エギング釣行記事

2018年度アオリイカ釣り開始しました!! 8/25 新潟県柏崎 エギング

2018-08-28

七尾湾遠征の後、
まともに釣行出来ず。
釣りに行きたくてウズウズして
居ましたが、台風が量産されて
天気も悪かったので全く釣りに行けない
日々を過ごしていきましたが、
海の状態は良くないものの
最近釣果を目にしていた
アオリイカを狙ってきました♪



久々のエギングに苦戦

久しぶりのエギング。
最後にエギングしたのは
今年の2月、伊豆のヤリイカ釣りですね。
最初のポイントは、波の影響を受けない
所を選択しまた。

ポイントに到着すると、すでに先行者が…。
音的にエギングをしている様子です。
風のある予報でしたが、運良く風も弱く
追い風だったので問題なし!
離れた場所でスタートしました♪

とりあえず2.5号の餌木で始めます。
久しぶりのエギング…。
う~ん何か懐かしい感じ(笑)
色々と懐かしさを感じながら餌木を
動かしていきますが…反応無し。
まだ早いのかな?

少し場所移動して再び始めると…。
モゾっと藻に触れたような感覚…?
アタリ??
半信半疑で聞きアワセすると…
微かな生命感が…。
これはきっとアオリだろうけど
サイズが小さい気がする。

これは…ホタルイカ??って位の
サイズのアオリイカでした。
2018年最初のアオリイカですが…。
今までの最小サイズです。
餌木と同じサイズ。
小さいですが、有難く頂きます!

ヒット餌木はヤマシタのエギ王 Q LIVE
2.5号オレンジ/虹テープ
でした。
とりあえずボウズは免れました♪

created by Rinker
ヤマシタ(YAMASHITA)
アオリイカが最も見やすい発光色の波長を徹底的に調べ開発された「490グロー」カラーを採用したエギ王Q LIVEのNEWアイテムです。エギのカラーと下地テープでローテーションを組みたてるアングラーにワンポイントのアピール要素を提供する「スポット発光」、夜間や潮が濁った状況で最も際立つ発光パターン「全体発光」、光量が残るマヅメや曇天時に繊細な光の反射と浮き出す490グローの発光でアピールする「デザイン発光」。この3タイプの発光パターン「光のローテーション」が加わり、エギングの可能性は更に広がります。
Amazonで口コミをチェック
スポンサーリンク

好転はしないものの

1杯釣れたので安心はしましたが
サイズが…。
もう少し大きいのが居ると
思うんだけどなぁ~?
運悪くヒット餌木をロストして
しまったので、エメラルダスラトル
2.5号 マーブル-マーブルイシガキ

チェンジして探ってみると…。
手前まで来た所で変な抵抗が…?
そして、直ぐに弱いジェット噴射♪
さっきよりも重みがある…。
問題なく抜き上げ成功!

1杯目よりも少しサイズアップ!
せめてこれ位無いとね…。
何とか2杯目。
しかし、その後はアタリもなく
時間だけが過ぎていきます。
他の人も釣れている様子がないので
このポイントに見切りをつけて
場所移動しました。

数か所回って何とか…。

次のポイントに移動して
探ってみますが…無反応。
色々と餌木を交換したりしてみますが
それでも無反応。
う~ん…外海の様子を見てみますが
ウネリが高くて…ちょっと無理。
別のポイントに移動してみました。

外海に面した場所がダメだと
なかなかポイントが少なくて困ります。
やっぱり新たなポイント開拓が必要ですね。
ただ、荒れてしまうと中々厳しいのが
現実ですがね…。

ポイント移動してみますが、
普段は静かな場所にもウネリの影響が…。
影響の少ない場所でやってみると…
ク…クンっと魚のようなアタリが…。
しかしノリませんでした…が
おそらくまだ近くに居るハズ!
直ぐにフォローを入れて
集中してアタリを待ちます…
すると…再びアタリが!
今度はアワセを入れてフッキング成功♪
良い感じの重み!

今日一サイズでした♪
今日一と言っても13㎝位ですけどね(笑)
フォロー入れてノセる事が出来ると
してやったりな感じがして嬉しかったです♪
ヒット餌木は2杯目と同じく
エメラルダスラトル2.5号の
マーブル-マーブルイシガキでした♪

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
山田ヒロヒトが長年温めてきたこだわりのカラーリングと独自のバランス論を形にした入魂のエギ。ガラスボール6個のハードラトル仕様で、広範囲のイカに強烈アピール。フォールスピードはノーマルの範疇で少しだけスロー気味に仕上げており、仮面シンカーを装着すればさらに多彩な調整が可能。フォール姿勢にもこだわり、フリーフォールでは頭下がりで急落下。キャスト後に手前に寄って来ないため、着底距離をより遠くに保つことができる。
カラーバリエーションをチェック

その後はアタリもなく、風とウネリが強く
なってきたので納竿としました。
とりあえずボウズではなく
アオリイカを釣る事が出来て
一安心しました♪
天候が良くなったらもっと
沢山仕留めていきたいと思います♪

スポンサーリンク

エギング使用タックル

created by Rinker
エバーグリーン(EVERGREEN)
ラインスラックを利用し、エギを瞬時に左右にダートさせる「スラックジャーク」対応モデル。しなり戻りの速いブランクス設計により、そのアクションに磨きをかけました。

Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
進化は止まらない!シマノエギング最高峰モデル。エギングシーンの最先端を走り続ける「NEWセフィア CI4+」が新登場!「NEWマグナムライトローター」を採用し新次元の巻上げの軽さを達成。さらにシマノ独自素材「CI4+」をボディ&ローターだけでなくハンドルにも採用。同一サイズでの比較では約5gの軽量化に成功。基幹のギア&ドラグシステムはそのままに「コアプロテクト」により耐久性も向上。ライト&タフを実現している。軽量・コンパクトな低慣性ローターが生み出す「巻出しの軽さ・優れたリーリング感度」を特徴とするシリーズ。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
よつあみ(YGK)
世界最高糸質アップグレード。受け継がれた血統、木魂するスピリット ONE AND ONLY BEST、UPGRADE !高密度ピッチ製法×WX8工法×GP加工×HST加工が可能とした圧巻のパフォーマンス。一般的にPEラインは、高密度にピッチを細かく組み上げると耐磨耗性が上がり直線強力が落ちる。逆に低密度でピッチを粗く組み上げると、糸が直線的になり直線強力が上がり耐磨耗が下がる。X-BRAID UPGRADは、その相反する性能の両方を世界最高レベルで実現し、(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたオールカテゴリーハイクオリティーハイパワーPEラインです。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
モーリス(MORRIS)
VARIVAS アハニエギングプレミアムショツクリーダー。ワンランク上の強度を実現したエキスパート待望の進化形エギングリーダー-。強度(直線・結節)を極限まで追求したアハニエギングプレミアムリーダー。VSP製法により獲得した圧倒的なその強度は、モンスタークラスのイカとのやり取りでアドバンテージになるでしょう。また、低伸度、硬質のフロロカーボン素材と特殊コーティング技術により、超高感度と優れた耐摩耗性を兼備。エギから伝わる情報を確実にアングラ一に伝えるとともに、根ズレに対する抜群の強さを発揮します。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
ヤマシタ(YAMASHITA)
アオリイカが最も見やすい発光色の波長を徹底的に調べ開発された「490グロー」カラーを採用したエギ王Q LIVEのNEWアイテムです。エギのカラーと下地テープでローテーションを組みたてるアングラーにワンポイントのアピール要素を提供する「スポット発光」、夜間や潮が濁った状況で最も際立つ発光パターン「全体発光」、光量が残るマヅメや曇天時に繊細な光の反射と浮き出す490グローの発光でアピールする「デザイン発光」。この3タイプの発光パターン「光のローテーション」が加わり、エギングの可能性は更に広がります。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
山田ヒロヒトが長年温めてきたこだわりのカラーリングと独自のバランス論を形にした入魂のエギ。ガラスボール6個のハードラトル仕様で、広範囲のイカに強烈アピール。フォールスピードはノーマルの範疇で少しだけスロー気味に仕上げており、仮面シンカーを装着すればさらに多彩な調整が可能。フォール姿勢にもこだわり、フリーフォールでは頭下がりで急落下。キャスト後に手前に寄って来ないため、着底距離をより遠くに保つことができる。
カラーバリエーションをチェック
created by Rinker
ヤマシタ(YAMASHITA)
実績十分な万人受けするカラー。デイゲームでよく目立つ!! エギングシーンに応じて使い分けが可能な「カラーバリエーション」使い勝手抜群の機能はそのまま!!
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
サーモス(THERMOS)
お弁当の持ち運びに便利。毎日元気に働くお父さんにピッタリなブラック。あっという間にコンパクト。折り畳みしやすいカラーバンド付き高い保冷力の秘密は5層の断熱構造。複数の材質を組み合わせたアイソテック2の断熱構造が冷たさをキープ着脱&収納できるショルダーストラップと、天面ハンドル・底びょう付き
Amazonで口コミをチェック


スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-エギング釣行記事
-, ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.