アジング釣行記事

五目釣り!!アジング編 19/9/7 新潟県柏崎 アジング

2019-09-12

この日はアジングとエギングをメインに
朝方はワインドで色々な魚が
釣れたら良いなぁ~っと思いながらの釣行。
アジに関しては、豆アジしか
最近釣っていないので、
20㎝位のアジが釣れれば御の字と
思いながらの釣行でした。



やはり豆…しかし…。

ポイントに入ってすぐの
比較的水深の浅いエリアで
最初はスタート。
上から下まで探りますが
反応は無し。

ワームを変えたりして反応があるか
探っていくと…コンっと控えめなアタリが♪
上がって来たのはやはり豆アジ…。
やっぱりこのサイズかぁ~っと
写真を撮ろうとしたら逃げられました(笑)

その後もサイズが変わらないので
移動して、水深のある場所へ…。
しかし、こちらはアタリが無い…。
これはちょっと誤算でしたが
とりあえず時合いが来るまで
ワインドしたりしていました(笑)

そろそろアジが釣れ初めても
良いんじゃないかなぁ~っと
思っていると…コン!っとアタリが♪
上がって来たのは…

20㎝は越えてそうなアジ!!
やっぱりこのサイズくらいは
釣りたいよなぁ~(笑)
頑張れば刺身で何切れか取れるし
フライにしても良いサイズだし♪

この時間から同じくらいのサイズが
ポツポツと釣れ始めます。

ヒットルアーはスロットルの
ナノフィッシュでした♪

メバリング・アジングのスタンダードR-32nanoがカラーラインナップを新たに【Throttle】よりリバイバル。ボディとテールリブの黄金比を継承しつつ、マテリアルをよりソフトなものへと変更したモデルになります。フラット面が水を受け、他のストレート系ワームとは違う絶妙なアクションと、レンジキープも容易にします。アジングよりもどちらかと言えば、ただ巻きでのメバリングに効果的です。もちろん喰い渋った状況でのアジングでも違いの出るワームになります。

周りが少しづつ明るくなってきた頃に
アジじゃない魚が掛かります…

フォール中に食ってました(笑)
サイズが良ければ持ち帰りでしたが
微妙なサイズだったのでリリース。

サイズの良いのが居ないかなぁ~っと
探りますが、一瞬の回遊だったようで
次に釣れたのはアジでした。

この時間から時合いに突入したのか
毎投掛かり始めました♪


少しだけサイズが上がったので
魚をキープ♪

ヒットルアーはスロットルの
アジスケシャッド。
カラーはシラスグローでした♪

キープし始めた所で
アタリが無くなります…。
もしかして時合い終了??

スポンサーリンク

予定外のサイズ

アタリが無くなり。
終わったのかな??っと思いましたが
直ぐにアタリが??
でもノラナイ…。
魚が違う??
しかし、アタリが多いので
フッキングをミスっても
直ぐに食いついてきます(笑)
上がって来たのは…。

カマスでした(笑)
釣れているとは聞いていましたがね…。
サイズが20㎝ちょいだったのでリリース。
カマスなら30㎝位は欲しいな…。

そこから少しの間はカマスフィーバー(笑)
毎投カマスのアタリが有りますが
上手く掛けないとリーダーに傷が…。
サイズも変わらないので、
リリースしながら、良いサイズが
釣れないか色々と試してみました。

上の方にはカマスだらけのようだったので
沖のボトムを攻めてみると…。
コン!っと良いアタリが♪
一瞬重みがのりましたが、
フックアウト…。
重さは良い感じだったのに…。
こっちの方がサイズが良いのかな??
もう一度同じように探ってみると…。
コン!っと再びアタリが!
アワセ入れてフッキング成功♪
良い感じの重量感…。
引きも強い…。
走るなぁ~…これは青物かな??
最近ワカシが釣れてるらしいから
と思いながら魚を寄せてみると…

アジじゃん!
しかももう一匹後ろに付いてきてるし(笑)
ここからは少し慎重にやり取りして
無事にネットイン♪

ああぁ~なんか久々にこのサイズの
アジ釣ったなぁ~(笑)
尺あるかないか位だけど
良い引きだった♪

まだ釣れるかも…っと
同じように探ってみると…コン!
まだ居たぁ!!
もう一匹ゲットしたところで
アジのアタリが止まって終了となりました。

ヒットルアーは
モズのセラビートX
カラーはスターダストクリアでした♪

セラビートの八角形状をそのままに、深めの凹みが水流をしっかり捉える事で確かな操作感が得られます! 且つ整流効果を演出します。2.3inchとやや大きめサイズはアピール力で有利!マズメ時などの高活性時に威力を発揮します。素材はフックからズレにくく、差し直しやフグやカマス等の歯の鋭い魚の猛攻にも切れにくい、「スーパーデュラビリティマテリアル」を採用。

以前から気になっていたワーム。
とてもよく伸びて、フグなどに強く
それでいてハリにさしやすい♪
カマスが多かったので、
柔らかい素材のワームは無残な姿に
なってしまうので、今回使ってみました♪
ズレ難いし、強度もあるので
短い地合いの時や、フグが居る時に良さそうです。

とりあえず目標だった五目釣りは
アジ・サバ・カマス・キジハタ・アオリイカで無事に達成となりました♪

家に帰ってからアジを測ってみましたが
27㎝♪
現場で測れば…(笑)

このくらいのサイズがもう釣れるんなら
本格的に狙いたいですね♪

これからは脂ものってきて
更に美味しくなりますし♪


今回はお刺身・酢じめ・炙り酢じめで
美味しく頂きました♪
今週末も釣りに行きたいなぁ~!!

2019/11/16

初めての佐渡遠征⑥‐アジング

19/10/30 新潟県佐渡島 夜の豪雨で寝たんだか 寝てないんだか良くわからない ままスマホのアラームが鳴り 釣りの準備を始めました。 佐渡遠征最終日。 アジングメインで、 もしもの時ようにショアジギタックルも 準備してポイントに入りました。 目次1 ギリギリのやり取りで…。2 最終日の釣果は3 遠征終了4 アジング使用タックル ギリギリのやり取りで…。 夜の豪雨の影響が心配でしたが 幸い濁りも入らず、水色はクリア。 風向きも予報通りで正面から受ける 感じですが、風裏なので問題なし。 波も昨日の夕マズメ ...

続きを読む

2019/11/16

初めての佐渡遠征⑤-アジング

19/10/29 新潟県佐渡島 夕マズメまでに 数か所目星を付けておいた ポイントの下見をしながら 最終的にどこに入るか かなり悩みました。 情報もなく、どこの場所でも アジは釣れそうだけど… サイズが出るかはわからない…。 こうなったら場所の雰囲気とカンに 頼るしかないので、今までの経験から ポイントを選びました。 目次1 アジの絨毯2 やっと求めていたサイズに…。3 少しだけ明かりの下で…のつもりが…。4 アジング使用タックル アジの絨毯 ポイントに入り水深や流れなどを 確認しながらアジの回遊を待って ...

続きを読む

2019/11/16

初めての佐渡遠征③‐アジング

19/10/27 新潟県佐渡島 アジが思いの外釣れないので ポイントを探して、車を走らせましたが なかなか良さげな場所を見つけられず…。 目を付けていたポイントを見てみますが なんかパッとしない…。 そんな事している間に日が 傾いてきたので、とりあえず目星を 付けていたポイントに入りますが…。 目次1 風が強くて…。2 常夜灯の効いたドシャローで3 冷えた体を温めに…。4 アジング使用タックル 風が強くて…。 予報だと東向きの風が強くなるので 風を避けられそうなポイントに入ってみましたが 全然ダメ…。 ロ ...

続きを読む

2019/10/19

台風後の海でヒラメ!ー新潟県柏崎 アジング・エギング

2019/10/16 新潟県中越:柏崎 甚大な被害をもたらした 台風19号が過ぎてから初の釣りに 行ってきました。 台風後、海がどんな感じに なっているのか気になっていたので 今回も平日釣行です。 目次1 心配していたけど…。2 遅い回遊3 久しぶりに良いサイズが♪4 アジング使用タックル5 エギング使用タックル 心配していたけど…。 天気予報だと、波・ウネリ共に 有る予報だったので、どこのポイントに 入ろうか悩みましたが とりあえず釣り場を見て決める事にしました。 釣り場に到着して、波とウネリを確認し ...

続きを読む

2019/10/19

引きも強くて楽しい!ー 新潟県柏崎 アジング

2019/9/28 新潟県中越:柏崎 エギングを止めて、アジに集中。 時間的にはそろそろ釣れても良い頃…。 アジの回遊を待ちつつ エギンガーにアオリが掛からないか 観察しながらアジの群れを待ちました。 目次1 アジの群れは突然に…。2 入れ食いの始まり3 アジング使用タックル アジの群れは突然に…。 反応が無いまま時間だけが過ぎていき まだかなぁ~??っと 思いながらキャストを続けていると 着水後のフォール中に、ラインの出方が おかしい?? これは食ってるなぁ~って事で ラインスラッグを取ってから アワセ ...

続きを読む

アジング使用タックル

アンダー1グラムの世界を明瞭にする超ウルトラライト。軽量ジグヘッドリグに特化。先の先から曲がる極細ファーストアクションのソリッドティップが僅かなテンションの変化をとらえます。1グラム未満・・・いや、0.5グラム未満のリグでもその存在や潮流を明瞭に感じながら細やかに操作することが可能。小型魚とのやり取りも楽しめる超繊細な感覚のロッドながら、バットには十分な強さを持たせることで、いざとなれば尺オーバーのターゲットにも余裕のポテンシャルを発揮。
かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。ボディ、ローターからハンドルに至るまで、全ての箇所への軽量化を徹底追求。現行モデルを凌ぐ圧倒的な軽量化に成功。それにより、さらなる操作性向上と感度アップを実現した。しかも、これだけの軽量化を施したにも関わらず、ボディ剛性、ギア耐久性、防水性を向上させるという軽量化とは相反する進化にも成功した。さらに、それだけにとどまらず、ステラ以外のモデルでは初となるロングストローク構造を採用し、遠投性能をも向上。ヴァンキッシュ史上最も進化したモデルと言えるだろう。どんな状況下でも、釣果を追い求めるストイックでテクニカルなアングラーに是非使ってもらいたいモデルだ。
巻ぐせやバックラッシュを緩和する「しなやかさ」を追求し、ジグ単や軽量メタルジグの釣りに高いポテンシャルを発揮します。 ●結節強度(リーダーとの結節)は最大約90%を達成。トラブルの減少とともに、根掛かり時の回収率が大幅にアップします。(結び方等によって結節強度は異なります。保証値ではございません。) ●白いヘッドライトで照らした際に際立って見える新カラー「レッドアイ」を採用。ガイドへの糸通しやリグの交換がスムーズに行えます。 ●リールにぴったり巻ききれる150m巻。
Tic(チタンコート)による驚異の耐摩耗性能で、攻め抜く釣りを強力サポート! ●Tic(チタンコート)の効果で耐摩耗性能が大幅にアップ。※当社比 ●SP-T(スーパータフコーティング)の効果により吸水劣化などを抑制。フロロカーボン本来の性能を引き出します。※当社比 ●携帯に優れた薄型スプール採用。 ●糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。 ●便利な号数別スプールバンド付き。



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-アジング釣行記事
-, ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2019 All Rights Reserved.