シーバス釣行記事

ツーリミット105モンスターバトルの鱗付け-新潟県柏崎-シーバス

20/11/22
新潟県柏崎

3連休の中日
この日は次第に荒れが治まっていく
予報で、夕方からまた荒れ出すらしい…。
行くなら朝しかないけれども
朝でも波高1.5mの予報…。
普段であれば釣りは見送りますが
ツーリミットを購入してしまったので
どうしても投げに行きたい…。
最悪朝マズメを捨てて
デイゲームで魚を狙えば良いか!
って事で出撃してきました♪




普段と違う環境で…。

この日のメインターゲットはシーバス。
最近はシーバスを狙っても釣れない事が
多いので、かなり弱気な感じです…。
なので前日の夜はYouTubeでシーバス関連の
動画を見てテンションを上げていきました(笑)

釣り場に向かう道中
スーパーで色々購入。
何故かピノを買ってみると…。

ハート形のピノが…。
これって珍しい奴だよね。
釣り行く前に運を使ってる…?
マイナス思考が働いてしまい
釣り場に行く前からテンションが
下がりました(笑)

今回の釣行は普段行かない釣り場
以前に何箇所か目を付けていた
ポイントの一つ…。
シャローエリアなのでこの波でも
何とかなるんじゃないかなぁ~と
思い向かってみました。

釣り場に到着。
海の方から激しく波が崩れる音が…。
暗くて良く見えないけど
まあまあ荒れている(笑)
既に釣り場に入られている方が
いるようなので、とりあえず
釣りは出来る??
これから荒れが治まるはハズだし
次々と釣り人がやって来るので
支度を済ませて釣り場に入りました。

以前下見したのと
グーグルマップである程度の
地形は把握済み。
自分の中で、ここが良さそうと
目星を付けていた場所に入ります。

他の釣り人さんたちは
離れた場所で、
間隔狭く入っていたので
どうやらあちらが人気のポイントらしい…。
やはり釣り場に実際来てみないと
判らない事が有りますね。

所々に根が有り
シャロータイプのルアーじゃないと
直ぐに根掛かりするはずなので
とりあえずレスポンダーを付けて
探っていきました。

シマノ(SHIMANO)
実績の高いレスポンダーにX AR-Cシステムを採用、さらに強い泳ぎに深化! ! 通常のレスポンダーの泳ぎとレンジをただサイズ変更するだけでなく、さらに飛距離と強い水押しアピール力を増加させるために、X AR-Cシステムを採用。特に、デイゲームのシャローレンジ攻略やナイトゲームのスローリトリーブでの使い勝手の良さに照準を絞って、サイズ毎に喰わせのレンジをキープしやすい様に設計しています。
カラーバリエーションをチェック

スポンサーリンク

体高の有るパワフルな魚で鱗付け

とりあえずシャロー系のルアーで
探っていきますが全く反応が有りません。
予報通りの波高で、沖のブレイクで
一度崩れますが、その後に何度か崩れて
押し寄せてきます。
サラシが一面に広がっていかにも釣れそうな
感じなんですがなかなか
思い通りにはなりません。
ルアーを投げるタイミングも
シーバス初心者の自分にとっては
難しく、見極めが付けにくかったです。

上手い具合に水馴染みして
釣れそうな引き抵抗と
流れを感じられますが反応は無し。
マズメまで我慢の展開でした。
夜空がキレイで何度も流れ星を
見る事が出来て、流れ星を見たら
とりあえず釣れるように
願っておきました(笑)

次第に明るくなり
朝マズメを迎えますが
相変わらずの無反応。
離れた場所で釣りをしている
アングラー達も釣れていない?
とりあえず自分の近くには
一人しかいなかったので
情報が少ない…。

とりあえず視覚的な
情報が得られるようになったので
海面を観察しながら怪しそうな所を
打っていきました。
ルアーはマリアのNL-I
廃版ルアーですがシャローエリアでは
とても頼りになるルアーです。

波の来るタイミングを見ながら
海面に変化のある所にルアーを
投入してリトリーブしていると…。
”ゴン”っと待望のバイトが♪
キター!!!
やっと来てくれた…これはバラせない
沖でエラ洗い&ジャンプしたので
本命のシーバス確定!
引きが強くて、締め気味のドラグも
出される…。
魚の頭をこちらに向かせてゴリ巻き…。
近くまで寄ってきたところで
再びエラ洗い…元気よすぎだよ…。
ツーリミットが良い感じに曲がって
いましたが、それを楽しむ余裕も無く
波打ち際を越えた所まで魚を寄せて
波に乗せ何とかランディング成功!


夏以来のシーバスゲット!
鱗付けも出来て最高の気分でした♪
しかし、サイズの割に体高が有り
とてもコンディションの良い魚です。
サイズは68cmで重さは2.8㎏有りました。

フックを確認すると、真ん中のフックが
伸ばされていました…。
ちょっと危なかったです。
根掛かり軽減とバラシ軽減で
シングルフック使用に変えていましたが
トレブルだとヤバかったかも…。
何はともあれ、求めていたシーバスを
釣る事が出来ました♪

ヒットルアーはマリアの
NL-Iのイワシカラーでした♪

釣れるのに廃版に
なってしまった悲しいルアーです。

この一匹を釣ってからは反応無く
一匹釣って満足してしまったので
早めに納竿としました。
予定では午後もヤル気だったんですけどね(笑)

家に帰り捌いてみると…。
カタクチが20匹位とエビ・カニが
入っていました。
写真を載せておきますが
グロイので見たくない方は
とばしてください。



胃の中には10㎝前後の
カタクチイワシが多く
すでに消化が始まっていたので
食べて直ぐって感じではないですね。
カニとエビは未消化だったので
直前までこちらを捕食していたんでしょうね。

スポンサーリンク

ツーリミットを使ってみて

今回の釣行で無事に鱗付け出来た
ツーリミットを使っての感想ですが
自分的にはとても使いやすくて
良いロッドでした♪
何種類かルアーを投げてみましたが
飛距離も出てキャストも
気持ちが良いです♪
しっかりとルアーに力を
伝達できている感じがしますし、
パワーも有って安心してルアーを
投げられます♪

そして、かっ飛び棒を付けた時の
シックリ感は凄いです。
かっ飛び棒を投げるための
ロッドなんじゃ無いかと
思うくらいシックリきました(笑)
実際に投げても、気持ち良く飛んでってくれます♪

感度も十分で巻き抵抗の変化なども
シッカリと手元に伝わってきます。
ティップが入るロッドなので
軽いウエイトのルアーも扱いやすいです♪

魚とのやり取りはもう少し
数を釣らないとわかりませんが
とりあえずパワーが合って
今回の魚は一気に魚を寄せる事が出来ました♪

最初に使ってみた感想としては以上で
特に不満なところは有りません!
買って良かったと満足しています♪
どんどん使っていきたいと思います!

スポンサーリンク


タックル

ジャンプライズロッド人気No.1、モンスターバトルがツーリミットに継承。30t中弾性ブランクスを軸にバット部の反発&リフティング性能を強化。圧倒的な遠投能力と主導権を常に握ったパワフルファイトを可能とします。PE1.5~2号クラスを使用した外洋のモンスターハンティングに最適。座布団ヒラメ、大型ヒラスズキ&シーバスはもちろん。大型真鯛、磯からの8kgサイズ、サーフからの15kgサイズの青物にも完全対応。

Amazonで口コミをチェック
シマノ(SHIMANO)
耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生!ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。
Amazonで口コミをチェック
よつあみ(YGK)
世界最高糸質アップグレード。受け継がれた血統、木魂するスピリット ONE AND ONLY BEST、UPGRADE !高密度ピッチ製法×WX8工法×GP加工×HST加工が可能とした圧巻のパフォーマンス。一般的にPEラインは、高密度にピッチを細かく組み上げると耐磨耗性が上がり直線強力が落ちる。逆に低密度でピッチを粗く組み上げると、糸が直線的になり直線強力が上がり耐磨耗が下がる。X-BRAID UPGRADは、その相反する性能の両方を世界最高レベルで実現し、(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたオールカテゴリーハイクオリティーハイパワーPEラインです。
Amazonで口コミをチェック
DUEL(デュエル)
フロロカーボンとナイロンをブレンドした強力複合素材「カーボナイロン」を採用。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。
Amazonで口コミをチェック


スポンサーリンク



よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-シーバス釣行記事
-, ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2021 All Rights Reserved.