エギング釣行記事

思いの外釣れなかった…。19/8/30 新潟県柏崎 エギング

2019-09-02

待ちに待った週末!!
エギング本格始動!
たくさん釣るぞぉ~!!
天気予報は…微妙。
雨は降らないけど、風向きが西…。
案の定、波ウネリ共に微妙な予報。
連日の雨で川はコーヒー牛乳なので
濁りも心配…。
もっと心配なのは人の数…。
マイナス要素が多いですが、
とりあえず行ってきました!!



人は多いけどイカは…。

1か所目の釣り場に到着。
釣り場には人が居らず
貸し切り状態♪
風は背負える立ち位置なので
問題なし。

早速やってみますが…。
イカパンチ?1発のみで場所移動。
連日叩かれてるから仕方ないのかな

2か所目
数人釣り場に入っている様子ですが
入りたい場所には人は居ない♪
手前から目指すポイントまで
探りながら移動していくと…。
ドシャローの足元でヒット!!
ジェット噴射が気持ち良い♪
もしかしてサイズが…っと
思っているとバレた…。
あーあー勿体ない。
この日一番の引きでした(笑)

手前から探りましたが
反応はバラしたやつのみ…。
空が明るくなるにつれて
人が続々と入ってきました。
やっぱり人多いなぁ~っと
思っていると、またもや足元で
アタリが♪
今度はバラさずに無事キャッチ♪

とりあえず1杯釣れて一安心♪
ヒットエギはダイワの
エメラルダスラトルタイプS
ボイルシュリンプでした!

山田ヒロヒトが長年温めてきたこだわりのカラーリングと独自のバランス論を形にした入魂のエギ。ガラスボール6個のハードラトル仕様で、広範囲のイカに強烈アピール。フォールスピードはノーマルの範疇で少しだけスロー気味に仕上げており、仮面シンカーを装着すればさらに多彩な調整が可能。フォール姿勢にもこだわり、フリーフォールでは頭下がりでゆったり食わせるフォール。キャスト後に手前に寄って来ないため、着底距離をより遠くに保って遠くのピンポイントをじっくり攻略できる。

その後しばらく何もなく
サイト可能な時間になりましたが
追尾も無く、周りも釣れていない…。
エギを色々変えてみますが
全然ダメ…。
試しに新しく購入した
エメラルダスフォールを
ちょい投げして、動きを見ようと
見ていたら、黒い影が近づいてきて
エギをかっさらっていきました(笑)

ヒットエギはダイワの
エメラルダスフォールの
金 ピンク&オレンジでした!

ダート系全盛の中、他との違いで釣果に差をつける沈降姿勢にとことんこだわったフォール重視エギ。独特のヘッド形状が生み出す安定したフォールが最大の武器。ダート系のエギは動きが良い反面、ヘッド部が細いためフォール姿勢は不安定。「エメラルダス フォール」はボリュームのあるヘッド形状で、強風・高波等の悪条件下でも安定したフォールで好釣果を叩き出す。

何とか2杯目…。
このペースじゃつ抜け出来ない…。
ここで粘ってもダメなので
場所移動する事にしました。

車に戻りながら
打てそうなところを打っていくと
キャスト後のフォールで1杯ゲットしました♪

これはラッキーでした(笑)
まあ、釣れてたってやつですが…。

最後にチェックした場所で
アオリイカの群れを発見!
全部で5杯は居るんじゃないかな?
でも、見えイカって釣れないんだよな…。
とりあえずチャレンジしてみますが
近づいてくるけど抱かない…。
お触りのみ…。

フォールではダメそうなので
激しく動かしてリアクションで
抱かせますが…何度かエギを
持っていきましたが
カンナに掛かってない…。

結局、掛かり損ねで墨吐かれて
終了…下手くそすぎます…。
見切りをつけて場所移動しました。

スポンサーリンク

打たれていない場所にはちゃんと居る♪

予定よりも釣果を伸ばせず。
最低でもつ抜けと思っていたけれど
ちょっと厳しいかも…。
体力的にも少し辛い(笑)
今日に限って日中に太陽が出て
汗ばむ陽気…。
どこに入ろうか迷いましたが
ウネリと波の具合から
足場の低い所でも平気そう♪

とりあえずポイントに到着。
釣りしてる人は居ない。
叩かれた後かなぁ~っと思いましたが
釣り場までの1本道に蜘蛛の巣が…。
もしや誰も入っていない♪

濁りの少ない場所からチェックすると…。
一投目から2匹の追尾を確認!
これは誰も打っていないな♪
しかし、チャンスのハズが掛け損ね…。
本当にヘタクソです。。。
その後追尾は確認できず…。

立ち位置を変えてキャストすると
3~4匹追尾してくる♪
チャンスなんだけど掛け損ね×3回
どうしても掛からない…。
サイトで掛けてるんだけど
風の波紋と泡で見え難い…。
それでも何とか

ヒットエギはヨーズリの
特注アオリーQ 大分布巻でした♪

このエギに反応が良くて
ワラワラとイカが付いてきてくれますが
カンナに掛かるまでには至らないので
エメラルダスフォールでフォローして
何とか数を伸ばしていきました。



何とか4杯追加して計7杯…。
その後は追尾が無くなったので
諦めて場所移動しました。

近場で移動しましたが
こちらはハズレでイカの姿は
確認できず…。
少し離れたポイントへ移動しますが
風が強くなり、釣り難くなったのと
体力的にきつかったので
納竿にしました。
移動先では何とか1杯捻りだしましたが
厳しかったです。

2019年2戦目は期待していたほど
釣れず…自分の下手さ加減に
ガッカリです…。
全部とれていれば楽々
つ抜けだったのに…。
練習しないとですね(笑)

釣ったイカは美味しく頂きました♪

自分は小さなイカでもリリースせずに
美味しく頂いています♪
この辺りは考え方が色々あると思いますが
イカ自体が弱い生物なので
リリースしても死んでしまう事が多く
それであれば頂こうと言う考え方です。

新潟のイカは死滅回遊なのもありますが
小さければ小さいほど柔らかくて
美味しいのは間違いありませんし♪


今回はお刺身とユッケにして
頂きました♪

身が柔らくて、甘みがあり
とっても美味しかったです♪
今年もこの味を味わう事が出来て
海の恵みに感謝です!!

今年は去年と比べると
少しサイズが小さい気がします。
食べるのであれば小さい方が
柔らかいですが、引きを楽しむので
あればもう少し成長して
ほしいですね(笑)
また行ってきます!!

2019/11/16

初めての佐渡遠征④‐エギング・アジング

2019/10/29 新潟県佐渡島 朝マズメ…暗い時間からポイントに 向かいますが、風が強い…。 予報と風向きが少し違うし…。 釣り場的に背負えないし、 真正面か真横から受けるしかない 厳しい状況。 とりあえず暗い時間はアジを狙いました。 目次1 アジは居るけど…。2 激流エギング3 デイの方が釣れる??4 アジング使用タックル5 エギング使用タックル アジは居るけど…。 ポイントに到着。 早速アジを狙いますが、 風を正面か受ける立ち位置では 潮が早すぎてアジングは無理。 川のように流れてる状況…。 自分 ...

続きを読む

2019/11/16

初めての佐渡遠征②‐エギング

19/10/27 新潟県佐渡島 仮眠を取り、朝マズメを打つために 暗い時間からエントリー。 風は追い風でしたが次第に 無風に近い状態になっていき 釣りやすい状況♪ アジングタックルとエギングタックルを 持ち込んで前日同様に狙っていきました。 目次1 渋すぎてもう…。2 予定外の魚3 使用タックル 渋すぎてもう…。 とりあえずアジが居ないか探ってみますが 無反応。 回遊が始まっていれば直ぐにアタリが 出るので、さっさと見切りをつけて エギングに切り替えましたが こちらも反応が有りません…。 ポツポツとエギン ...

続きを読む

2019/11/16

初めての佐渡遠征①-エギング・アジング

2019/10/27 新潟県佐渡島 待ちに待った佐渡遠征に 3泊4日の日程で行ってまいりました♪ 天気予報がコロコロ変わって ヤキモキしていましたが、 佐渡ならある程度荒れても逃げ場が 有るから平気なハズ!っと 前々日まで悩んだ結果、 ここで行かなきゃ今年はもう行けない 気がしたので、強行してきました(笑) 目次1 佐渡到着までの道のり2 アジは…微妙な感じ3 イカのサイズはまあまあだけど数は…。4 アジング使用タックル5 エギング使用タックル 佐渡到着までの道のり とりあえずフェリーの予約をしないと…。 ...

続きを読む

2019/10/19

平日釣行だけど…。ー新潟県柏崎 アジング・エギング

2019/9/28 新潟県中越:柏崎 週末は台風の影響で釣りが 出来なそうなので、平日の朝に 頑張って釣りに行ってきました! 最近狙ったように台風が 週末に接近してくるので 週末アングラーには辛い状況です。 次の台風19号はかなり勢力が 強くなる良そうなので注意が 必要ですね…。 目次1 リグのなじみが悪い…。2 ムラムラチェリーのおかげで…。3 アジング使用タックル4 エギング使用タックル リグのなじみが悪い…。 天気予報は予報は問題なく 前日の風の影響で少しウネリが 残るのを心配しましたが 予報通り、 ...

続きを読む

2019/10/19

ポイント的には…。-新潟県柏崎 エギング

19/9/27 新潟県中越:柏崎 アオリイカのサイズも上がってきて 釣るのも楽しいし、 食べるのも身が多くて 嬉しい限りです♪ 美味しいアオリイカを釣りたい!! また、頑張ってきました♪ 最近夕マズメからのポイントに 入っても、釣果に恵まれる事が 少なくて、夕マズメはやらなくて 良いかなぁ~っと思いましたが、 この日も懲りずに夕マズメ前から ポイントに入りました…。 目次1 夕マズメはやっぱり…。2 とりあえず1杯3 朝の回遊は…。4 マイティハンツマンの鱗付け5 使用タックル 夕マズメはやっぱり…。 釣 ...

続きを読む


使用タックル

ジグヘッドワームからメタルジグ、ミノー、シンキングペンシルなどのハードルアーまであらゆる重量級リグを使用できるパワーモデル。20gクラスのスーパーヘビーフロートジグにも対応。アクション時のルアーへのテンションON・OFFが明確で、メリハリの利いたアクションを演出できます。繊細なアタリを捉える感度と瞬時のフッキングを成立させるレスポンスを備え、掛けた瞬間から主導権を与えません。藻場・根が点在するシャローエリアなどで力勝負が可能です。ボトムの釣りにも対応します。
NEWマグナムライトローター搭載。別次元の巻き出しの軽さ! 新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さを可能にしました。ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。
●超強力・高耐久 フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン」を採用したハイブリッドショックリーダー● ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。●扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。●必要な長さで糸がピタッと止まるジャストストッパー(PATENT)を採用したホルダーで、塩や紫外線をカット。



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-エギング釣行記事
-, , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2019 All Rights Reserved.