青物釣行記事

好調な青物を求めて…。-新潟県上越-ライトショアジギング

前回の釣行で味わった

青物の引きが忘れられず

再び出撃してきました!

イナダ・サゴシは前回釣れたので

ショゴが来てくれると嬉しいなぁ~

ヒラメでも良いんだけどなぁ~などと

妄想を膨らませながら出撃してきました♪

暗い時間に釣れたのは…。

ポイントに到着。

まだ日の出前でしたが

すでに釣り場には人の姿が…。

波もウネリも弱かったので

イカを狙っている様子でした。

とりあえず離れた所で釣り開始!

日の出前の暗い時間だったので

もしかしたらタチウオ釣れるかも…。

個人的にはタチウオは釣るのは良いけど

食べるのは苦手な魚なんですけどね(笑)

美味しいタチウオに出会って

いないだけなんでしょうけど…。

そんな事を思いながらルアーを投げていると…。

波打ち際付近で違和感を感じますが

アタリかどうかは微妙…。

判断が付かないまま

同じ所を巻いてくると…”ゴン!”っと

明確なアタリが!

やっぱりさっきのはアタリだったんだと

思いつつ、魚を寄せていきますが…

アタリの割に軽いし、全然引かない…

これはやはりタチウオか??

上がってきた魚のシルエットは長細い…

ダツでしたぁ~

釣っていた時はタチウオだと

確信していたんですけどね(笑)

まさかこの時間にダツが釣れるなんて…

ヒットルアーはJacksonの

Gコントロール28でした♪

ジャクソン(Jackson)
ヘビーシンキングミノーは、その自重の重さから圧倒的な飛距離を得ることができる反面、泳ぎのレスポンスが悪くなってしまいファーストリトリーブでしか泳がなくなってしまいます。Gコントロールはベリー部分に設計したセカンドリップによりボディを浮き上がせる揚力を発生し、沈もうとする力を打ち消し低速リトリーブでのレスポンスを飛躍的に向上。28gの重さがありながら半分の14gクラスのシンキングミノー並のリトリーブスピードで泳ぐことが可能となりました。また一般的なヘビーミノーはウォブリング系のアクションですが、Gコントロールはウォブリングにローリングを加え、よりミノーライクなアクションを引き出しています。
Amazonで口コミをチェック
ヒットルアー!!

う~ん…こんなのが表層付近で

ウロウロしてるのか…

それならメタルジグに変えてみよう!

って事で、メタルジグに変えて探ってくると

フォール中に”ゴン”っとこれまた良いアタリが♪

何だ?アジか?アジなのか??

アジなら良いなぁ~

ああ…キミか…

何となくわかっていたよ…。

ゴンゴンと叩くような引きだったからね…。

本当に今年は良く釣れるな…。

暗い時間はこんな感じの釣果でした(笑)

スポンサーリンク

プチボイルを何とかものにして…

辺りが明るくなってきましたが

青物が回って来る様子が無い…。

ベイトっ気は有るので

そのうち回って来るだろうと思いながら

海の様子や周りの釣り人を観察していると

弓角をやっていた方が1本ワカシサイズを

釣り上げたのを目撃…。

特にボイルやナブラは無かったけど

魚は居るみたい…。

海面がモヤっと変化している場所が

有ったので、もしかしたら…っと思い

そこを通すように巻いてみると…

”ゴン”っとアタリが♪

やっぱりそうだった♪

っと思った矢先にフワッと軽くなり

バラしてしまいました…。

悔しい…。

でも、魚は居る…。

海の様子をうかがっていると

今度はプチボイルを目撃!

余裕で射程圏内だったので

ボイルの先にキャストして巻いてくると…。

”ゴン!”っと素直に食ってきてくれました♪

バレるなよぉ~!!っと祈りながら

波打ち際まで寄せて、一気にズリ上げました!

上がってきたのはギリイナダ?

いや…ワカシかな?

とりあえず本命の青物が釣れてくれました♪

ヒットルアーはJacksonの

メタルエフェクト ステイフォールでした♪

ジャクソン(Jackson)
一般的なカタクチのスリムなシルエットで「喰わせの間」をつくることは水抜けが早く不向きでした。しかし、このステイフォールではジグの側面に窪みを設け水を嚙ませることで、水中で一瞬ステイさせることを可能にしました。水中にただステイし、フォールしている状態ではボディーが動かずフラッシングができないのでアピール力に欠けます。従って、窪みのエッジ部分を片側だけなだらかにすることにより水が抜けるきっかけを作りました。これにより、シミーフォールしながらフラッシングを行い木の葉状にスライドしていきます。重心はセンターより、ややリアバランスにすることで飛距離も確保しストレス無くキャストができます。リア側に重心が寄っているとフォール時に水平姿勢ではなくなるのでは?と思われるかもしれませんが、これも窪み部全体で水を受けることで水平フォールを可能にしています。

⇒Amazonで口コミをチェック!
ヒットルアー!!

新しく購入したルアーが早速

活躍してくれました♪

とりあえず本命をゲット出来て

一安心出来ました。

追加を狙いたいところですが

近くに網を張られるという

テンションダダ下がりのイベントが発生…

これは厳しいかな…っと思っていたら

突然ナブラが射程圏内で発生!

これはチャンス到来とキャストしましたが

群れが直ぐに沈む…

でも、まだ近くに居るハズ…

表層早巻きではなく

少しだけレンジを入れて

ショートピッチのジャークと

フォールを混ぜて誘ってみると…

フォール中に”ガツン!”っと

気持ちの良いバイトが♪

上がってきたのはイナダでした♪

1本目よりも長いし太い!

これぐらいだと良く引くし

釣っていても楽しいですね♪

ヒットルアーは1本目と同じく

Jacksonのメタルエフェクト ステイフォールでした♪

ジャクソン(Jackson)
一般的なカタクチのスリムなシルエットで「喰わせの間」をつくることは水抜けが早く不向きでした。しかし、このステイフォールではジグの側面に窪みを設け水を嚙ませることで、水中で一瞬ステイさせることを可能にしました。水中にただステイし、フォールしている状態ではボディーが動かずフラッシングができないのでアピール力に欠けます。従って、窪みのエッジ部分を片側だけなだらかにすることにより水が抜けるきっかけを作りました。これにより、シミーフォールしながらフラッシングを行い木の葉状にスライドしていきます。重心はセンターより、ややリアバランスにすることで飛距離も確保しストレス無くキャストができます。リア側に重心が寄っているとフォール時に水平姿勢ではなくなるのでは?と思われるかもしれませんが、これも窪み部全体で水を受けることで水平フォールを可能にしています。

⇒Amazonで口コミをチェック!
ヒットルアー!!

使ってみた感想としては

ジャークした感じは軽くて

飛距離もでるし

名前の通りフォール時間が

ゆっくりな感じでした♪

自分はギャロップアシストロングキャストを

良く使用しますが

ギャロップアシストロングキャストのフォールは

後方重心なのでストンっと落ちる感じなので

良い感じで使い分けられるなぁ~と

思いましたね♪

ジャクソン(Jackson)
ギャロップアシストシリーズで、飛距離を特化させたモデル。表面積を減らしたコンパクトにまとまったデザインなので、飛距離が出やすく広範囲を探れるのはもちろん、シルエットの小ささはベイトサイズが小さなときには大きなアドバンテージとなります。スローからファーストまで幅広いリトリーブスピードに対応できるため、様々な魚種を狙うことができます。

⇒Amazonで口コミをチェック!

自分はJacksonのルアーが

好きなので、良いものに出会えたなぁ~

って感じです♪

まだまだ釣れるかなぁ~と思いましたが

その後は、はるか沖でナブラが出ましたが

近づいてくる様子も無く消えただけでした。

粘ってもダメそうだったので

この日はこれで納竿としました。

もう少し数が出てくれたら…っと

思いますが、それなりに楽しかったので

良しとしましょう(笑)

次は、ショゴ釣りたいなぁ~

直江津ハッピーで釣れてるから

久しぶりに行ってみるのもアリかな…?

それでは!ユウスケ(@yuusuke55_turi)でした!

スポンサーリンク

青物釣行記事

2022/10/18

好調な青物を求めて…。-新潟県上越-ライトショアジギング

前回の釣行で味わった 青物の引きが忘れられず 再び出撃してきました! イナダ・サゴシは前回釣れたので ショゴが来てくれると嬉しいなぁ~ ヒラメでも良いんだけどなぁ~などと 妄想を膨らませながら出撃してきました♪ 目次1 暗い時間に釣れたのは…。2 プチボイルを何とかものにして…3 青物タックル 暗い時間に釣れたのは…。 ポイントに到着。 まだ日の出前でしたが すでに釣り場には人の姿が…。 波もウネリも弱かったので イカを狙っている様子でした。 とりあえず離れた所で釣り開始! 日の出前の暗い時間だったので ...

ReadMore

青物釣行記事

2022/10/13

秋の青物シーズンが始まりました♪-新潟県上越-ライトショアジギング

こんにちは! ユウスケ(@yuusuke55_turi)です♪ 前回の記事の続きになります。 フグの猛攻に悩まされて そろそろ帰ろうかな…っと 思い始めていたところでのサゴシゲット! 帰らなくて良かったぁ~と 安堵していましたが これは祭りの始まりを告げるサインでした…。 目次1 ナブラ!鳥山!!2 イナダが多くサゴシは少し3 青物タックル ナブラ!鳥山!! 諦めかけていたところでの サゴシは本当に嬉しかったのと 本当に久しぶりにサゴシを釣った感じです。 ボートでは釣っていましたが ショアから釣るのは久々 ...

ReadMore

青物釣行記事

2022/10/10

フグの猛攻に耐え凌ぎ…。-新潟県上越-ライトショアジギング

最近の連休は天気に恵まれませんね…。 中日は海も風も何とかなりそうな 予報だったので出撃してきましたが 入ろうと思っていたポイントには 既に多くの人が入っていて 釣りする前からヤル気が 削がれちゃいました(笑) 考えている事はみんな一緒ですね…。 でも、さすがに異常な人でな気がします…。 何か所か様子を見て、入れそうな場所を 見つけて釣り始めましたが…。 目次1 気持ちの良いアタリの正体は…。2 チャンスは突然やってくる3 青物タックル 気持ちの良いアタリの正体は…。 海の状況は予報通りの感じで 波もウネ ...

ReadMore

青物釣行記事

2022/8/22

魚を狙っていたのだけれど…。-新潟県上越-ライトショアジギング

こんにちは! ユウスケ(@yuusuke55_turi)です♪ 週末は微妙な天気予報でしたが 釣りは出来そうな感じだったので 出撃してきました! お盆休みには釣りに行けなかったので 久々の釣りになります♪ この微妙な時期…。 何を狙うか迷いましたが とりあえず何か釣れてくれれば良いという 気持ちで行ってきました! 目次1 魚からの反応は有ったけど…。2 魚かと思いきや釣れたのは…。3 青物タックル 魚からの反応は有ったけど…。 天気予報を確認して とりあえず釣りは出来そう♪ 波風も少し有りそうだけど 釣り ...

ReadMore

青物釣行記事

2022/6/27

ベイトは居たんだけど…。-新潟県上越-ライトショアジギング

天気予報を確認すると 週末の予報がマシになったので これは釣り出来るんじゃないかな?? 濁りとゴミが心配ではあるけど 釣りしたいからとりあえず 出撃してきましたが…。 目次1 魚は居たんだけど…。2 釣り以外での発見3 青物タックル 魚は居たんだけど…。 問題は何を狙おうか…。 青物が釣りたいところなんですが あまり良い話は聞こえないんですよね…。 かと言ってフラット狙いで出撃しても 返り討ちにあいっぱなしで…。 マゴチが釣りたいのにパタッと 釣れなくなりました…。 となると釣れてくれそうなのは… やっぱ ...

ReadMore

青物タックル

ジャンプライズロッド人気No.1、モンスターバトルがツーリミットに継承。30t中弾性ブランクスを軸にバット部の反発&リフティング性能を強化。圧倒的な遠投能力と主導権を常に握ったパワフルファイトを可能とします。PE1.5~2号クラスを使用した外洋のモンスターハンティングに最適。座布団ヒラメ、大型ヒラスズキ&シーバスはもちろん。大型真鯛、磯からの8kgサイズ、サーフからの15kgサイズの青物にも完全対応。

Amazonで口コミをチェック
シマノ(SHIMANO)
これまでの常識を覆す耐久性を継承しながら、大幅な軽量化を追求したツインパワーXD。マイクロモジュールギアII、ロングストロークスプール、サイレントドライブといった機構を採用し、基本性能にも磨きをかけることで操作性も大幅に向上。また、ドラグには耐久性に優れたカーボンクロスワッシャ、スプールリングにはステラSWと同じバリアコートスプールリングを採用することで、よりタフに、より軽快なモデルとして刷新。MGLシリーズでそのフィーリングとタフネスをぜひ体感してほしい。

Amazonで口コミをチェック
エックスブレイド(X-Braid)
「高密度ピッチ製法× WX8工法 × GP加工 × HST加工」が可能とした圧巻のパフォーマンスを誇る「XBRAID シリーズ」に待望の「単色ライン(ノーマーク)モデル」をラインラップ!釣行においてブレイクの原因となりうる、カッターフィッシュ・サゴシ・フグ・タチウオに抜群の効果を発揮!タチウオテンヤにも最適!メーターマークを排除したことにより、ブレイクリスクを下げ、さらに快適なターゲットへのアプローチを可能としました。 【X-BRAID UPGRADは、㈳日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE 糸の太さ標準規格」に準じたオールカテゴリーハイクオリティーハイパワーPE ラインです】

Amazonで口コミをチェック
DUEL(デュエル)
フロロカーボンとナイロンをブレンドした強力複合素材「カーボナイロン」を採用。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。
Amazonで口コミをチェック
ジャクソン(Jackson)
ヘビーシンキングミノーは、その自重の重さから圧倒的な飛距離を得ることができる反面、泳ぎのレスポンスが悪くなってしまいファーストリトリーブでしか泳がなくなってしまいます。Gコントロールはベリー部分に設計したセカンドリップによりボディを浮き上がせる揚力を発生し、沈もうとする力を打ち消し低速リトリーブでのレスポンスを飛躍的に向上。28gの重さがありながら半分の14gクラスのシンキングミノー並のリトリーブスピードで泳ぐことが可能となりました。また一般的なヘビーミノーはウォブリング系のアクションですが、Gコントロールはウォブリングにローリングを加え、よりミノーライクなアクションを引き出しています。
Amazonで口コミをチェック
ジャクソン(Jackson)
一般的なカタクチのスリムなシルエットで「喰わせの間」をつくることは水抜けが早く不向きでした。しかし、このステイフォールではジグの側面に窪みを設け水を嚙ませることで、水中で一瞬ステイさせることを可能にしました。水中にただステイし、フォールしている状態ではボディーが動かずフラッシングができないのでアピール力に欠けます。従って、窪みのエッジ部分を片側だけなだらかにすることにより水が抜けるきっかけを作りました。これにより、シミーフォールしながらフラッシングを行い木の葉状にスライドしていきます。重心はセンターより、ややリアバランスにすることで飛距離も確保しストレス無くキャストができます。リア側に重心が寄っているとフォール時に水平姿勢ではなくなるのでは?と思われるかもしれませんが、これも窪み部全体で水を受けることで水平フォールを可能にしています。

⇒Amazonで口コミをチェック!

サイト内検索

釣行記事やルアー・タックルの検索はこちらからどうぞ!

よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-青物釣行記事
-, , , , ,