メバリング釣行記事

メバルはお留守?4/21 新潟県柏崎 メバル

2018-04-25

気温がグングン上昇して
夏のような陽気にゲンナリな週末。
尺メバルをゲットするべく
暑さが和らぐ夕マズメから出撃してきました!

ポイントに入る前に柏崎港を車で横切ると
港の中で大量のイワシがライズしてました!
サビキは持ってきていなかったので
釣りませんでしたが、釣ってた方たちは
鈴なりでしたね…羨ましい(笑)

前から気になっていた初場所へ
入ってみました。
入れるかどうか行ってみないと
分からなかったのですが、
問題なく入る事が出来ました♪
ジグヘッドで色々と探っていきます。
手前に根があり、沖にも海藻が
生えている様で、期待が持てました♪
手前の根の際辺りを通していると
コンっと小さなアタリが…

本命でボウズ逃れですが、
求めているサイズにはほど遠い(笑)
でも、カワイイ♪

日が沈み暗くなってきた頃に
空を見上げると月が出てる…。
すげージャマだなと思いつつ
夕マズメで釣らないとヤバいかも…。
若干焦りが出てきた頃に
手元にゴン!っと伝わってくる
良いアタリが♪
重みも有り、引きも中々強い!
上がってきたのは…

良いサイズのカサゴでした(笑)
メバルだと思ったんだけどなぁ~…。
完全に暗くなり、アタリも無くなったので
場所移動する事にしました。

アピア(Apia)
バチ~マイクロベイトに対応可能な60mm サイズ! ! 表層付近では小気味よく泳がせて下からのバイトを誘発。 カウントでレンジを刻む際も、小さいながらローリングフォールアクションを 起こし、捕食レンジに差し掛かるまでに十分な誘いが可能。 ベイトが希薄な厳冬期やバチパターンでも強さを発揮するほか、春~初夏に かけてのメバル最盛期にはシャロー域での魚型ベイトパターンに対しても ベストマッチ。ターゲットはメバルを中心とした根魚のほか、ライトタックル で遊べる港湾部のシーバスもオススメ。
Amazonで口コミをチェック

スポンサーリンク

月明りが水面を照らしていて
非常に厳しい状況。
べた凪で水色はドクリア…。
これは前回と同じく厳しいかも…。
とりあえず根回りを探っていきます。
すると…モワッとした感覚が…?
切れ藻が引っ掛かったのかと
思いましたが、微かな生命感が?
上がってきたのは…

またもやヒイカ(笑)
前回と同じです…。
あぁ…やっぱり今日はダメかも…。

ジップベイツ(Zipbaits)
ロックフィッシュ騒然! ゼロ波動スイム&微振動。メバルを筆頭にカサゴ、ソイ、アジ、メッキ、セイゴ、カマス等のウルトラライトゲームを楽しむためのルアー。背を曲げつつ水平状態をキープし、ほぼゼロ波動で泳ぐ姿はまさにエビ。潮流やリトリーブスピードの僅かな変化をテールフィンが捉えると、一瞬身震いしてバイトのタイミングを作り出します。ソリッド樹脂の質感を活かし、本物のエビやオキアミに似せたトランスルーセントカラーです。※フック:がまかつトレブル17 #16採用。小さなバイトも逃しません。

Amazonで口コミをチェック

本命のメバルを釣るべく
根回りをタイトに攻めていきますが…
釣れるのは

メバルはお留守なんでしょうかね?
ダメそうなので場所移動しました。

ドリームアップ
全国各地で、実績が上がつているマッカム。日本製のハンドポワードで超ソフトな素材。リバーシブルで上下のフックセッティングできるので超長持ちしてお買い徳感満載!!
Amazonで口コミをチェック

次のポイントも前から目をつけていた場所♪
こちらも無事に入れましたが…
ちょっと険しいし怖い…。
そして、釣れるのは

月が消えますが、メバルは姿を現しません。
朝マズメに備えて休憩する事にしました。
続く…。

スポンサーリンク

メバリング使用タックル

シマノ(SHIMANO)
NEWマグナムライトローター搭載。別次元の巻き出しの軽さ!新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さを可能にしました。ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。
Amazonで口コミをチェック
アピア(Apia)
バチ~マイクロベイトに対応可能な60mm サイズ! ! 表層付近では小気味よく泳がせて下からのバイトを誘発。 カウントでレンジを刻む際も、小さいながらローリングフォールアクションを 起こし、捕食レンジに差し掛かるまでに十分な誘いが可能。 ベイトが希薄な厳冬期やバチパターンでも強さを発揮するほか、春~初夏に かけてのメバル最盛期にはシャロー域での魚型ベイトパターンに対しても ベストマッチ。ターゲットはメバルを中心とした根魚のほか、ライトタックル で遊べる港湾部のシーバスもオススメ。
Amazonで口コミをチェック
ジップベイツ(Zipbaits)
ロックフィッシュ騒然! ゼロ波動スイム&微振動。メバルを筆頭にカサゴ、ソイ、アジ、メッキ、セイゴ、カマス等のウルトラライトゲームを楽しむためのルアー。背を曲げつつ水平状態をキープし、ほぼゼロ波動で泳ぐ姿はまさにエビ。潮流やリトリーブスピードの僅かな変化をテールフィンが捉えると、一瞬身震いしてバイトのタイミングを作り出します。ソリッド樹脂の質感を活かし、本物のエビやオキアミに似せたトランスルーセントカラーです。※フック:がまかつトレブル17 #16採用。小さなバイトも逃しません。

Amazonで口コミをチェック
ドリームアップ
全国各地で、実績が上がつているマッカム。日本製のハンドポワードで超ソフトな素材。リバーシブルで上下のフックセッティングできるので超長持ちしてお買い徳感満載!!
Amazonで口コミをチェック


スポンサーリンク


よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-メバリング釣行記事
-, , , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2021 All Rights Reserved.