アジング釣行記事

秋~冬のメタボな尺アジ釣り♪ 新潟県柏崎-アジング

2019-12-12

秋~冬のメタボな尺アジ釣り♪ 新潟県柏崎-アジング

19/12/10
新潟県中越柏崎

12月に入り海はなかなか
落ち着かず…。
アジングはもう出来ないかな…っと
思っていたところで、凪の予報が…。
これを逃したら…。
平日だけど行ってきました!



一投目から釣れたけど…サイズが…。

前回のアジングで釣れ始める
時間がどれぐらいなのか
大体つかめていたので
この日は普段よりも遅く
ポイントに到着。

予報通りのベタ凪?
少しウネリが有る気がするけど
全然問題なし。
風も予報よりも弱く
釣りやすそうな状況でした。

ポイントに入り一投目。
まだ魚は入っていないかな?っと
思っていましたが…コン!?
アタリが…もう少し早く
入れば良かったと軽く後悔(笑)

引きが良くてそれなりに良いサイズ?
上がって来たのは…アジ♪

体高もあるし…長くない?
こいつ尺あるんじゃないかな??
とりあえずキープして
追加を狙って2投目…。
沖目でコン!!っと良いアタリ
これは既に群れが入ってる…。
ここでもっと早く来れば良かったと
激しく後悔しました…。

2匹目も長い…太い…。
どうなってるんだ??
今までこんな事、
この時期に無かったけど…。
良いサイズの群れが入っているようで
釣れる魚全部良いサイズ。
20㎝後半から尺ばかりでした♪

ヒットルアーは
エバーグリーンのギムレット
2.5インチ、カラーは伝説の白でした♪

ギムレット(キリ)の名の由来となった特徴的なテールは、水流やラインテンションの微かな変化で勝手に動くほど超敏感。デッドスロー~ハイスピードまであらゆる流速域で細かく振動。ターゲットに発見されやすく、それでいて嫌われにくい絶妙な強さのナチュラルな波動を生み出し、ポイント条件やターゲットのコンディションに関係なく効果的にアピールします。

スポンサーリンク

日の光が差し込むまで…。

周囲が少し明るくなってきたので
今回もアクションカメラを使って
動画を取る準備を始めました。
実際撮ってみると色々と難しいし
撮影する角度を考えないと
色々映りこんでしまうので
もっと工夫が必要そうです…。

準備して釣りを再開すると
さっき迄は沖目でアタリが
出ていましたが、群れが手前に
寄った様子。
明るくなったせいかな?っと思いつつ
数を追加していきますが、
反応が悪くなってきたので
ワームをスロットルの
ソルティバードにチェンジして
みるとアタリが復活(笑)

アジング・メバリングにおいてスローにじっくり攻めたい場合は、JHを軽くするのが常套手段ですが、デメリットとして飛距離の低下やリグの存在感を感じ難いなどがあります。そのようなデメリットを解消する方法として、ワームそのものに抵抗感を持たせる事で対応できるように開発されました。特徴的なハネが水を掴んで抵抗感が増すことにより、同じサイズのJHを使用しても、通常のワームよりスローにフォールさせる事が可能になり、レンジキープも容易になります。また、軽量リグの存在感も分かりやすいので、操作性も抜群です。

小さいサイズをリリースしながら
サイズの良いのだけキープしていきました♪

魚のサイズが予想以上に良くて
2度ラインブレイク。
やはり0.3号だとちょっと心細いですね…。
来年は0.4号まで上げるか
PEを使用しようと思います。

ファインセンサーだと
抜き上げが怖くなる重量感ですが、
やり取りは問題なし♪
バットパワーが有るので
負けないですが無理するのは…
でも、やり取りは最高に面白いです(笑)

動画を取りながらやっていましたが
録画ミスでスローで録画してしまい
音声無し(笑)
ドラグ音やラインブレイクで
悔しがる声は入っていませんでした…。

BGM入れてとりあえず見れるかな(笑)
もう少しうまく撮れるようにならないと…。
定点撮影が一番良い気もするけど…。
色々考えてみます。


この日の釣果は
尺アジ以外は全部リリースして
これだけのキープとなりました♪
Max35cmと春のようなサイズ(笑)
秋から冬って毎年尺に届くか届かないか
サイズに泣いていたんだけどな…。
内臓脂肪たっぷりのメタボなアジが
沢山釣れて満足です♪
直ぐにでも釣りに行きたいところですが
今週末は釣りは難しそうなので
大人しくするしかないかな??

スポンサーリンク

アジング使用タックル

アンダー1グラムの世界を明瞭にする超ウルトラライト。軽量ジグヘッドリグに特化。先の先から曲がる極細ファーストアクションのソリッドティップが僅かなテンションの変化をとらえます。1グラム未満・・・いや、0.5グラム未満のリグでもその存在や潮流を明瞭に感じながら細やかに操作することが可能。小型魚とのやり取りも楽しめる超繊細な感覚のロッドながら、バットには十分な強さを持たせることで、いざとなれば尺オーバーのターゲットにも余裕のポテンシャルを発揮。
かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。ボディ、ローターからハンドルに至るまで、全ての箇所への軽量化を徹底追求。現行モデルを凌ぐ圧倒的な軽量化に成功。それにより、さらなる操作性向上と感度アップを実現した。しかも、これだけの軽量化を施したにも関わらず、ボディ剛性、ギア耐久性、防水性を向上させるという軽量化とは相反する進化にも成功した。さらに、それだけにとどまらず、ステラ以外のモデルでは初となるロングストローク構造を採用し、遠投性能をも向上。ヴァンキッシュ史上最も進化したモデルと言えるだろう。どんな状況下でも、釣果を追い求めるストイックでテクニカルなアングラーに是非使ってもらいたいモデルだ。
巻ぐせやバックラッシュを緩和する「しなやかさ」を追求し、ジグ単や軽量メタルジグの釣りに高いポテンシャルを発揮します。 ●結節強度(リーダーとの結節)は最大約90%を達成。トラブルの減少とともに、根掛かり時の回収率が大幅にアップします。(結び方等によって結節強度は異なります。保証値ではございません。) ●白いヘッドライトで照らした際に際立って見える新カラー「レッドアイ」を採用。ガイドへの糸通しやリグの交換がスムーズに行えます。 ●リールにぴったり巻ききれる150m巻。
Tic(チタンコート)による驚異の耐摩耗性能で、攻め抜く釣りを強力サポート! ●Tic(チタンコート)の効果で耐摩耗性能が大幅にアップ。※当社比 ●SP-T(スーパータフコーティング)の効果により吸水劣化などを抑制。フロロカーボン本来の性能を引き出します。※当社比 ●携帯に優れた薄型スプール採用。 ●糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。 ●便利な号数別スプールバンド付き。


スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-アジング釣行記事
-, , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.