メバリング釣行記事

期待していたポイントだったけど…。-新潟県柏崎-メバル

2020-03-05

20/2/29
新潟県柏崎

先週は念願の尺メバルを釣りましたが
まだまだ釣り足りない…。
富山に行ってホタルイカパターンを
やりに行こうかと思いましたが
結局ホームの柏崎での釣りを選択(笑)

波の予報も悪くないので
前から気になっていたポイントに
入ってみる事にしました♪
恐らくメバルが溜まっているはず…。



やっぱり甘くないメバル釣り

ポイントに到着。
ちょっと入るのが面倒な場所ですが
メバルの魚影は濃いはずなので
今回は頑張って入ってみました。
明るい時間帯にとりあえず
根の位置やルアーの動きなどを
確認しながら暗くなるのを待ちました。

海はが経つに連れて穏やかになり
湖のように静かになりました。
暗くなると風もなくなり
最高に釣りやすい状況♪

何種類かプラグを投げてみますが
反応無し…。
まだ時間が早いのかな…?
タイドグラフでは潮止まりの
時間帯だけど、ここは流れているので
問題ないと思うんだけど…。

ルアーをスネコン50sに変えて
沈み根の辺りでスローに落としてみると…。
”コン”っと気持ちの良いアタリが♪
上がってきたのは…。

ちょっと可愛いサイズのメバル♪
とりあえずメバルが居るのが
分かって良かったです(笑)
ヒットルアーは
ブルーブルーのスネコン50s
カラーはクリスタルギャラクシーでした。

SNECON(スネコン)はワンボディでありながら、頭部のラダー構造と非安定型重心の採用により、リトリーブするだけでワイドなS字軌道を描きます。この動きは特に水の動きの変化があればあるほど、また操作するアングラーから遠い位置にあるほど顕著に出ます。まるで川の流れを横切る小魚のような流れになじんだ軌道を実現する事により、フィッシュイーターの捕食中枢を激しく刺激。圧倒的な魚の反応の良さを引き出す事に成功しました。

魚は居る…。
同じ場所に同じようにスローに
落として誘ってみると…”コン”
まだ居た(笑)


25cmには届かないけどサイズアップ♪
時合い突入かな?っと思いましたが
後が続かず…なかなか厳しい
状況のでした…。

スポンサーリンク

シビアな感じ?

う~ん予定だとメバルが入れ食いに
なっているはずなんだけどな…。
根にシビアに着いているようで
根の上を通すだけでは食ってくれず
レンジも水面直下よりも
少し下のようで、根掛かりとの
戦いになりそう…。

とりあえず移動しながら
メバルが着いているであろう
根の上でスネコン50sをゆっくり
送り込むように沈めていくと…。
”コン”っと素直に食ってきてくれます♪

ルアーをユーリにチェンジして
狙いますが、小さなアタリは出るものの
フッキングまでは至らない…。
かろうじて、足元のフォールで
一本取る事が出来ました♪


最後までキッチリ足元まで
探って取った一匹です♪

ヒットルアーは
ジャングルジムのユーリ!
カラーは満月リアクションでした♪

キャストされ、水面下に放たれた瞬間から、ヒラヒラフォールでターゲットを誘う。ひとたびリトリーブを行なえば、絶妙なレンジキープをしながらの微波動スイング。とどめにライジングアクションを入れれば、アミパターンの最中でさえも捕食スイッチを入れてしまう。

再びスネコン50sに戻して
沈み根の上をゆっくり誘うと…。
ルアーの下から物凄いスピードで
食いあげてくるメバルが!?
暗いけど白い魚体がルアーを加えて
反転していくのが見えました(笑)


ハーモニカならぬ縦笛食い!?
口が閉じられないまま
上がってきました…。

魚は釣れるけど
サイズはイマイチだし
簡単じゃない感じ…。
レンジが上がるとメバル以外も
釣れる状況でしたね…。


オルガレップレス50のタダ巻きだと
ムラソイが食いついてくる…。
メバルが食ってくるのは
これよりも下のレンジだけど
ボトムには居ないようで
プラグを沈めても、ワーム使っても
反応が得られませんでした。

小さなボディの中に、タックルハウスの技術力の粋を結集。落ち込み式の重心移動を採用しており、安定した飛行姿勢で他を寄せ付けない精度と飛距離を誇ります。スローフローティング設定のボディはバイトの際に弾かれにくく、同時にスローリトリーブでも浮き上がりにくいため、スピードを上げても潜りすぎないリップレスの特徴と合わせ、様々なスピードで表層を探れます。ただ巻きでは、水面直下20cm前後を水平に近い姿勢で、自然なアピールのユラユラとしたローリング。リップ付きのミノーとは異なる泳ぎを見せます。デッドスローや潮流に乗せて漂わせる釣りに極めて有効。基本的には、投げてゆっくり巻くだけでご期待に応えます。上を意識してやる気のあるメバルやカサゴ、ソイ、セイゴ等、小さなファイターにしっかりアピールし、特にメバルプラッキングには一押しです!

身体も冷えてきて
予報だとこれから雨も降ってくる
らしいので、この日は無理せずに
納竿としました。

今回、新しくパズデザインの
プロテクトメジャー40を使ってみましたが
コンパクトで使い勝手も良くって
大満足でした♪
魚を直置きせずにサイズが測れるのと
最初から準備しておけば
直ぐに測ってリリース出来るので
とても便利でした!

人気のプロテクトメジャーにアジング、メバリング、ライトゲームに最適な40cm登場!!20cmの幅とPVCターポリン製で計測時に魚体を痛めにくいプロテクトメジャーに40cmが登場。アジング、メバリングの計測に最適です。

期待していたようなサイズも
数も出ませんでしたがメバルは
ちゃんと居るようなので
もう少し暖かくなってから
再度エントリーしようと思います♪

スポンサーリンク

メバル使用タックル

効率を加速させるライトクラス・バーサタイルチューブラー。1g前後のジグヘッドリグからスプリットショットリグ、小型プラグ、10g前後のキャロライナリグ・フロートリグまで幅広く対応。軽量リグから伝わる小さな変化を感じ取る繊細さと、中重量リグをストレスなくキャストし操作する強靭さを、超軽量な7フィートレングスの中で絶妙に調和。状況に応じて多様なリグを幅広く使いこなし、狙う魚のポジションやパターンを素早く解析、より効率的な釣りを可能にする、ライトクラス・バーサタイルチューブラーの到達点。
NEWマグナムライトローター搭載。別次元の巻き出しの軽さ! 新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さを可能にしました。ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。
Tic(チタンコート)による驚異の耐摩耗性能で、攻め抜く釣りを強力サポート! ●Tic(チタンコート)の効果で耐摩耗性能が大幅にアップ。※当社比 ●SP-T(スーパータフコーティング)の効果により吸水劣化などを抑制。フロロカーボン本来の性能を引き出します。※当社比 ●携帯に優れた薄型スプール採用。 ●糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。 ●便利な号数別スプールバンド付き。


スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-メバリング釣行記事
-, ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.