ウェア

シマノ XEFO・ドライシールド・ストッキングウェーダー【インプレ】

今回は自分が使用していた
シマノのストッキングウェーダーの
インプレを書いていこうと思います。

先日の釣行で腰辺りまでの水深で
移動していた時に、
水が染み込んできたので
新しいものに買い替えを決意しました。
約3年間の使用で交換となりました。




ストッキングウェーダーを選んだ理由

ウェーダーを履いて釣りをする場合
多くの方が、ブーツの付いた
タイプを使用していると思います。
自分も初めて購入したウエーダーは
ラジアルソールのウェーダーでした。

ウェーダーの使用する釣り場として
一番多いと思われるのは
サーフや河口なので、ブーツタイプの
ウェーダーは理にかなっていると思います。

ストッキングウェーダーの場合は
ウェーダーの外にウェーディングシューズが
必要になり、砂地のサーフで使用すると
砂がシューズの中に入ってきたり
使い終わった後の洗浄も
ブーツタイプのものと比べると
手間が増えます。

では何故ストッキングウェーダー選んだのか?
自分の場合は、サーフで立ち込んで釣りを
するのではなく、釣り場への移動の際に
ウェーダーが必要な事が多いので
足首の自由度が高い
ストッキングウェーダーを選びました。

磯場やサーフなどで移動する際に
どうしても、ブーツと一体型のタイプだと
可動範囲が狭くて、ストレスになりますし
自由に動ける方が安全性も高く
動きやすいので、ストッキングウェーダーを
使用していました。

ウェーディングシューズは

自分はこのストッキングウェーダーを
使用した際に、
3種類のウェーディングシューズを着用しました。
最初に使用していたのは
ダイワのウェーディングシューズになります。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
コスレや水圧に強くあらゆる衝撃から足をガードするウェーディング専用シューズ。縫い目が見えないサイドウォール仕様、耐久性とデザインを両立したサイドプロテクトパーツ。水圧によるつま先への圧迫や前後からの衝撃をガードする3D立体成型カップソール。一体式キュービックセンサーソール(フェルトスパイク)。こだわりのホールド感を追求したオリジナルラスト。

Amazonで口コミをチェック

こちらはフェルトスパイクタイプの
ウェーディングシューズです。
特に不満無く使用してきましたが
ソールが摩耗したので
交換となりました。

2足目はどこのメーカーのものか
忘れてしまいましたが
こちらもフェルトスパイクのタイプで
価格が安かったので試しに使用していましたが
履いていた時に怪我をしたので
それ以降は履かなくなりました(笑)

3足目は現在も履いている
マズメのスパイクシューズです。
こちらはなかなか高価なもので
2万円オーバーのスパイクシューズですね…。
スパイクにタングステンピンを使用していて
摩耗に強いのが特徴です。
安いスパイクシューズは本体よりも
スパイクピンの摩耗で交換になる
ケースが多いと思いますが
こちらのシューズはピンは減らずに
シューズ本体の何処かが壊れて
交換になると思います。

created by Rinker
マズメ(Mazume)
従来のステンレスピンより2倍強の硬度、摩耗を軽減。考え抜かれたソールパターン+タングステンピンがもたらす怖いほどの(笑)のグリップ力を味わってください。長時間磯を歩くロックショアアングラーにとって、スパイクシューズの難点はステンレス製ピンの減りが予想以上に早いということではないでしょうか?従来のスパイクシューズのその多くは、長時間の磯歩きを想定して作られたものではなく、渡船によって磯場に上がり、そこで釣りをする為のものだからです。そのため、ヒラスズキや磯マルのスペシャリストたちの間では「数回の釣行でピンが効かなくなる」と嘆く人も多くいました。これを解消したのがmazumeスパイクシューズです。ほぼ均等に配置された30本のピンは従来のステンレスピンの2倍強の硬度を持つタングステン製です。靴底のパターンは中央部をへこませ踏み込んだ時に外側のグリップが確実に効き、そのときに中央部分も押し出されるので設置面積が広がり、さらなるグリップ力をアップを実現させました。また、ハードに使うシューズの弱点である「縫製部分のほつれ」を排除する為に、出来る限り無縫製(糸を使わず熱溶着による接合)にしています。

Amazonで口コミをチェック

ストッキングウェーダーに合わせる
ウェーディングシューズは普段履いている
靴のサイズよりも、1cmくらい大きな
サイズのものを選んだ方が良いです。
ストッキングウェーダーの厚み分を
考慮すると最低でも1cmは余裕を持った方が
圧迫感も減りますので…。
足を圧迫されすぎると直ぐに疲れて
釣りどころではなくなります(笑)

スポンサーリンク

価格

実売だと2万円位でしょうかね?
ストッキングウェーダーとしては
真ん中位の価格帯だと思います。
ウェーダーの寿命は2~3年位らしいので
ちょっと高いかなぁ~っと
個人的には思います。
4~5年問題なく使えるのであれば
買いなんですけどね(笑)

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
防水透湿素材ドライシールド搭載。XEFO・ジオロックフィットシューズとコーディネート対応。表生地に、防水透湿素材ドライシールドを採用。膝部、尻部は、生地を二重にして耐久性をアップ。肩への負担を軽減するソフトタイプのバックル式ショルダーベルト。調整可能なバックル式ウエストベルト。フロントに止水ファスナー付ポケット(完全防水ではありません)。ウェーダーとシューズの隙間からの砂等の侵入を防ぐグラベルガードを装備。3.5mm厚クロロプレンソックス(裏には耐摩耗性も備えた滑り止め付)。

Amazonで口コミをチェック

蒸れ

最初の印象ですが、
やはりナイロンウェーダーよりも
動きやすくて軽いです。
長時間の釣行でもストレスが軽減されます。

蒸れですが、
防水透湿素材を使用しているので
蒸れにくいですが、蒸れます(笑)
自分としては不快になるほど
蒸れる事は有りませんでした。
日中の使用だと、時期によっては
汗をかいてしまいますが
群れによるストレスは少なかったです。

強度・耐久性

強度や耐久性に関しては
ナイロンウェーダーの方が
強いかもしれません。
本体が軽い分、生地は薄いので
藪漕ぎなどにはあまりおすすめしません。

岩場で転んだり、擦ったりしたら
生地が破れる可能性が高いです。
自分の場合は、いつの間にか
破れていました。
何度か修理をして凌ぎましたが
破れる場所は、生地とのつなぎ目が
多くて、折り目の付いている所は
弱かった印象です。


ウェーダーの修理の記事も書いていますので
よろしければご覧ください。

使用し始めてから2年位で致命的な
水漏れとなり、修理となりました。
ちなみにメーカーへの修理依頼したところ
細かな水漏れ部が多々有り
実際はもう少し前から
小さなピンホールは有ったんじゃないかと
推測されます。

総評

個人的にはおすすめ出来る
ウェーダーだと思います♪
価格を考えると
もう少し長く使用できればなー
と思います。
ウェーディングシューズと合わせると
なかなかのお値段なので
ちょっとお財布との相談が
必要になるとは思いますがね…。

サーフのみでの使用であれば
3年位は何事も無く
使えるんじゃないかな?

このウェーダーは
サーフをランガンする人や
釣り場までの距離が長い人なんかには
おすすめのウェーダーですね♪
保温性にも優れているので
寒い時期の釣りでも問題なく使えます。
あまり厚着しすぎると
逆に汗をかくと思います。

次のウェーダーは…

ウェーダーが無いと釣り場が
減ってしまうので
新しいものを既に購入済みです♪

新しく購入したのは
X'SELLのストッキングウェーダーになります。
こちらの特徴ですが…。
ストッキングウェーダーとしては
かなり価格が安いです!

実売で6000円ちょっとで
購入できます。
これで2年位使用できれば良いんですがね…。

created by Rinker
X’SELL(エクセル)
軽くて動きやすく、丈夫な420デニールのナイロンウェーダーです。ソックス部はネオプレン素材。

Amazonで口コミをチェック

まだ使用していませんが
家で履いてみた感想としては…。
重くて長いです(笑)
そしてナイロンなので蒸れます…。
価格を考えれば当然なんですがね…。
安物買いの銭失いにならない事を
祈るばかりです…。


よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-ウェア
-

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.