アジング遠征記事

初釣りは西湘サーフでアジング!!19/1/1 神奈川県西湘 アジング

2019-01-07

初釣りは西湘サーフでアジング!!19/1/1 神奈川県西湘 アジング

元日から釣りに行ってまいりました!
毎年、初日の出を見に行くついでに
釣りをしているんですが
狙いはフラットフィッシュや青物。
しかし、今年はアジを狙ってきました♪

何やら西湘方面で大きなアジが
釣れていたらしく、
年末も釣れていたので
年明けも大丈夫だろうと
日の出前から頑張ってきました!!



アジング無毛地帯

あくまでも個人的なイメージですが
西湘・湘南エリアでアジング??
全くイメージできませんね(笑)

子供の頃から、海釣りで
色々な所に行きましたし、
それなりに釣果情報とかも
見ていましたが
あのエリアでアジが釣れるなんて
殆ど見聞きしませんでしたね(笑)

釣れても豆アジがたまぁ~に
釣れるくらいです。
後は、事故的に釣れる感じで
コンスタントに釣れるなんて事は
聞いた事ありません。
自分が知らないだけかもしれませんが…。

西湘とか湘南とかは
干物とかでアジが有名?
なので、釣れると思っている方が
多いと思いますが、
それは、船での話です。
船に乗れば釣れます。
しかし、ショアとなると話は別!
ましてやアジングって…。

何より魚影の薄いあのエリアでは
エサ釣りでシロギスやクロダイ。
シーズンになればルアーで青物・メッキでしょうね…。
フラットとかは、なかなか釣れません。
釣り人20人に対して1匹釣れれば
良い方だと思います(笑)

多分、あのエリアで釣りしている方の
多くは、何度もルアー釣りで
挫折しているはずです…。
自分もその一人でしたから…。

新潟に来て感動したのは
アジがサビキで釣れる事でしたし(笑)

何故?正月に西湘サーフでアジングなのか?
それは、村越正海さんのブログ
西湘サーフのアジングに関して紹介されていたからです。
これを見た時は、正直本当に驚きました。
しかも、40㎝UPのアジも釣れる…。
もう少し詳しく知りたかったので
ルアーマガジンソルト2月号に
紹介されているのもチェックして…
なるほど…。
これは初釣りで運試しするのには
もってこいな感じがしたのでチャレンジしてきました!

スポンサーリンク

初日の出の最中に…。

夜明け前が良いらしいので
日が昇る前からエントリー
まだ、誰も居ないかと思いきや
既に人が…。
初日の出を待っている若者でした(笑)
まだ日の出まで2時間くらいあると思うんだけど?
若いって良いですねぇ~!!

とりあえず何処でやれば良いか?
分からなかったので、
急深サーフでやってみる事にしました。
理由としては、釣果情報にアジが載っていた
エリアだったのと、
この場所なら、ほかの魚も
期待できそうだったので選びました。

事前情報だと、時合いが短い事と
投げサビキでの釣果もあるとの事なので
飛距離を稼ぐためにフロートから
始めてみる事にしました。
本当はキャロの方が良いと思いましたが
車に忘れてきてしまったので…
Dタイプのシャローフリークで
探っていきました。

しかし、全く反応無し。
さすがは西湘…。
色々やってみますが
やはり反応無く、日の出の時間が
迫ってきました。

釣りを一旦やめて
初日の出を見ていると
目の前でボイルが発生!!
マジか!?
しかし、周りには人が多く
投げられない…。
せっかくのチャンスが…。
結局、人が居なくなるころには
ボイルは無くなってしまいました…。

ボイルの正体は…。

ボイルしていたのは波打ち際、
おそらくベイトは小さな魚。
フロートで手間を探るのはやり難いので
ジグ単にチェンジして
再びボイルが発生しないか待ちます。

すると、小さな魚が跳ねたのを確認!
その辺りにキャストすると…コン!っと
良いアタリが♪
アワセを入れてフッキング成功♪
アジか?アジなのか??
上がってきたのは…。

アジはアジでもメッキアジでした(笑)
ってかまだ居るんだ??
西湘エリアではルアーで狙える
貴重なターゲットであるメッキアジですが
水温が下がると居なくなってしまうので
自分が釣っていたころは11月位までの
印象でしたが…。
こっちも水温が高いのかな??

何にしろ、初釣りでボウズ逃れ出来たので
今年は良い年になるかもしれませんね(笑)
ヒットルアーはベイトブレスの
ニードルリアルフライのGFホワイトパールでした。

その後はボイルも無くなり
あぁ~終わったかなぁ~?
っと思い始めていた時に
少し離れた所で釣りをしていた方が
急に自分を追い越して走り始める…。
沖を見るとナブラが出ている!
しかし、ライトタックルでは厳しい距離…。
一応、メタルジグを投げてみますが
反応無く、ナブラは消えてしまいました。

もしかしたら、ハグレがいるかもしれないと
思い、メタルジグを投げ続けていると…。
ゴン!っとアタリが♪
まだ居てくれた!!
しかもなかなかの重量感と引き!
青物かなぁ?
青物にしても、引きがヘンだな??
バレるなよぁっと願いつつ波打ち際まで
寄せて来る事が出来、波に乗せて
上がってきたのは…。
コノシロ…。
しかもスレ掛かり。
だから引きがおかしかったのか…。
ちょっと期待していただけにガッカリ
してしまいました。

魚は隣のおじさんに進呈して
再び投げると…。
直ぐにヒット!!
今度は、引きもおかしくないし
違う魚かなぁ?っと期待しましたが
上がってきたのは…

う~ん沖で群れているのかな??
どうせならコイツ食うような魚が
居てくれると嬉しいんだけどなぁ~。

コノシロの群れはその後
居なくなり、代わりにまたメッキの
ボイルが始まり
2匹追加して朝の部は終了となりました。


ヒットルアーはBlueBlueの
シーライドミニのシルバーグローイワシでした。

スポンサーリンク

夕マズメの部も…。

結局、本命のアジは釣れず。
初売りなどに行って時間をつぶし、
再び夕マズメにポイントに入りました。

日が完全に落ちるまでが
勝負らしいので、気合を入れて
投げ続けました。

暗くなってきた頃に
沖目でコンっとアタリが♪
アワセを入れてフッキング成功!
まあまあの重量感と引き!
これは本命来たんじゃないかな??
少なくとも尺は有りそうな感じ…
波打ち際でバレない事を
祈りつつ、波に乗せて無事ランディング!
上がってきたのは…

メッキ…。
こんな時間でも釣れるのか…。
サイズは朝よりもデカくて
25㎝は越えてる…。
アジだと本気で思ったのに…。

ヒットルアーはドリームアップの
デカマッカム、カラーはUVロイヤルチャートでした。

まだ諦めるのは早いはず!!
っと釣り続けていると
沖の方でボイルが?
まだメッキが居るのか??
とりあえず射程圏内だったので
投げてみますが、
アタリは有るけどノラナイ??
何故?
何かが有っていないのかと思い
色々とローテーションしていきますが
ノセきれない??
おかしい…もしかして…
ワームを止めて、メタルジグにチェンジ
すると、一投目でヒット!!
あぁ~そう言う事か…。
上がってきたのは

コノシロです。
朝と同じように沖でたむろしていたようです。
アタリが有ってもノセきれないのは
おそらく、魚に当たっていただけなんだと
思います。

コイツは口付近に掛かっていたので
ジグにちょっかい出してきたのかな??

本命からの反応もないので
夕マズメの部は終了としました。

う~んやはり難しい
西湘のサーフアジング。
場所が違うのか?
もうアジが抜けてしまったのか??
何とか帰省中に
釣り上げられれば良いのですが…。
続く…。

使用タックル

ジグヘッドワームからメタルジグ、ミノー、シンキングペンシルなどのハードルアーまであらゆる重量級リグを使用できるパワーモデル。20gクラスのスーパーヘビーフロートジグにも対応。アクション時のルアーへのテンションON・OFFが明確で、メリハリの利いたアクションを演出できます。繊細なアタリを捉える感度と瞬時のフッキングを成立させるレスポンスを備え、掛けた瞬間から主導権を与えません。藻場・根が点在するシャローエリアなどで力勝負が可能です。ボトムの釣りにも対応します。
NEWマグナムライトローター搭載。別次元の巻き出しの軽さ! 新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さを可能にしました。ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。
●超強力・高耐久 フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン」を採用したハイブリッドショックリーダー● ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。●扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。●必要な長さで糸がピタッと止まるジャストストッパー(PATENT)を採用したホルダーで、塩や紫外線をカット。



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-アジング遠征記事
-, , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2019 All Rights Reserved.