青物釣行記事

2020年釣り納め釣行-新潟県柏崎-青物

20/12/28
新潟県柏崎

前日のシーバス釣行はボウズ…。
年末年始の天気と自分の予定を
考えると、翌日しか釣りが出来なそう…。
釣り納めしなければ…っと思い
オールナイトのシーバス釣行は止め
翌日の朝マズメに青物を狙う作戦…。
家に帰るのは面倒なので
久しぶりに車中泊しました…。




魚は居る…鈎掛かりもする…でも…

エアーマットと寝袋に
貼るカイロを装着して眠りましたが
やっぱりこの時期は寒いですね(笑)
寒さで起きてしまい中途半端な睡眠でした…。
それでも何とか合計で4時間程度は
眠れたので何とかなりそう…。
暗い時間に起床して、釣りの準備を始めます。
今年最後の釣りは前回
良い思いをしたサーフでの釣り。

恐らくカタクチイワシが残っているはず…。
ベイトが居なくても、朝の一瞬の回遊で
何とか魚を掛けられれば…。
そんな思いを抱きながら釣り場に入りました。

波風共に弱く、波打ち際まで出られる感じ。
濁りが入っていたので
これがどの程度影響するかな…?
水温はやっぱりまだ暖かい感じがします。
とりあえず暗い時間はミノーを投げて
シーバスでも釣れないかなぁ~と
思いながら巻き巻きしていましたが
ノーバイト…。
ここで釣れてくれれば楽なんだけどな…。

こうなってくると早く明るくなってほしい(笑)
明るくなり始めた所で
メタルジグにチェンジし、
広く早く探っていきます。
すると…ワンピッチからの
フォールでアタリが…。
アワセを入れるとフッキング成功!
よっしゃー早々にボウズ逃れだー…。
でも、サゴシじゃない?
軽すぎる…アジかな??
そんな事を思っていると…フワっと
軽くなりフックアウト…。

早く釣って楽になりたかったのに…。
せめて魚の正体は知りたかった…。
その後、沖の方で何かのボイルが始まり
海が一気に騒がしくなりますが
全然ジグに反応してくれない…。
魚のサイズも小さそう…。
ルアーを変えてあれこれ
やってみますが全然ダメ…。

メタルジグに戻し
射程圏内で発生しているボイルの
中を通してみますが
やっぱりダメ…。
何でかなぁ~と思っていると
波打ち際のちょっと先で
”ゴン”っと良い感じのバイトが
有りますが鈎掛かりせず…。

今のはサゴシっぽかったけどな…?
ボイルがかなり手前で発生してきたので
メタルジグからブレード系の
メタルマルにチェンジして
ボイルの中を通してみると
”コン”とバイトが有り
今回はちゃんと鈎掛かりします♪
やっぱり魚が小さくて軽い…
何の魚の群れなんだろう??
魚の正体が観たかったのに
数回巻いたところで
またもやフックアウト…。

何で…??
その後海が大人しくなってしまい
もしかして、これで釣り納め…??

スポンサーリンク

何とか一本!

近場でのボイルは無くなり。
沖の方でたまにボイルが出たり
消えたりする感じになってしまいました…。
これはチャンスタイムを逃した気がする。

魚っ気が消えたら移動だな…。
とりあえず、再びジグに戻して
沖の方から探ってみると…。
フォール中に”カサ”っとしたアタリが…。
アワセを入れるがフッキングしない…。
直ぐに誘いを入れなおすと…。
今度は明確に”ガツガツ”っとした
バイトが!!
再びアワセを入れてフッキング成功!!
バレんなよぉ~!っと祈りつつ
ゴリゴリ巻いていきますが
魚が軽い…これは何だろう??
サゴシだとしてもサイズが小さい…
近くに寄ってきたところで
少し抵抗し始めますが
それでも引きはイマイチ…。
上がってきたのは…。

30㎝ちょいのサバでした!
沖でボイルしてるのはこいつらか…。
アシストフックに食ってきてる…。
ベイトのサイズがかなり小さいのかな??

とりあえずボウズ逃れ出来て良かった…。
何とか釣り納め出来る…。
本命のサゴシじゃないのが残念だけど
このサイズなら締めサバにしよう♪

ヒットルアーはJacksonの
ギャロップアシストロングキャスト42gでした♪

ジャクソン(Jackson)
飛距離重視のコンパクトジグ。
ギャロップアシストシリーズで、飛距離を特化させたモデル。表面積を減らしたコンパクトにまとまったデザインなので、飛距離が出やすく広範囲を探れるのはもちろん、シルエットの小ささはベイトサイズが小さなときには大きなアドバンテージとなります。スローからファーストまで幅広いリトリーブスピードに対応できるため、様々な魚種を狙うことができます。

カラーバリエーションをチェック

このサイズなら何匹か欲しいな…
追加を狙いますがその後は反応無し。
水面がモヤモヤしている所に
メタルジグを通してみると…。
軽く”コン”っとアタリが有り
上がってきたのはカタクチイワシ

ベイトは居るんだけどなぁ~
捕食者が居ないんだろうな…。
サバはこいつらを食ってる感じが
しないんだよな…。

波打ち際にカタクチの群れが
居るのに全然打ち上ってこないし
追われている様子もない…。
そのうち海が静かになり
場所移動を決意しますが
移動先で、雨風が強くなり
心が折れたので納竿としました。

2020年の釣り納めは
サバ一匹で終了となりました(笑)
バラシた魚もサバだったのかな??
もう少し気持ち良く終われれば
最高だったんですけどね…。

家に帰り釣ったサバを捌いていると…。

アニー登場(笑)
現場で直ぐに内臓出しても
やっぱり身に居る事が有るんですよね…。
締めサバにしようと思いましたが
止めておきました…。

アニサキスは死んでいましたが
他にも身に居るかもしれないし
年末に病院送りになるのは
避けたいですからね…。

こんな感じで2020年の釣行は
以上になります。
一年間、怪我せずに釣りを楽しめて
本当に感謝しかありません♪
年末年始は寒波の影響で
絶望的なので、正月休みが終わってから
釣り初めになると思います。
せっかくの休みなんだから釣り行きたいなぁ~

スポンサーリンク


タックル

ジャンプライズロッド人気No.1、モンスターバトルがツーリミットに継承。30t中弾性ブランクスを軸にバット部の反発&リフティング性能を強化。圧倒的な遠投能力と主導権を常に握ったパワフルファイトを可能とします。PE1.5~2号クラスを使用した外洋のモンスターハンティングに最適。座布団ヒラメ、大型ヒラスズキ&シーバスはもちろん。大型真鯛、磯からの8kgサイズ、サーフからの15kgサイズの青物にも完全対応。

Amazonで口コミをチェック
シマノ(SHIMANO)
耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生!ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。
Amazonで口コミをチェック
よつあみ(YGK)
世界最高糸質アップグレード。受け継がれた血統、木魂するスピリット ONE AND ONLY BEST、UPGRADE !高密度ピッチ製法×WX8工法×GP加工×HST加工が可能とした圧巻のパフォーマンス。一般的にPEラインは、高密度にピッチを細かく組み上げると耐磨耗性が上がり直線強力が落ちる。逆に低密度でピッチを粗く組み上げると、糸が直線的になり直線強力が上がり耐磨耗が下がる。X-BRAID UPGRADは、その相反する性能の両方を世界最高レベルで実現し、(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたオールカテゴリーハイクオリティーハイパワーPEラインです。
Amazonで口コミをチェック
DUEL(デュエル)
フロロカーボンとナイロンをブレンドした強力複合素材「カーボナイロン」を採用。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。
Amazonで口コミをチェック
ジャクソン(Jackson)
飛距離重視のコンパクトジグ。
ギャロップアシストシリーズで、飛距離を特化させたモデル。表面積を減らしたコンパクトにまとまったデザインなので、飛距離が出やすく広範囲を探れるのはもちろん、シルエットの小ささはベイトサイズが小さなときには大きなアドバンテージとなります。スローからファーストまで幅広いリトリーブスピードに対応できるため、様々な魚種を狙うことができます。

カラーバリエーションをチェック


スポンサーリンク



よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-青物釣行記事
-, ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2021 All Rights Reserved.