アジング釣行記事

初のボートアジングは完敗…。‐新潟県新潟東港‐アジング

2020-02-25

20/2/15
新潟県新潟東港

にいがたフィッシングショーを
後にして向かったのは新潟東港。
今回は初のボートアジングに
チャレンジしてきました!

予報はコロコロ変わりましたが
結局晴れ…でも風がちょっと強い…。
全くボートアジングについては
素人なので、不安80%楽しみ20%って
感じでしたね(笑)




相性の悪い新潟東港

久しぶりの新潟東港。
一年に1~2位しか来ないので
全く場所がわかりません(笑)
過去の成績も散々なので
あまり良い思い出も有りませんね…。

早く到着しすぎたので
とりあえずタックルの準備。
とりあえずショアのタックルで
大丈夫との事だったので
2タックル用意しました。

メインタックルはファインセンサー
深場用に宵姫天の61ともにエステルライン
PEタックルも持ち込もうかとも
思いましたが…今回は止めました。

集合時間が近くなったので
船の近くに移動してみると
既に何名かいらっしゃいました。
考えてみたら、何人いるのかも
どれぐらいの間隔でやるのかも
全く分からない状況。
とりあえず流れに身を任せようと
心に誓いました…。

今回お世話になるのは
Twitterのフォロワーさんの船で
まだ高校生の船長さん♪
若いって良いですよね(笑)
挨拶もそこそこに船に乗り込み出港しました。

↓お問い合わせはこちらから
第三大栄丸jrのホームページ

スポンサーリンク

慣れない感覚と鈍い判断

出港して直ぐに最初のポイントに到着
やっぱり湾内だから早くて良いですね♪
船釣りに行くと移動時間が勿体ないぁ~って
いつも思っていたので…(笑)

自分の釣り座は船首の右側。
隣との間隔も広くて
注意するのは後ろだけだったので
気持ち的には楽でした♪

釣り始めて思ったのは
波やウネリで揺れる船の上で
ラインのテンションを保つのが
慣れないと難しかったです。
幸い風の影響をあまり受けない
場所で釣りをしていたので
風は気になりませんでした♪

後は船が流れていくので
ボトム付近を探る時が
イマイチよくわかりませんでした。
ジグ単なんか使わずに
バチコンみたいなスタイルの方が
良かったかもな…っと後で後悔しました。

表層狙いで有れば船が流れようが
あまり気にはなりませんでしたが
沈める釣りに関しては全く対応
できていませんでしたね…。

魚探には良い感じで魚の姿が
確認できているようですが…誰も釣れない…。
魚は居るのに釣れない状況…。
ポイント移動を繰り返しますが
全く掴めません…。

アタリすらなく、かなり焦りが出てきました…。
思い出されるのはフィッシングショーで
エバーグリーンスタッフの方と
ボートアジングの話をしていた時に
「ウデの差が出るんですよ…ボートアジングは…。」
ボウズで終了するのかな…。

何か所目かのポイント。
停留船の明かりが灯り
海面を照らしていました。
明暗の境目を狙いキャストすると
離れた所で何かがライズした?
表層で何か食ってるのかな??

とりあえずカウント0秒で
表層を意識して探ってみると…
”コン”っとアタリが♪
すかさずアワセてフッキング成功!
上がってきたのは…アジ!!
ボウズ逃れ成功♪
写真は有りません…写真撮ってる
場合じゃなく、さっさと釣らないとって
感じだったので(笑)

ヒットルアーは
がまかつのトレモロAJ
カラーはパープルネオンUVでした♪

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
幅広いシチュエーションで数々のターゲットを手玉に取ってきた“マイクロストレートトレモロ”がフレーバー付きとなって新登場!ほど良い引き感を生み出し、ジグヘッド単体でのレンジの把握を容易にする、水受けの良い”逆向けリブ”。マテリアルを「ソフトタイプ・PVC」に変更するとともに、シビアな状況下で差がつく、シークレットブレンドフレーバーを新たに配合!ワームの下側にスリットを設けることでカンタンにまっすぐフックにセットできる『Q.S.S.構造』採用!
Amazonで口コミをチェック

血抜きもせずにクーラーに
ぶち込んで、直ぐにキャストして
再現性を確かめますが…
反応無し。
たまたまの一匹だったのか…?
残念ながら次のポイントへ移動となりました…。

これが正解?っと思ったところで…。

何とか一匹釣ったものの
よくわからないまま場所移動。
しかし、その後のポイントでは
1バイトのみで釣果は得られず…。

残り時間が少なくなり
一匹釣れた場所に戻りました。
恐らく表層でアミを食っている?
のではないかと予測し
ジグヘッドを0.6gに変更して
表層をゆっくり探ってみると…。
”コン”っとバイトが♪
もしかしてアタリかな??
上がってきたのは、
一匹目より大きいコロッとした
アジでした♪

ヒットルアーは同じく
がまかつのトレモロAJでした♪

普段なら写真撮って
血を抜いてと処理しますが
時間が惜しいので
直ぐに投げて追加を狙っていきますが
アタルけどノラナイ…。
何かが違ってるんだろうな…。

ワームをトレモロから
アジリンガーの”能登イサザ”に
チェンジしてみると…”コン!”っと
直ぐにアタリましたがフッキングせず…。
でも間違っていないのかも…?
っと思ったところで終了。

ああぁ~悔しい!
魚は居るのに釣れない状況って
とても悔しいけど、頭使って
色々考えるから楽しい所もある…。
ある程度反応を得られて
魚が釣れてくれれば達成感もあって
アジング楽しいなぁ~って
なるんだけどな…。
パターンを掴めず…
まだまだ修行が足りませんでした。。。

結果2匹で初のボートアジングは
終了となりました。
後から分かった事としては
ベイトはシラスだった事。

アミだと思い込んでいた
自分の浅はかさに凹みました…。

そして、同船していた方達の
多くがTwitterのフォロワーさんでした(笑)
まともに挨拶もせず申し訳なかったです。。

釣ったアジはお刺身にして
頂きました♪
血抜きしてませんでしたが
普通に美味しかったです♪

この記事を書きながら
リベンジしたいなぁと言う気持ちが
フツフツと沸いてきているので
リベンジしてこようと思います!!

スポンサーリンク

アジング使用タックル

created by Rinker
エバーグリーン(EVERGREEN)
軽量ジグヘッドリグに特化。先の先から曲がる極細ファーストアクションのソリッドティップが僅かなテンションの変化をとらえます。1グラム未満…いや、0.5グラム未満のリグでもその存在や潮流を明瞭に感じながら細やかに操作することが可能。小型魚とのやり取りも楽しめる超繊細な感覚のロッドながら、バットには十分な強さを持たせることで、いざとなれば尺オーバーのターゲットにも余裕のポテンシャルを発揮。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
アジング専用モデル。超浅溝スプール、ローギア、35mmショートハンドル搭載で繊細な釣りにベストマッチ。かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
モーリス(MORRIS)
「レッドアイ」というエステルライン革命!!感度・強度・使いやすさに拘った次世代エステルライン。巻ぐせやバックラッシュを緩和する「しなやかさ」を追求し、ジグ単や軽量メタルジグの釣りに高いポテンシャルを発揮します。結節強度(リーダーとの結節)は最大約90%を達成。トラブルの減少とともに、根掛かり時の回収率が大幅にアップします。白いヘッドライトで照らした際に際立って見える新カラー「レッドアイ」を採用。ガイドへの糸通しやリグの交換がスムーズに行えます。リールにぴったり巻ききれる150m巻。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
モーリス(MORRIS)
Tic(チタンコート)による驚異の耐摩耗性能で、攻め抜く釣りを強力サポート!Tic(チタンコート)の効果で耐摩耗性能が大幅にアップ。※当社比.SP-T(スーパータフコーティング)の効果により吸水劣化などを抑制。フロロカーボン本来の性能を引き出します。※当社比.携帯に優れた薄型スプール採用。糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。便利な号数別スプールバンド付き。
Amazonで口コミをチェック


スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-アジング釣行記事
-, ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.