青物釣行記事

ライトジギングを満喫!-新潟県柏崎-青物

20/8/10
新潟県柏崎

この日はブログを通して知り合った
ミミさんにオフショアのジギングに
お誘い頂いたので、ワクワクしながら
釣りに出かけました♪




手持ちが少ないので割り切って…

最近はカヤックを出して
オフショアの釣りが多いですが
基本的にはショアメインの釣り人なので
オフショアのタックルが無いんですよね…。
ロッドはメジャークラフトのソルパラの
ライトジギングモデルしか持っていないし
リールもツインパワーXD4000番が一番
大きな番手なんですよね。

今回の釣りは水深50m位が最大なので
手持ちのタックルでも問題なさそうですが
水深100mとかになるとさすがに厳しそう…。
とりあえず手持ちのタックルに
太めのリーダーを結んで挑みました。

ルアーも手持ちのほとんどが
40g以下のものが多く
100g以上のジグは持っていません…。
以前ジギングするのに購入しておいた
60~80gのジグとカヤックで使っている
TGベイトとインチクなどを
持ち込む事にしました。

ちょっと不安だったので
釣りに行く前にパンチショップで
ジグを追加しましたが、
今回はこれが正解でした(笑)

準備を済ませて
集合場所に期待と不安を抱きながら
向かいました。

スポンサーリンク

手探りで何とか…。

集合場所に到着して
直ぐにミミさんと合流。
初めてお会いしましたが
優しそうな方で一安心(笑)
今回は自分を含めて
3人での釣行です。

色々と準備を済ませて
出船しました。
陸に上がっているボートを
出すところってあまり見た事
なかったので新鮮でした♪

ポイントに到着するまで
釣りの話を伺いながら
雰囲気の漂う海原を進んでいきます♪
カヤックとは違い
あっという間に水深30m付近の
ポイントに到着。
早速竿を出してみました♪
カヤックで使っている
TGベイトから始めてみましたが
カスリもせず…。

魚探にはベイトの反応が有るとの
事だったので期待しましたが
このポイントでは魚からの反応は無く
直ぐにポイントを移動しました。

次のポイントは水深50m
この位の水深だとさすがに
軽いジグは使えないので
パンチショップで購入してきた
ジグを投入してみました。

ボトムから~15m位まで
ベイトの反応が
出ているとの事なので
ボトムを取ってからワンピッチの
早めのジャークで30m位まで
一気にジグを上げて探っていくと
直ぐに魚がヒットしてくれました♪

上がってきたのはイナワラ!
久しぶりに青物釣った感じです♪
やはり青物の引きは面白いですね!!
水面付近になってからの
最後の抵抗はスリリングでした♪

ヒットルアーはブリードの
ボッコーネ90gでした♪

後方重心のジグで
この日はこのジグにアタリが
集中しました♪

スポンサーリンク

青物の引きを堪能

最初の一匹目と
同じパターンで数匹イナワラを追加していき
反応が無くなってきたら
ジグを交換して様子見を
したりして、魚がジグにスレ無いように
ジグをチェンジしていきましたが
ほぼほぼボッコーネだけで
釣っている感じでした。

イメージとしては
ベイトの中から一気にジグを
上げて、魚にアピールする感じで
バイトが有ったのは
ボトムから15~25m位のところで
魚がバイトしてきました。

この日は漂流物が多く
大きな流木があり
シイラが居るかも…と
プラグを投げてみましたが
釣れたのはイナワラだけでした(笑)

ボトムで一度キジハタが
釣れたのと、フォール中に
何度かバイトが有りましたが
イナワラに関しては
ワンピッチの早巻きが効果的でしたね♪

最後のポイントでは
イナワラよりもサワラが多かった?のか
フォール中にバイトが多く
1匹サワラを掛けてランディングまで
持ち込みましたが、水面で暴れられて
ラインブレイク…。
ボッコーネも取られてしまいました…。

その後は1本イナワラを掛けて
納竿となりました。
釣果としては
イナワラ×7
キジハタ×1
と言う結果でした。

サゴシを逃がしたのはとても
悔しかったです…。

今回釣りに誘って頂いた
ミミさんには感謝感謝です!!
これだけ魚が釣れたのも
ミミさんのポイント選びと
操船のおかげです♪

カヤックでは行けない
沖での釣りでしたが
とりあえず魚が釣れてくれて
良かったです♪

釣ったイナワラは
こんな感じで頂きました!


お盆休みはまだ続きますが
生憎の空模様なので
釣りに行けるかどうか…。
チャンスが有れば釣りに行って
来ようと思います♪

スポンサーリンク

タックル

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生!ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
よつあみ(YGK)
世界最高糸質アップグレード。受け継がれた血統、木魂するスピリット ONE AND ONLY BEST、UPGRADE !高密度ピッチ製法×WX8工法×GP加工×HST加工が可能とした圧巻のパフォーマンス。一般的にPEラインは、高密度にピッチを細かく組み上げると耐磨耗性が上がり直線強力が落ちる。逆に低密度でピッチを粗く組み上げると、糸が直線的になり直線強力が上がり耐磨耗が下がる。X-BRAID UPGRADは、その相反する性能の両方を世界最高レベルで実現し、(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたオールカテゴリーハイクオリティーハイパワーPEラインです。
Amazonで口コミをチェック


応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-青物釣行記事
-, ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.