カヤックフィッシング

沖の漁礁を目指して…。-新潟県上越市直江津-カヤックフィッシング

20/8/21
新潟県上越市直江津

2週間ぶりのカヤックフィッシング!
天気は絶好のカヤック日和予報♪
ただし日が昇ったら地獄のような暑さに
襲われるので、熱中症にならないようにだけ
注意しての釣行。
朝は南向きの風が弱く吹き
昼前辺りから北向きの風が
吹く予報なのでとても良い条件でした♪
これが逆だと地獄です。

ボートジギングをしてから
早くジギングがしたい病に
掛かってしまったので
この日を待ち望んでしましたが…。




ジギングロッドを忘れる…。

釣り場に到着して海の様子を
見てみると、ベタ凪って感じではなく
若干ウネリがあるかな??
とりあえず問題なく出艇出来そうなので
準備を進めていきました。

カヤックの準備が整い
次はタックル…あれ?
ジギングロッドが無いんだけど…??
正確にはリールシートの部分は有るけど
もう片割れが見当たらない…。
もしかして家に置いてきた…。
ジギングするの楽しみにしてたのに
まさか…。

釣りする前からかなり気持ちが下がる展開。
仕方がないのでシーバスロッドで
対応する事にしました…。

テンションが下がったまま
出艇…今日は水深20m付近まで
寄り道せずに一気に漕いでいき
魚の群れが居なければ
更に沖の漁礁を目指すプラン。

水深20m付近に到着しましたが
良い反応にはなかなか出会えず…。
一度アジの群れを見つけましたが
1匹釣って終了でした…。

1時間に一回位
遠くの方でサゴシがジャンプするのを
目撃しますが、こちらには全く寄ってこない…。
20mラインを諦めて沖の漁礁を
目指すプランに移行しました。

その途中で魚探に反応が出たので
ジグを落としてみると…。
着底後に直ぐにヒット♪
アジかな?っと思いながら
巻いていきますが、
アジにしては引かない??
上がってきたのは…

アオハタでした♪
直江津港内では釣りましたが
外にも居るんですね。
しかも根の無い砂地…。
暴れた時に吐いたベイトは
舌平目…。

30㎝無い位なので今回も
リリースしました。
ちょっと食べてみたいんですけどね…。
味はキジハタの方が上らしいですが
好みも有るので確かめてみたいところですね♪

スポンサーリンク

ナブラも漁礁も…。

漁礁に向かって漕ぎ始めましたが
正確な位置は分からないので
GPSを駆使しながら
漕いでいくと、途中でナブラを発見!
かなり派手に騒いでいるので
これは釣れるんじゃないかと
期待しながらルアーを投げましたが
1バイトのみ…。

サゴシとイナダの混合ナブラでした…。
サゴシが釣りたかったなぁ~…。
チャンスを逃してしまい
気持ち的に沈みましたが
漁礁に付けば魚が居るハズ!っと
気持ちを切り替えながら漕いでいきました。

時間が掛かりましたが
何とか漁礁に到着。
ここは沈み根があって
その中に人工の漁礁が
沈められている?
とりあえずベイトの反応が
有るのでジグを落としてみますが…。
一切反応無し(笑)

ここまで漕いできて
この仕打ちはかなり身体に応えました…。
気温も上がり、日差しが容赦なく
照り付けていたので
さすがにそろそろ帰らないとな…。
潮が動くまで粘りたかったんですが
なくなく漁礁を後にしました…。

岸に戻る途中で…。

今日は全然ダメだったなぁ~っと
反省しながら戻っていると
魚探に反応が!
これはラストチャンスかな?
直ぐにジグを落とすと
急にカヤックの周りでナブラが発生!
マジかぁ~!
早く着底してくれっと思っていると
なかなか着底しない?
水深は20m位だから
もう着底しても良いはず…。
もしかして…魚が掛かってる??

放出するラインを抑えて
ロッドで訊いてみると
やっぱり掛かってる(笑)
アワセ入れるとすっぽ抜けそうで
怖いですが、意を決してアワセを
入れると…無事にフッキング成功♪
青物っぽい引き…上がってきたのは…

イナダでした♪
肉付きも悪くなかったので
今回はキープしてみました。

ヒットルアーはダイワの
TGベイト45g
カラーはPHグリーンゴールドでした♪

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
鉛の約1.7倍の比重があるタングステン製のため、小さくてもウエイトがあり、ストレスのないロングキャストが可能。従来のジグでは大きすぎて食わないターゲットに最適。イワシを模したリアルシェイプ。さらに左右非対称デザインにしたことで、ベイトのようなアクションが可能に。リトリーブではスイミングアクション、フォールでは水平に近い姿勢でスライドし、弱ったベイトを演出する。
Amazonで口コミをチェック

直ぐに群れは居なくなり
再び岸に向かって漕いでいると
またもや魚探に反応が!
今度は何かな?
ジグをボトムまで落として
2回位ジャークを入れた所で
バイトが!
しかしフッキングせず…。
少しジグを上げて追い食いが
無かったので、ジグを再び
ボトムに落として
ジャークを入れると…”ゴン”っと
きたところでアワセを入れて
フッキング成功♪
少し重たいけど何かな??
上がってきたのは…

キジハタ♪
上がってきた時に
エビやらタコやら色々と
吐き出してました(笑)

ヒットルアーは同じく
ダイワのTGベイト45g
カラーはPHグリーンゴールドでした♪

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
鉛の約1.7倍の比重があるタングステン製のため、小さくてもウエイトがあり、ストレスのないロングキャストが可能。従来のジグでは大きすぎて食わないターゲットに最適。イワシを模したリアルシェイプ。さらに左右非対称デザインにしたことで、ベイトのようなアクションが可能に。リトリーブではスイミングアクション、フォールでは水平に近い姿勢でスライドし、弱ったベイトを演出する。
Amazonで口コミをチェック

その後は魚探に反応が出る事は無く
休み休み岸まで戻りました。

やはりこの時期の
カヤックフィッシングは
かなり辛いです…。
油断したらすぐに熱中症に
なってしまいそうです…。
長い距離を漕ぐとやっぱり
キツイので2馬力ボートが
欲しくなりました…。

まだまだ日中は
暑い日が続きそうなので
体調を気にしながら
釣りを楽しみたいと思います♪

スポンサーリンク

タックル

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生!ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
よつあみ(YGK)
世界最高糸質アップグレード。受け継がれた血統、木魂するスピリット ONE AND ONLY BEST、UPGRADE !高密度ピッチ製法×WX8工法×GP加工×HST加工が可能とした圧巻のパフォーマンス。一般的にPEラインは、高密度にピッチを細かく組み上げると耐磨耗性が上がり直線強力が落ちる。逆に低密度でピッチを粗く組み上げると、糸が直線的になり直線強力が上がり耐磨耗が下がる。X-BRAID UPGRADは、その相反する性能の両方を世界最高レベルで実現し、(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたオールカテゴリーハイクオリティーハイパワーPEラインです。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
DUEL(デュエル)
フロロカーボンとナイロンをブレンドした強力複合素材「カーボナイロン」を採用。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。
Amazonで口コミをチェック


応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-カヤックフィッシング
-, , , , , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.