アジング釣行記事

予想外のゲスト!? 6/2 新潟県柏崎 アジング

2018-06-04

この土日、天気は良かったですが
日中は日差しが強く暑かったですね…。
もう自分は、日中の釣りは無理かも

夕マズメ前にポイントに入りました。
波やウネリはあまりありませんでしたが
風があって、正面から吹いたり
後ろから吹いたり、横から吹いたりと
風向きが安定しない感じでした。
夜になると微風になりましたが…。

釣り日和と言う事もあり
釣り人も多く見受けられました。
とりあえず、明るい時間帯だったので
がまかつのトレモロを使用して様子見。

Gamakatsu(がまかつ)
程良い引き感とともに広範囲へのアピールを実現。高い集魚効果を発揮します。一方、先鋭で滑らかなテールはスモールベイトの波動を再現しています。最接近したフィッシュイーターに見切らせないナチュラルで微細なシグナルを発します。アジ、メバルを始め、様々な魚種に有効なバーサタイルワームです。ボディには魚のバイトに応じて折れ曲がるギミックを仕掛けました。丈夫で強い弾力性を持つエラストマー素材。その難点であったバイト時の吸い込みにくさを、ボディがフロントにスライドする機構を採用することで解消。あらゆる角度からのバイトをより深いものにします。この機構はフックとワームの干渉も最小化し、浅掛かりによるバラシを軽減します。また、ボディ下部に設けた「Q.S.S.構造」は、ジグヘッドへのセットも簡単にします。真っすぐセットしやすくなることで、アプローチのキーになる安定したフォールを実現。自然でリアルな「食わせの間」を演出します。
Amazonで口コミをチェック

時折アタリが有りますが、
本命ではなくフグ…。
釣り始めて1時間くらい?経った頃に
ようやく一本掛かりますが後が続かず。

時間を空けてまた一本。
少しづつ群れが入ってきて、
アタリが出始めますが、食いが浅い…。
中々フッキングまで持ち込めません。
魚は居るけど活性が高くない?
仕方ないのでワームをトレモロから
レインズのアジリンガーヴィクトリーに
チェンジします。

レイン(reins)
近年、アジングも釣り人増加によりプレッシャーの掛った釣り場も出来てきました。そこでライバルに差をつけるために開発したのがアジリンガーヴィクトリーです。

Amazonで口コミをチェック

功を奏したのか?2本連続で釣れますが…
ワームが裂けている…。
付け直して、投げますが今度は半分ない。
まだ明るかったのでフグも居る様で、
アジを数匹掛けるとボロボロ…。
消費が半端ないので、
トレモロに戻して再開します。
風もありアタリが取りにくく
フッキングも遅れ気味?なのか
掛けてもバレる事が多かったです。

サイズの良い群れは比較的明るい時間帯に
周ってきたようで、暗くなるにつれて
サイズがどんどん落ちてきました。
小さいのはリリースしつつ、
サイズの良いのが居るレンジを攻めていきました。
この日のMaxは35cm。
数は25匹以上掛けましたが、
後半はほぼリリースして時合終了となりました。

スポンサーリンク

完全に暗くなりメバル狙いにシフトしました。
この日は月が出始めるのが遅かったので
メバル釣れるかなーって思っていましたが
メバルからの反応は0でした。

表層を探ってもダメで、
ボトム付近を探ると…。
カサゴが遊んでくれました♪

メバルからの反応がないまま、
色々と場所や立ち位置を変えながら探っていくと…。
コッっと小さめのアタリが♪
アワセを入れてフッキング成功!
ゴンゴンっと下に行くような引きと
中々の重量感…キツメに設定していた
ドラグが出されます…。
これは…もしかして尺メバルでは?
手前に根があるので、擦られないように
気を付けながら、ロッドのパワーで浮かせます。
水面近くまで来たので、ライトで魚の正体を
確認すると…メバルではなくチヌ!?
残念なような嬉しいような
掛かりも悪くなかったので
抜き上げてタモでキャッチしました。


銀ピカのキレイな個体でした♪
サイズは35cm。
今回はせっかくなのでお持ち帰りしました。
ヒットルアーはティクトの
ブリリアント2.5インチ。
カラーはパールホワイトでした。

ティクト(TICT)
tictオリジナルのウルトラソフト素材を採用することによって、極めてナチュラルな波動とアクションを生み出し、魚のバイトを多く誘発。その軟らかさはアジなどはもちろん、口の小さな魚のバキュームにも邪魔にならず、スムーズに吸い込ませることができます。独特の軟らかさが、針ズレしにくく、数匹釣ってもくたびれずに長持ちします。

Amazonで口コミをチェック

この一匹で満足してしまい、
夜の部は終了としました。
朝マズメに備えて、いったん休憩を取りました。

スポンサーリンク

使用タックル

モーリス(MORRIS)
モーリスグラファイトワークスが人気の高い-SW-Finesse(SWフィネス)のジャンルを変革します。国内外で高い評価を獲得してきたエリアトーナメントロッドその製造ノウハウを注ぎ込み、さらにはチタンフレームトルザイトリングガイドをも身に纏い、かつてない軽さ、感度性能を備えた-SW-フィネスロッドを完成させました。ソリッドティップには鮎竿のハイエンドクラスに用いる高弾性ソリッドをフルチューニング。40Tナノカーボン特有の打てば響くレスポンスを饒舌にグリップへ、そして掌へと伝達します。
Amazonで口コミをチェック
サンライン(SUNLINE)
エステルラインの最大の弱点であった「糸撚れ、使い難さ」を軽減することに成功。直進性が向上したことにより、軽量ジグ単でも糸が張りやすく潮の動きやアタリが明確に伝わります。
Amazonで口コミをチェック
DUEL(デュエル)
フロロカーボンとナイロンをブレンドした強力複合素材「カーボナイロン」を採用。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。
Amazonで口コミをチェック
Dohitomi(土肥富)
かすかなバイトも高確率でフッキングする、超シャープな針先に仕上げました。左右の溝によって、トゥウィッチアクション後に針先のブレが起こりにくく、フッキング位置を安定させて掛ける事を可能にしました。
Amazonで口コミをチェック
Dohitomi(土肥富)
初心者からベテランまで扱いやすく、飛距離が出やすい弾頭型形状。左右均等に切り込まれた溝によるスタビライザー効果で安定した水中姿勢をキープし、ターゲットに違和感なく食わせる。
Amazonで口コミをチェック
Gamakatsu(がまかつ)
程良い引き感とともに広範囲へのアピールを実現。高い集魚効果を発揮します。一方、先鋭で滑らかなテールはスモールベイトの波動を再現しています。最接近したフィッシュイーターに見切らせないナチュラルで微細なシグナルを発します。アジ、メバルを始め、様々な魚種に有効なバーサタイルワームです。ボディには魚のバイトに応じて折れ曲がるギミックを仕掛けました。丈夫で強い弾力性を持つエラストマー素材。その難点であったバイト時の吸い込みにくさを、ボディがフロントにスライドする機構を採用することで解消。あらゆる角度からのバイトをより深いものにします。この機構はフックとワームの干渉も最小化し、浅掛かりによるバラシを軽減します。また、ボディ下部に設けた「Q.S.S.構造」は、ジグヘッドへのセットも簡単にします。真っすぐセットしやすくなることで、アプローチのキーになる安定したフォールを実現。自然でリアルな「食わせの間」を演出します。
Amazonで口コミをチェック
レイン(reins)
近年、アジングも釣り人増加によりプレッシャーの掛った釣り場も出来てきました。そこでライバルに差をつけるために開発したのがアジリンガーヴィクトリーです。

Amazonで口コミをチェック
ティクト(TICT)
tictオリジナルのウルトラソフト素材を採用することによって、極めてナチュラルな波動とアクションを生み出し、魚のバイトを多く誘発。その軟らかさはアジなどはもちろん、口の小さな魚のバキュームにも邪魔にならず、スムーズに吸い込ませることができます。独特の軟らかさが、針ズレしにくく、数匹釣ってもくたびれずに長持ちします。

Amazonで口コミをチェック


スポンサーリンク


よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-アジング釣行記事
-, , , , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2021 All Rights Reserved.