青物釣行記事

新潟での初釣りは…サゴシ!-新潟県上越市-青物

2020-01-14

20/1/12
新潟県上越

今シーズンは本当に雪が降りませんね…。
降っても積もらないので
釣りに行くにはとても有難いですが
雪を生業にしている人にとっては
生活がかかっているので複雑です。
山にだけ雪が降ればいいのに…。
やっぱり例年通りが良いのかな?

週末の天気予報を見ると
これは釣りに行ける…。
シーバスもまだポツポツ釣れている
様子なのでやってみる価値は
あるかもなぁ~…。
もっと荒れが治まってくれれば
アジも出来るんだけどな…。
そんなこんなで釣りに行ってきました!



シーバスは不発

年が明けてから
新潟で釣りをするのは初めて♪
とりあえず最近の状況が
あまりわかりませんでしたが
前日の情報を見ていると…
あまり釣れていない様子。

厳しいかなぁ~と思いつつ
とりあえずシーバス狙いでポイントに
入ってみましたが、
年末の様子とは違い
釣り場に誰もいない(笑)
あれだけ人が居たのに…
もう釣れていないんだろうな…。

時間を決めて、釣り始めましたが
荒れ具合も物足りないし
釣れる感じがしない…。
案の定、アタリ無しで終了となりました(笑)

まだ釣れるんでしょうが
自分には無理。
今シーズンのシーバスは終了となりました。

移動後もアタリ無し

夜明け前に場所移動。
海の荒れ具合からすると
アジをするにはちょっと怖かったので
足場の良い場所で
サゴシを狙う事にしました。

ポイントに到着。
最初はあまり人は居ませんでしたが
時間が経つにつれて増えていきました。
しかし、ハイシーズンと比べると
やはり少ないですね。

VJやワインドで狙ってみましたが
全く反応無し。
周りも青物は釣れておらず、
サビキでアジやコノシロが釣れていました。
続けていてもダメそうなので
釣り場を移動しました。

スポンサーリンク

新潟初魚はサゴシ!

日が昇り切り、何か所か釣り場を
見て回る事にしました。
ナブラが有れば話は早いんですが
なかなかそうは行きませんね…。

海の状況は白い濁りが入っていて
波とウネリは有りましたが
サーフでの釣りは可能な感じ。
何か所か見た所で
沖でナブラ?を発見!
しかし、よく見るとイルカの群れでした…。

魚が跳ねたのも確認できたので
魚っ気は有る…。
この場所にしようかとも思いましたが
気になっている場所が有ったので
そこを見てから釣り場を決めてみる事にしました。

釣り場を見てみると
数人の釣り人が居ましたが
釣れている感じはしないものの
釣り人のやる気は残っている…??

釣れていない時やモチベーションが
低い時って、休憩している人や帰る人
ルアーのアクションが適当だったり
するので見てわかるんですが、
何故かモチベーションが有る…?
やってみる価値はありそうだったので
この場所に決めて釣り始めてみました。

釣り始めて少し経った頃に
沖でサゴシが跳ねたのを確認!
サゴシは居る…すると
隣でやっていた地元?の常連さんが
サゴシを掛ける♪
やっぱり魚が居るのがわかると
やる気が出てきますね♪

何人かはサゴシを釣りましたが
自分にはアタリが無い…。
ジグにしたり…プラグにしたり…
ジグにしたりなど色々変えてみますが
反応が無い…。
手持ちのジグはサゴシ釣りに来てるのに
2個しかない状況(笑)
シーバス狙いで出てきていたので
プラグが多い…。

ルアーボックスの中から
購入してからまだ使った事のない
ルアーが有る…。
とりあえず使ってみるかと
早速投げてみると…1投目でヒット!
上がって来たのは…


サゴシ!!
求めていたサゴシが釣れてくれて
一安心しました♪

ヒットルアーはタックルハウスの
コンタクト・フリッツ42でした♪

コンパクト&ヘビーウェイトそして 空気抵抗の少なさと 相まってその飛距離は絶大。 タイトウォブリングアクションとボディサイドの平面 により、フラッシング効果は抜群。 さらに水平フォールにより、着水の瞬間から強烈なアピールを発揮します。 ターゲットは、シイラ、カツオ、マグロ、ブリ。飛距離が求められる青物のキャスティングゲームから、マルスズキ、ヒラスズキまで対応。 スタビライザーフィンの効果で青物攻略に必須の超ハイスピードリトリーブでも 安定したアクションを発揮し、同時に海峡域のシーバスゲームでローリングベイトで 歯が立たないようなシチュエーションでのスローリトリーブでも、しっかりと水をつかんで泳ぎます。 コンパクトボディとはいえ、狙いはビッグフィッシュ。

初めて使ってみました♪
42gのウエイトがありますが
自分の使っているロッドでは
その重さを活かすことが出来ず
飛距離もそこまで飛んでいるという
印象は有りません。
もっとキャストウエイトの有る
ロッドならかなり飛ぶんじゃ
ないでしょうかね?

スポンサーリンク

魚は居るけど難しい…。

とりあえず一匹釣れましたが
後が続きません…。
地元の方はなかなか良い感じで
魚を掛けていきますが
こちらはサッパリでした(笑)

プラグよりもジグの反応が良い様で
手持ちのジグの少ない自分には
不利な状況(笑)
とりあえず手持ちのジグで
頑張ってみました。

この日の魚は小さなベイトを
捕食している様子でした。
アクションとしては
高速巻きからのテンション抜きや
フォールのタイミングで
反応する感じでした。

フォールに反応が良いと
サゴシカッターが怖いですが
この日は被害にあうことは
有りませんでした♪



ヒットルアーはパームスの
ザ・スメルト40gでした♪

ロッドワークに対する優れたレスポンス。アングラーの意とするアクションを忠実に具現することで、多くの実績を積み上げてきたブギーウォークスメルト。2018年、ザ・スメルトとして生まれ変わります。よりシャープでエッジの効いたシルエットとなったボディデザインは、ハイレスポンスに磨きを掛け、微細な入力から強大なロッドワークまでシームレスな可変アクションを発揮します。ターゲットの活性に合わせて的確に食わせのアクションを引き出すことができる性能を備えます。センターバランスながら安定の飛行姿勢も釣果へと繋げる大きな要素。長年にわたりライトショアジギングのベンチマークとなった高いトータルパフォーマンスに磨きをかけ、いよいよザ・スメルト、登場です。

ジグパラの30gも持っていたんですが
飛距離が必要だったので
スメルトをメインで使用しました。

この日の釣果は
サゴシ4匹
サバ1匹で終了。

もっと釣れた気もしますが
贅沢言わずに、釣れてくれて
良かったです♪

冬のサゴシは春と違い
引きも強くて、脂がのっていて
釣っても食べても良いので
狙える日が有ったら
また行ってこようと思います♪

2020/1/22

フォールに反応の良いサゴシは…‐新潟県上越市 青物

20/1/19 新潟県上越 天気予報を見ると 釣りが出来そうな感じだったので フィッシングフェスティバル横浜に 行った翌日にもかかわらず 出撃してきました!! 本当はアジングに行きたかったんですが 波の予報的には微妙…。 出来なくはないけど、 辛そうな感じがしたので 先週に引き続きサゴシ狙いです♪ 目次1 あいにくの空模様…。2 海鳥が降りた先には3 フォール中のアタリは4 ショアジギタックル あいにくの空模様…。 天気予報だと、雨は上がって 曇りになるはずだったんですが… 普通に雨降ってる…しかも 小降 ...

続きを読む

2020/1/21

新潟での初釣りは…サゴシ!-新潟県上越市-青物

20/1/12 新潟県上越 今シーズンは本当に雪が降りませんね…。 降っても積もらないので 釣りに行くにはとても有難いですが 雪を生業にしている人にとっては 生活がかかっているので複雑です。 山にだけ雪が降ればいいのに…。 やっぱり例年通りが良いのかな? 週末の天気予報を見ると これは釣りに行ける…。 シーバスもまだポツポツ釣れている 様子なのでやってみる価値は あるかもなぁ~…。 もっと荒れが治まってくれれば アジも出来るんだけどな…。 そんなこんなで釣りに行ってきました! 目次1 シーバスは不発2 移 ...

続きを読む

2020/1/13

念願のサワラ!?今年の目標やっと一つ達成!!新潟県中越:青物

19/11/3 新潟県中越:中越沖 前々からピチさんのゴムボートで ティプランエギングの 予定を立てていましたが 約束後、毎週末天気が悪くて 1カ月過ぎるという展開に…。 今年は無理かな…?っと 諦めていましたが、 何とかボートが出せるかも…っと 連絡をもらい、天気予報を信じて 行ってきました! 目次1 初めてのゴムボート2 サワラゲット!!3 お家での楽しみ♪4 使用タックル 初めてのゴムボート 当初アオリイカのティップラン 予定でしたが、全然釣れて いないらしいので、 サワラ狙いのライトジギングに変更 ...

続きを読む

2019/11/17

青物のマイクロベイト・シラスパターン攻略方法

目の前に青物のボイル・ナブラが発生しているのに ルアーを投げても全く食ってこない。 周りも全然釣れないなんて経験をした事が誰しも 有ると思います。 たいていの場合はベイトが小さくて ルアーのサイズが有っていなかったり 偏食している場合が多いです。 そんな時に自分がやっている マイクロベイトパターンの攻略方法を ご紹介したいと思います。 目次1 フェザーフック2 ライトワインド3 弓角(ユミヅノ)4 ジグサビキ5 一人勝ちも夢じゃない フェザーフック とても単純で簡単な事なんですが メタルジグについているリ ...

続きを読む

2020/1/13

雨上がりのサゴシとタチウオ 新潟県柏崎 青物

19/10/19 新潟県中越:柏崎 平日釣行で少し釣り欲が 満たされましたが まだまだ物足りない…。 天気予報を見ていると土曜日の 朝なら釣り出来るのでは?? むかえた金曜日の夜 予報を見ると…ダメじゃん!! 悪化してるし…。 土曜日は諦めて日曜の午後に 変更だなぁ~…。 土曜日、暇だし奥さんの友達が来て 気まずいから釣り具屋へ…。 パンチショップで買い物して 外に出ると、相変わらずの雨…。 しかし、雨雲レーダーを確認すると 雨が止みそうな感じ…。 これはもしかして釣り出来るんじゃ…。 目次1 久々のサゴ ...

続きを読む

シーバス使用タックル

過熱するサーフゲームで求められる性能を突き詰めた『NESSA』。シリーズコンセプトは軽量・高感度と小型ミノーから40g程度のジグまで使える高次元な対応力。サーフに発生する流れの変化やルアーアクションをアングラーへ明確に伝達。不意に時合が訪れるサーフゲームにおいて高い集中力を長時間保ち続けることで、ヒットチャンスへと結びつけます。サーフに燃えるアングラーへ応えるロッド。それが『NESSA』です。
耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生! ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。
超強力・高耐久 フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン」を採用したハイブリッドショックリーダー。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。必要な長さで糸がピタッと止まるジャストストッパー(PATENT)を採用したホルダーで、塩や紫外線をカット。



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ


-青物釣行記事
-, ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.