LSJタックル

ライトショアジギングタックル(ショアスロー)

2018-02-06

自分の使用しているショアジギタックルを
紹介します。
最近はショアスローをする事が多いので、
ロッドはショアスロー専用のロッドを使っています。




通常のショアジギよりもスローに
魚を誘う事ができるのがショアスローになります。
スローに誘える分、遊泳力の弱い魚も
釣る事ができるのが利点です。

ロッド

アングラーズリパブリック ショアガン エボルブ Shore Slow SFSGS-992・SS

「ショアゲームにむけた新たなるベンチマークがここにある」ショアキャスティングゲームをサポートする信頼のショアガンがエボルブへと進化しました。バットセクションに採用した高弾性マテリアル。それぞれのゲームスタイルに最適化したパーツを搭載することで、キャスタビリティの向上と各ターゲットに向けた充実のスペックを実現しました。ヒラメ、ショア青物、ショアスローなどゲームスタイルごとに最適化したスペシャライズドモデルで構築したシリーズ群があなたのゲームをサポートします。

スペック
Length(ft.inc.):9'9"
POWER:2
LURE(g):20-40
Line(lb):6-20/PE(号):0.6-2.0
Picec:2
Rod Wt(g):205

ショアスローモデルですが
普通にショアジギしても問題ないです。
Maxウエイト40gも気持ち良く投げられます。

リール

シマノ(SHIMANO) 17 ツインパワーXD 4000XG

耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生! ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。

スペック
ギア比:6.2
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):6.0/11.0
自重(g):290
スプール寸法(径mm/ストロークmm):51/17
ナイロン糸巻量(lb-m)/フロロ糸巻量(lb-m)/PE糸巻量(号-m):3.5-170、4-150、5-125/3-190、4-145、5-115/1-500、1.5-320、2-210
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):99
ハンドル長(mm):57

ライン

よつあみ(YGK) G-SOUL X8 UPGRADE 200M 1.5号(30LB)

(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。

スペック
・素材:PE
・全長:200m
・1.5号
・30lb
・カラー:グリーン

ショックリーダー

デュエル(DUEL) ライン(カーボナイロン): HARDCORE POWERLEADER CN 50m 30Lbs. : クリアー

超強力・高耐久 フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン」を採用したハイブリッドショックリーダー。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。必要な長さで糸がピタッと止まるジャストストッパー(PATENT)を採用したホルダーで、塩や紫外線をカット。

スペック
素材:カーボナイロン/全長:50m/7号/30lbs
標準直線強力: 13kg
クリアー
標準直径:0.435mm

ショアスローについて

ショアスローについてはパームスの
沼田さんのブログ記事や動画を観ればわかると思います。

スポンサーリンク

自分は昨年からショアスローを
やり始めましたが、
普通のライトショアジギングよりも
体への負荷は少ない気がします。
また、アタリの出方も面白く、
特にフォール中のアタリを掛にいく感じは
自分の好みに合っています♪

去年ショアスローで釣り上げた魚は
イナダ・サゴシ・タチウオ・ヒラメ・アジ・カマス・フグと普通のライトショアジギングと変わらないです。

ただ、やっていて思ったのは、
水深のない釣り場だと直ぐに
ボトムに着いてしまうので
ショアスローの楽しみが
半減してしまいますね。
ある程度の水深(最低5m以上)があれば
レンジを分けて探る事もやり易いと思います。

また、メタルジグの種類によっては
ラインがメタルジグのフックを
拾ってしまい、トラブルの元になるので、
最初は、水深のあるポイントでやるのがおすすめです!

ショアガンエボルブのショアスローモデルは
990,991,992,993の4種類のモデルがあり、
それぞれロッドの長さは、9ft9inですが
ロッドパワーによって分かれています。
自分の使っている992は
ルアーウエイト40gまでで、とても扱いやすいです。

まとめ

ショアスロー専用ロッドですが、
基本的にはショアジギタックルと
変わりませんので、
このタックルでもショアジギできます。
使っていて思ったのは、
Max40gまでの表示ですが、
無理なく投げられます。
メインのジグは40gなのでありがたいです♪

魚とのやり取りは問題ないですね。
青物・フラット・キジハタ・タチウオなど
色々な魚を狙うのに使っていくので
出番の多いタックルになります♪

スポンサーリンク



応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ


-LSJタックル
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.