その他

ハタハタパターンで気を付けたい事…。

爆風の中ハタハタパターンを求めてポイントを…。-シーバス

12月なのに…初雪なのに…
雪降りすぎじゃない??
ちょっと勘弁してほしいです…。
関越は止まるし…。
本当に12月からこれじゃ
1~2月は埋まるんじゃないかな…。

今回は、ハタハタパターンのシーバスを
狙う際に知っておいた方が良い事を
ちょっと書いてみたいと思います。
特に初めてハタハタパターンに
チャレンジしようとしている方には
目を通していただけるとありがたいです♪




安全第一

ハタハタパターンでシーバスを
狙う際は、基本夜釣りになります。
なので細心の注意が必要です。
正直、かなり怖いです…。
夜の荒れた海でクソ寒い中釣りをする…。
傍から見たら釣り人って本当に
バカだなぁ~って思います(笑)

絶対に無理は厳禁です。
最低でもポイントに付いたら
10分以上は波の様子を見てから
釣りを始めましょう!

冬の海に落ちたら死にます。
ただでさえ防寒対策で
着込んでいるので
海に落ちたら動けません。

磯・サーフ・テトラなど
様々なポイントが有りますが
荒れた海に落ちたり、引きずり込まれたら
助からないと思ってください。
寒い時期になって来ると
磯やテトラは海苔?で滑りやすくなります
特に夜なので、海苔に気が付かずに
つるんと滑ったら…。

こういう所には立ってはいけません
たとえスパイクを履いていても
滑りますから…。

後は、魚が掛かってからの
ランディングも注意が必要です。
魚の方に気が向いてしまっているので
突然の波に対応できなくなります。
あらかじめランディングポイントを
決めておくと良いです。

後、足場の高い所で
タモを使ったランディングする際は
波のタイミングを見ていないと
引き波でかなりの力が掛かるので
タモを折ったり、魚をバラしてしまう事が
多くなるので注意しましょう!

恐怖を感じたら直ぐに
その場所は諦めましょう!
冬の天気は変わりやすいので
最初は大丈夫でも、段々と荒れてきたら
直ぐに撤退しましょう!!
命あっての物種です。

他のアングラーとのトラブルなど…。

人気のポイントは人が多く
隣との間隔が狭くなります。
ましてや夜で風が強い時などは
お祭りする可能性が高くなるので
他の人の投げるタイミングや
ラインを流されすぎないように
コントロールしましょう!

くそ寒い中、絡んだラインを解いたり
ノットを組み直すとかは
正直地獄です…。
これだけでモチベーションが下がります。

その他、車を駐車する場所も
注意しましょう!
無理な駐車で、周囲に迷惑を
かけるような事は
絶対にやめましょう!!

釣れたからと言って大騒ぎするのも
止めておいた方が良いです。
民家の近いポイントであれば迷惑ですし
釣れていないアングラーも
居るかもしれないので
無用なトラブルを避けるためにも
騒がしくしない方が賢明です。

場所取りのトラブルなども
聞くので、その辺も注意しましょう。

スポンサーリンク

必要な分だけキープしましょう

ハタハタパターンと言うだけあって
パターンがハマると沢山釣れます。
必要な分だけキープしましょう!

この時期のシーバスは抱卵個体ばかりです。
必要以上にキープしないようにしましょう。
自分の場合は2本も有れば十分です。
食べても脂が無いですし…。

沢山釣って並べた写真を見ると
魚の処理どうするんだろうなぁ~って
いつも思ってしまうんですよね(笑)
沢山釣れて凄いなぁ~って思いますし
釣ってみたいなぁ~って思うんですが、
どうやって処理するんだろう?ってのが
一番気になります…。

簡単ではありますが以上になります。
特別な事は何も書いていませんが
寒い冬荒れた海での夜釣りなので
普段とは違った環境での釣りに
なるかもしれません。
寒さや厚着などで普段よりも
身体が動きにくくなっています。
細心の注意を払って楽しみましょう!

今年は釣れるかなぁ~…
そもそも釣りに行けるのかな??
毎釣行せめて1本は釣りたいな…
ボウズは嫌だ…


よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-その他
-

Copyright© 釣り上げ.com , 2021 All Rights Reserved.