アジング釣行記事

パターン掴めず…。4/30 新潟県柏崎 アジング

2018-05-07

連日の釣行です(笑)
それもこれもGWの天気が悪い予報が
出ていたため、行けるうちに
行っておかないとって事で行ってきました♪

ポイントに到着。
とりあえず投げてみると…
釣れる(笑)
ただサイズが小さい…。
20cm位だったので、リリース。
この日は人にあげる予定もないので、
25cm以下は全部リリースする事しました。
しかし、釣れてくるのは小さいのばかり…。
釣れないよりましか…っと思ったところで
アタリも消える(笑)
釣れない時間が続きましたが、
忘れた頃にまたるれ始めます…。
レンジもバラバラだし、釣れるときは
連続で来ますが、突然釣れなくなる(笑)
群れが小さいのかな??

それでも何とかマシなサイズが
掛かり始めますが…バケツに入れる所で
逃走…3匹…。
後から思うと本当にもったいないです…。
結果こんな感じの釣果になりました。

スポンサーリンク

少ない…小さい(笑)
前日の釣果と比べるとかなりの
貧果です(笑)
そろそろ終了かなぁ~っと
思っていた所、「ユウスケさんですか?」っと
名前を呼ばれました。
話を聞くとTwitterのフォロアーさんでした♪
少しお話をして、フォロアーさん釣りを始めると
連続でアジ掛けてました…離れた所から見てても
デカいと分かるサイズ♪
35.8cmあったそうです(笑)
自分もまあまあのアジを掛けますが…
またもや逃走されます…。
本当に今日は良く逃げられます。
キャッチネットを持ってきてる意味が
無いですね…。

その後はアタリも消えたので納竿としました。
帰り際にフォロアーさんと少しお話して
お別れしました。

家に帰ってから測ってみると
かろうじて尺アジが一匹いました…。
逃走した魚の方がデカかったな…。

次は逃げられないように、
注意しながら頑張ります(笑)

スポンサーリンク

使用タックル
モーリス(MORRIS)
モーリスグラファイトワークスが人気の高い-SW-Finesse(SWフィネス)のジャンルを変革します。国内外で高い評価を獲得してきたエリアトーナメントロッドその製造ノウハウを注ぎ込み、さらにはチタンフレームトルザイトリングガイドをも身に纏い、かつてない軽さ、感度性能を備えた-SW-フィネスロッドを完成させました。ソリッドティップには鮎竿のハイエンドクラスに用いる高弾性ソリッドをフルチューニング。40Tナノカーボン特有の打てば響くレスポンスを饒舌にグリップへ、そして掌へと伝達します。
Amazonで口コミをチェック
サンライン(SUNLINE)
エステルラインの最大の弱点であった「糸撚れ、使い難さ」を軽減することに成功。直進性が向上したことにより、軽量ジグ単でも糸が張りやすく潮の動きやアタリが明確に伝わります。
Amazonで口コミをチェック
DUEL(デュエル)
フロロカーボンとナイロンをブレンドした強力複合素材「カーボナイロン」を採用。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。

Amazonで口コミをチェック
ティクト(TICT)
シンプルイズベスト!「なが-い」のに目がないアジ・メバルには即バイト!を生む超微波動系極細ストレート。一切の凹凸を排除し、「つるん」としたヌードボディが艶かしい動きを演出し、まったくの抵抗無く口の中に「するり」っと入っちゃう!
Amazonで口コミをチェック
Dohitomi(土肥富)
かすかなバイトも高確率でフッキングする、超シャープな針先に仕上げました。左右の溝によって、トゥウィッチアクション後に針先のブレが起こりにくく、フッキング位置を安定させて掛ける事を可能にしました。
Amazonで口コミをチェック


スポンサーリンク


よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-アジング釣行記事
-, , , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2021 All Rights Reserved.