アジング遠征記事

諦めずに、サーフアジング!!19/1/2 神奈川県西湘 アジング

2019-01-10

前日に引き続き
朝の暗い内から出撃してきました!
釣り場に近いって本当に良いですね!!
朝1~2時間だけ釣行するのも
躊躇なく出撃できますし…。
海の近くに引っ越したいなぁ~っと
改めて感じましたね…。


暗い内は…。

何処のポイントに入ろうか迷いましたが
前日と同じポイントに入る事にしました。
理由は、ベイトが居たから…。
波打ち際にベイト(シラス)が溜まっていて
それを捕食しにアジが回遊して
くればチャンスが有るはず…。

やはり元旦と違い
サーフには誰もいない…。
しかし、アジが釣れているのであれば
ぶっ込みや投げサビキの釣り人が
居ても良いと思うんだけどなぁ~…。
もしかして場所が違うのかな…?

不安を感じながら釣り始めますが
不安が的中したようで
暗い内は何の反応もなし。

明るくなり始めた頃に
波打ち際のちょい先、
波の中でコ…ココ…っと
ボトムに擦れている感覚とは
違う感触が…少し送り込んでから
アワセを入れて、フッキング成功!
上がってきたのは…

やはりメッキでした♪
ボイルはありませんでしたが
波打ち際を回遊している様です。

ヒットルアーは、がまかつのトレモロ、
カラーはクリアホロ
でした♪

Gamakatsu(がまかつ)
程良い引き感とともに広範囲へのアピールを実現。高い集魚効果を発揮します。一方、先鋭で滑らかなテールはスモールベイトの波動を再現しています。最接近したフィッシュイーターに見切らせないナチュラルで微細なシグナルを発します。アジ、メバルを始め、様々な魚種に有効なバーサタイルワームです。ボディには魚のバイトに応じて折れ曲がるギミックを仕掛けました。丈夫で強い弾力性を持つエラストマー素材。その難点であったバイト時の吸い込みにくさを、ボディがフロントにスライドする機構を採用することで解消。あらゆる角度からのバイトをより深いものにします。この機構はフックとワームの干渉も最小化し、浅掛かりによるバラシを軽減します。また、ボディ下部に設けた「Q.S.S.構造」は、ジグヘッドへのセットも簡単にします。真っすぐセットしやすくなることで、アプローチのキーになる安定したフォールを実現。自然でリアルな「食わせの間」を演出します。
Amazonで口コミをチェック

やっぱりメッキしか回ってこない…。
昨日よりも波っ気も無く
釣りはやりやすいけど、釣れる気がしない(笑)

数人の釣り人が朝マズメに入って
着ましたが、ルアー釣りは釣れてる様子無く
シロギスも…。
もう少し粘れば、また回遊してくる
だろうけど…っと
続けるか?止めるか?考えていると
目の前で小魚が跳ねたのを目撃!
そこにルアーを投げ込むと
直ぐにヒット♪

やはりメッキ。
最初からメッキ狙いであれば
嬉しいんですが、本命は40㎝アップの
アジ
なので…微妙(笑)

その後はボイルが発生する事も
無くなったので、納竿としました。

スポンサーリンク

敗因は…?

結局、帰省中にアジを釣り上げる事は
出来ませんでした…。
敗因としては、ポイント選定ミスと
情報・経験不足
っと言った所でしょうか…。

ポイントに関しては、
ここじゃなかったんだと思います。
他の場所も考えましたが、
行った事のない場所へエントリーする
勇気が有りませんでした。

車の駐車場所やポイントへの道のりも
分からないので、この辺りは
開拓していくしかありませんが、
地元とはいえ、長期休みの帰省中にしか
釣りに行かないので、ちょっと難しいですね。

もう少し情報を仕入れて
ちゃんと準備しておくべきだったと
反省しています。
実は、翌日にアジを諦めて
メバルを狙いに行きましたが
目を付けていたポイントへの
エントリー方法がわからず、
色々と彷徨い、結局、
別のポイントに入りましたがノーバイト。

その後、何か所か回りましたが、
気持ちが切れてしまい
早々に納竿にしてしまいました…。
人も思いの外多くて
釣り場が無かったのもありますが
モチベーションを保てなかったのが
敗因です。
メバルなら釣れるだろうと
甘く考えていました。

今回の釣行の反省を糧に
今後の釣りに生かしていこうと思います。
やはり、ポイントやエリアには
通わないとダメだなぁ~っと
痛感したのと、情報やコミュニケーションは
大事ですね(笑)

新潟に戻り、
天気予報を毎日確認しながら
出撃のタイミングを伺っていますが…
次はいつ釣りに行けるのか…。
シーバス釣りたいなぁ…。

スポンサーリンク

使用タックル
Gamakatsu(がまかつ)
ジグヘッドワームからメタルジグ、ミノー、シンキングペンシルなどのハードルアーまであらゆる重量級リグを使用できるパワーモデル。20gクラスのスーパーヘビーフロートジグにも対応。アクション時のルアーへのテンションON・OFFが明確で、メリハリの利いたアクションを演出できます。繊細なアタリを捉える感度と瞬時のフッキングを成立させるレスポンスを備え、掛けた瞬間から主導権を与えません。藻場・根が点在するシャローエリアなどで力勝負が可能です。ボトムの釣りにも対応します。ライトゲームカテゴリーのゲーム性を追求したシリーズ。「感度」を追求した結果、ロッド全体の重量の大幅な軽量化につながり、高次元の操作性とクリアな反響感度性能を実現させました。豊富なラインナップはライトゲームにおける様々なターゲット、シチュエーション、釣り方、リグに対応します。

Amazonで口コミをチェック
シマノ(SHIMANO)
NEWマグナムライトローター搭載。別次元の巻き出しの軽さ!新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さを可能にしました。ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。
Amazonで口コミをチェック
よつあみ(YGK)
世界最高糸質アップグレード。受け継がれた血統、木魂するスピリット ONE AND ONLY BEST、UPGRADE !高密度ピッチ製法×WX8工法×GP加工×HST加工が可能とした圧巻のパフォーマンス。一般的にPEラインは、高密度にピッチを細かく組み上げると耐磨耗性が上がり直線強力が落ちる。逆に低密度でピッチを粗く組み上げると、糸が直線的になり直線強力が上がり耐磨耗が下がる。X-BRAID UPGRADは、その相反する性能の両方を世界最高レベルで実現し、(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたオールカテゴリーハイクオリティーハイパワーPEラインです。
Amazonで口コミをチェック
DUEL(デュエル)
フロロカーボンとナイロンをブレンドした強力複合素材「カーボナイロン」を採用。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。

Amazonで口コミをチェック
Gamakatsu(がまかつ)
程良い引き感とともに広範囲へのアピールを実現。高い集魚効果を発揮します。一方、先鋭で滑らかなテールはスモールベイトの波動を再現しています。最接近したフィッシュイーターに見切らせないナチュラルで微細なシグナルを発します。アジ、メバルを始め、様々な魚種に有効なバーサタイルワームです。ボディには魚のバイトに応じて折れ曲がるギミックを仕掛けました。丈夫で強い弾力性を持つエラストマー素材。その難点であったバイト時の吸い込みにくさを、ボディがフロントにスライドする機構を採用することで解消。あらゆる角度からのバイトをより深いものにします。この機構はフックとワームの干渉も最小化し、浅掛かりによるバラシを軽減します。また、ボディ下部に設けた「Q.S.S.構造」は、ジグヘッドへのセットも簡単にします。真っすぐセットしやすくなることで、アプローチのキーになる安定したフォールを実現。自然でリアルな「食わせの間」を演出します。
Amazonで口コミをチェック


スポンサーリンク


よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-アジング遠征記事
-, , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2021 All Rights Reserved.