ヤリイカ釣行記事
-, ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.