青物釣行記事

人生でサゴシを一番釣った日-新潟東港-青物

2020-04-12

20/4/4
新潟県聖篭町新潟東港

前回のボートサワラでは屈辱の
ボウズと言う結果に
今年の中で必ずもう一度
挑みたいと心の中に決めていました。

天気予報は完全にアウトでしたが
とりあえず第三大栄丸jrさんに
予約を入れておき、
天気予報が外れる事を祈っていました
すると段々と予報が良くなり
奇跡的に予約を入れた日が
凪の予報に…。
前回、前々回のリベンジを
果たすために今年3回目の
ボートサワラに挑んできました!!

↓お問い合わせはこちらから
第三大栄丸jrのホームページ




前回と違って…。

釣り当日。
釣り場の天気は良く
前回同様絶好の釣り日和。
今回も魚を持って帰る予定なので
氷を購入して準備万端。
正直、ちゃんと氷を準備した時は
釣れない事が多いので
悩みましたが、無いと困るので
ちゃんと購入しました。
ジンクスが当たらない事を祈るのみです(笑)

今日は出る船が多いとの事なので
いつもよりも30分早く出船しましたが
既に何隻もの船が
釣り場に集結していました。
釣り始めてる船を見ていると
サゴシがチラホラ上がっている♪
とりあえずボウズは無さそうな感じ
だったので一安心しました。

一投目…二投目…
”グっ”早速キター!!
早々とボウズ逃れ達成(笑)
そして直ぐに2匹目を追加…。
今日はもしかして良い日なのかも…。

ヒットルアーはメガバスのONETEN+1SW

ONETEN+1SWは、オリジナルのワンテンよりもプラス70cm~1mのミッドレンジ攻略のために開発されたロングビル・ジャークベイト。一般的なロングビルミノーは、リップが受ける水流抵抗が大きく、ワイドなダートアクションが困難ですが、プラスワンは特殊形状のダイビングビルをセッティング。リップで受けた水流をボディ頭部に効率よく流し、ロングビルでありながらキレ味鋭いワイドかつ左右へのダートアクションを実現。エッジの効いたフラットシェイプボディから放たれる鮮烈な明滅フラッシュが、周辺を回遊する魚を引き寄せます。また、特殊形状のダイビングビルは、キャスト時の空気抵抗を驚異的に軽減。直列に配列させたデュアルタングステンウエイトによる重心移動システムとの相乗効果により、アゲインストの風の中でも、ロングディスタンス・キャスタビリティを実現しています。

そこからと言うものの
途中で少し途切れる事も
有りましたが釣れ続けるサゴシ…。
前回のボウズはいったい何だったのか…?

あっという間に二桁釣果。
周りもコンスタントに釣れている感じ。
しかし、そんな中でも釣る数に
どうしても差が生まれるのが
この釣りの面白い所ですね。

やっているアクションは基本的に
ワンピッチのジャークなのに
釣れるペースが人によって明らかに違う…。
ルアーも同じようなミノーで
カラーも同じなのに不思議なんですよね…。
やはりそれぞれ同じような事を
やっているように見えて
色々工夫してるんだと思います。

この日は少し濁り?が有りましたが
サゴシがルアーの後ろに
付いてきているのが確認できたので
アクションを入れたり、
ルアーを止めたりなど
サゴシの反応を見ながら
釣りが出来たので面白かったです♪
動画にバイトシーンが撮れていたので
よろしければご覧ください。

スポンサーリンク

止められない止まらない

この日反応が良かったのは
ラッキークラフトの
コモンセンスミノー雷桜95MR
でした。
初めてボートサゴシをやった時も
このルアーに反応が良かったような…?
やっぱりチャート系のカラーは
強い気がします。

コモンセンスミノーシリーズ待望の新作。対桜鱒特化仕様『雷桜』誕生。野に生きる鱒を攻略する『ワイルドマスターシリーズ』始動! 長期にわたる実釣テストの末、『コモンセンスミノー95雷桜』がついに完成! 飛距離やアクション、アングラーの使用感などこだわり抜いたセッティングを施した対桜鱒用ミノーです。シャローレンジを意識したSRモデルと最も使用頻度が高いミドルレンジ攻略用のMRモデルの2タイプを使い分けることで様々なコンディションに対応します。

他のルアーと比べると
価格が半分(1000円しない)ので
もっと買っておけばよかったです…。
サゴシカッターされた時のダメージが
小さいのでガシガシ使えます(笑)
この日の釣果の8割はこのルアーで釣りました♪
おかげでボロボロです…。

この日は運良く一度もサゴシカッターの
餌食になる事は有りませんでした。
リーダーフロロ7号の先に
バイトリーダーとしてナイロン18号を
20~30cm結んでいました。
リーダーを長めに取って
バイトリーダーが痛んだら交換する事で
PEラインとの結束は一度もしませんでした。
リーダーとバイトリーダーの結び方は
電車結びやクインテットノットで問題なし。
別段食いが悪いといった印象は
有りませんでした♪

フックは途中から返しを潰して
バーブレスにしました。
ダメージの少ない個体を
リリースするのに楽なのと
やはり釣った後にフックを外すのに
時間が掛かるので
バーブレスフックを使用する方が
おすすめだと思います。
渋い日は例外ですが(笑)

釣果は昼前位まで
コンスタントに釣れていた印象です。
昼に近づくにつれて
釣れなくなっていきました。
釣れていた時のペースは
下の動画で確認できます。

リリース含めて50本位釣りました。
正直釣れすぎです。
クーラーパンパンで蓋が締まりませんでした…。

サイズはMax60㎝ちょっとで
その位のサイズは5本程度いました♪
例年のガリガリの春サゴシとは違い
まだ、脂が残っていて
釣って良し!
食べて良し!でしたね♪


当分の間サゴシには困らないので
サゴシを狙う必要は無さそう…
ライトゲームに集中します(笑)

今回もお世話になった
第十八とき丸さんには感謝感謝です♪
今年はもうサゴシは狙わないと
思いますが、夜のボートアジング便が
始まるそうなので、こちらも前回のリベンジをしたいので
またお世話になると思います!

釣ろうと思えばもっと
釣れたんでしょうが
流石に後半は疲れてきたのと
釣ってもキープ出来ないので
如何に楽して釣るか?ってのを
探ってみましたが
上手くいきませんでした…。
次回の課題ですね(笑)
何にしてもとても楽しめました!!

スポンサーリンク

ボートサワラ使用タックル

NEWマグナムライトローター搭載。別次元の巻き出しの軽さ! 新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さを可能にしました。ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。
超強力・高耐久 フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン」を採用したハイブリッドショックリーダー。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。必要な長さで糸がピタッと止まるジャストストッパー(PATENT)を採用したホルダーで、塩や紫外線をカット。
ネバリ強く、大物を獲るショックリーダー! ! 異種特殊コポリマーナイロンをブレンドした製法により低吸水で高強力、高耐磨耗特性を持つリーダー。ナイロンの弱点を克服し結束部や吸水によるダメージを軽減。1日を通して少しでも長く使用することが可能になります。荷重による伸びのバランスを突き詰めた仕様でジグ・ルアーの動きを損なわず、フッキング後のファイト、ファーストランによる過激なショックやバラシ等、様々な場面に対応します。


応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ


-青物釣行記事
-, , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.