アジング釣行記事

2月なのにアジが湧いて入れ食い-新潟県柏崎-アジング

2020-03-02

20/2/22
新潟県柏崎

メバルの反応が無くなったので
タックルを持ち替えて
アジを狙ってみました。
暗い時間にスネコン50sで
1匹掛かったので、アジは居るハズ…。
何匹か釣れてくれたら
良いなーっとあまり期待せずに
やってみたら…。



幸先良く釣れたけど…。

既に周囲は明るくなってきていたので
アピール力のあるケイムラ系の
ワームで探ってみますが
反応を得られず…。

あれ?アジ居ないのかな?
ワームをソリッドカラーに変えますが
またもや反応がない…。
暗いうちに回ってきて
明るくなったタイミングで
抜けるパターンなのかな…?

ワームをソルティーバードの
アミアミレッドに交換して
上から探り直していくと…。
”コン”っとアタリが♪
上がってきたのは

20㎝ちょいのアジ!
何だいるんじゃん(笑)
それともたまたま
回り始めたタイミングだったのかな?

ヒットルアーはスロットルの
ソルティーバードでした!
カラーはアミアミレッドです

アジング・メバリングにおいてスローにじっくり攻めたい場合は、JHを軽くするのが常套手段ですが、デメリットとして飛距離の低下やリグの存在感を感じ難いなどがあります。そのようなデメリットを解消する方法として、ワームそのものに抵抗感を持たせる事で対応できるように開発されました。特徴的なハネが水を掴んで抵抗感が増すことにより、同じサイズのJHを使用しても、通常のワームよりスローにフォールさせる事が可能になり、レンジキープも容易になります。また、軽量リグの存在感も分かりやすいので、操作性も抜群です。

同じようなサイズが毎投釣れる
ようになり時合いだなぁ~っと
思っていたら、海鳥が近くで
ダイブしたところでアタリが
パタリと無くなりました…。
良い感じで釣れてたのに…。

スポンサーリンク

ボイルが始まり入れ食い

諦めモードで投げ続けていると
再びアタリが出始めたので
戻ってきた様子♪
順調に数を増やしていくと
沖の方で何かがボイルしてる…。

鳥の次は青物か…。
アタリが無くなるまで
釣ってみるか…。
魚のボイルが射程圏内に
入ってきたので試しに投げてみると…。
”コン”っとアタリが
サバかな??
それにしては引きが弱いし…。
上がってきたのは…。

アジでした。

ヒットルアーは
がまかつのトレモロAJでした♪

マイクロストレートトレモロがフレーバー付きとなって新登場 。ほど良い引き感を生み出し、ジグヘッド単体でのレンジの把握を容易にする、水受けの良い”逆向けリブ”。マテリアルを「ソフトタイプ・PVC」に変更するとともに、シビアな状況下で差がつく、シークレットブレンドフレーバーを新たに配合!ワームの下側にスリットを設けることでカンタンにまっすぐフックにセットできる『Q.S.S.構造』。『Q.S.S.構造』はバイト時にワームが折れ曲がる事で吸い込みもアシスト! 抜群のフッキング性能を発揮します。『Q.S.S.構造』はフッキング後にも効果があり、ワームボディが前方にスライドする事でフックが露出し、バラシを軽減します。

もしかしてあのボイルの正体は…アジ?
マジかぁ~っと思い再び投げると
釣れてくるのは…アジ(笑)
やっぱりアジのボイルなのか…。

アレだけ表層でボイルしてるって事は
何かベイトに付いてるって事だよね??
東港のアジはシラス食ってたから
もしかしてこっちも…って事で
ワームをエバーグリーンの
ギムレット2.5インチ
ナマシラス
にチェンジしてみると…。
釣れ続ける展開に突入(笑)

表層付近をアジが回遊していて
沈めると反応が無くなります。
広範囲でボイルが有り
かなり大きな群れがこのエリアに
入ってきているようでした。

シンプルなストレート形状のボディに鋭く尖った錐(キリ)型テール。テールの付け根に位置するクビレ。そして、適度な張りがありもっちりとしたノンソルトワーム素材。これらの特徴の相乗効果により、様々なリグ&釣り方でターゲットの捕食本能に訴えかける動き(姿勢)を生み出すライトゲームの定番ワーム、ギムレット。

時間が経つにつれて
毎投釣れる事は少なくなりましたが
日が海面を照らすまでは
だらだらと釣れてくれました♪

この日の釣果はこんな感じ♪

アジはキープは30匹位で
実際に釣れたのは、リリースやポロリを
含めると40匹位は釣っていたと思います(笑)
キャッチネットが有れば…。

家に帰りアジの胃の中を確認してみると
やはりシラスが入っていました♪

シラスに付いたアジであれば
もう少しサイズの良い奴が
居ても良いんですけどね…。
時期的に2月でこれだけ釣れたので
贅沢は言えないんですけどね(笑)

アジング・メバリング共に
とても良い思いをする事が出来た
釣行となりました♪

スポンサーリンク

アジング使用タックル

アンダー1グラムの世界を明瞭にする超ウルトラライト。軽量ジグヘッドリグに特化。先の先から曲がる極細ファーストアクションのソリッドティップが僅かなテンションの変化をとらえます。1グラム未満・・・いや、0.5グラム未満のリグでもその存在や潮流を明瞭に感じながら細やかに操作することが可能。小型魚とのやり取りも楽しめる超繊細な感覚のロッドながら、バットには十分な強さを持たせることで、いざとなれば尺オーバーのターゲットにも余裕のポテンシャルを発揮。
かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。ボディ、ローターからハンドルに至るまで、全ての箇所への軽量化を徹底追求。現行モデルを凌ぐ圧倒的な軽量化に成功。それにより、さらなる操作性向上と感度アップを実現した。しかも、これだけの軽量化を施したにも関わらず、ボディ剛性、ギア耐久性、防水性を向上させるという軽量化とは相反する進化にも成功した。さらに、それだけにとどまらず、ステラ以外のモデルでは初となるロングストローク構造を採用し、遠投性能をも向上。ヴァンキッシュ史上最も進化したモデルと言えるだろう。どんな状況下でも、釣果を追い求めるストイックでテクニカルなアングラーに是非使ってもらいたいモデルだ。
巻ぐせやバックラッシュを緩和する「しなやかさ」を追求し、ジグ単や軽量メタルジグの釣りに高いポテンシャルを発揮します。 ●結節強度(リーダーとの結節)は最大約90%を達成。トラブルの減少とともに、根掛かり時の回収率が大幅にアップします。(結び方等によって結節強度は異なります。保証値ではございません。) ●白いヘッドライトで照らした際に際立って見える新カラー「レッドアイ」を採用。ガイドへの糸通しやリグの交換がスムーズに行えます。 ●リールにぴったり巻ききれる150m巻。
Tic(チタンコート)による驚異の耐摩耗性能で、攻め抜く釣りを強力サポート! ●Tic(チタンコート)の効果で耐摩耗性能が大幅にアップ。※当社比 ●SP-T(スーパータフコーティング)の効果により吸水劣化などを抑制。フロロカーボン本来の性能を引き出します。※当社比 ●携帯に優れた薄型スプール採用。 ●糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。 ●便利な号数別スプールバンド付き。


スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-アジング釣行記事
-, , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.