青物釣行記事

鳥山!ベイト!青物は??-新潟県上越市-青物

2020-03-30

20/3/29
新潟県上越市 青物

自分にとって釣りは
日々のストレスや疲れを癒してくれる
唯一の趣味…。
最近はイワシが接岸して
ブリが上がり始めたり
サゴシが沢山釣れていたりしている様子…。

アジも好調のようで
良いなぁ~!!っと思いながら
耐え凌いだ一週間でした。

天気予報は微妙…。
雨・雪の予報で、風・波もある感じだけど
釣りは出来る…。
身体に疲れも溜まっていましたが
身体に鞭打って行ってきました。



微妙な天気で悩みに悩む…。

今回のターゲットは青物…。
イワシが接岸しているらしいので
期待できそうだけど
回遊魚は運の要素も多い…。

サゴシを確実に釣りに行くなら
新潟東港へ行った方が良いのだけど
天気予報が微妙すぎる…。
東港のハッピーが閉鎖の場合は
朝のチャンスタイムを棒に振る事になるし…。

出発ギリギリまで悩み
出した結論は上越方面で
青物狙い…。
ベイト次第で大きく釣果が左右
されてしまうけど、確実に釣りの
出来る方を選択しました。

いざ上越へ!!
玄関を開けて外を見たら…雪が積もってる…。
10㎝は軽く積もってる…。
雪降るかもとは思っていたけど
こんなに積もるなんて…。
この時点でかなり気持ちが萎えちゃった(笑)

予定していたよりも30分以上遅れて
釣り場に到着…。
既にライト無しで大丈夫な明るさ…。

海の様子は波は低いけど、
少しウネリが有り
水の色は濁っている…。
そしてみぞれが降ったり止んだり
雨に変わったりと、なかなか辛い状況。

釣り場には誰もおらず
貸し切り状態。
ナブラも鳥山もなくて
釣れる感じがしない(笑)
青物が釣れていれば、
情報が回っているので
天気悪くても人はいるハズなんだけどな…。

釣れる気がしない…。
外気温2℃…。
本当に釣りするの?っと
自分に問いかけて、悩みましたが
やってみなきゃ判んないから…。
雨の降る中孤独に竿を振ってきました…。

スポンサーリンク

青物は…?

釣り始めて少しすると
沖の方で鳥が2匹位が旋回してる…?
ベイトが居るのかな??
辛い状況の時は、気持ちがプラスになる
要素を探さないと…。
ルアーを投げつつ、海面をみながら
変化がないか確認しながら
ルアーを投げ続けました。

少しするとアングラーの方が
一名入ってきて軽く会話すると
昨日青物の釣果が有ったらしい…。
少し希望が出てきたと思っていると
遠くの方で鳥山が発生!!

こっちに来ればチャンスかも…っと
思っていると何処からともなく
鳥が集まってきて
射程県外だけど、広い範囲に
鳥が旋回したり、海に突っ込んで
魚を取っている…。
これは…もしかしてもしかするかも♪

ドキドキしながらルアーを投げていると
ゴツゴツっとアタリ?
いや何かに当たっている??
ルアーを確認してみると…

鱗が付いてる!?
射程圏内にもベイトが居る!
これは期待大!
投げるたびにゴツゴツとベイトに
当たるようになり、
メタルジグからミノーに変えると
ベイトが掛かってきました…。

うまく撮れていませんが
イワシではなくボラの子供でした…。
サイズは15㎝位…。
ベイトにしてはデカいな…?
こんなの食う青物なら
サイズが期待できそう♪

しかし投げても投げても
ベイトに当たるだけで
何も食ってこない…。
他のアングラーさんも
釣れてる様子もない…。
鳥も魚を取っている…。
ベイトも居る…。
でも、ナブラは起きない…。
ボイルもない…。
何かがおかしい…。

ルアーを色々変えたり
誘い方を変えたりしましたが
全くの無反応。
もしかして青物が付いていない…?
それともベイトが多すぎて
ルアーに反応しない??

次第に鳥が離れていき
静かな釣り場になり終了…。
何故釣れなかったのか…。

その後、ポイントを何か所か
移動していきますが
どこもかしこも魚っ気が無く
釣れている様子も有りませんでした…。
疲れも溜まっていたので
無理せずに終了。
青物釣りたかったなぁ~…。

スポンサーリンク

青物使用タックル

過熱するサーフゲームで求められる性能を突き詰めた『NESSA』。シリーズコンセプトは軽量・高感度と小型ミノーから40g程度のジグまで使える高次元な対応力。サーフに発生する流れの変化やルアーアクションをアングラーへ明確に伝達。不意に時合が訪れるサーフゲームにおいて高い集中力を長時間保ち続けることで、ヒットチャンスへと結びつけます。サーフに燃えるアングラーへ応えるロッド。それが『NESSA』です。
耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生! ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。
超強力・高耐久 フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン」を採用したハイブリッドショックリーダー。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。必要な長さで糸がピタッと止まるジャストストッパー(PATENT)を採用したホルダーで、塩や紫外線をカット。


スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-青物釣行記事
-,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.