カヤックフィッシング

釣ってる人は釣ってるんだよなぁ~…。-新潟県柏崎-タイラバ

2020-06-08

20/6/4
新潟県柏崎

なかなか釣れてくれない
真鯛を求めてカヤックを出してきました。
釣れていないわけではないけど
数が少ないっと自分がカヤックを
出している所の漁師さんは言ってましたね…。
望みがないわけではないので
頑張ってみましたが…。




ベタ凪無風で最高!

釣り場に到着。
今日はとても釣り易そうな天気!
そそくさとカヤックを準備して出艇!!

自分の他にもう一人カヤックの方がおり
足漕ぎカヤックでした。
自分のカヤックと比べると
デカくて重そうだけど、
広いし、幅も長さもあるので
安定感があるだろうなぁ~…欲しい(笑)

海に出てみると
理想的なベタ凪無風♪
しかし、予報だと西風が吹くので
出艇場所から西向きに進路を取って
帰りの事を考えながら漕いでいきました。

今のところめぼしいポイントを
見つけられていないので
魚探を見ながら勘で進むしかありません。
本当になだらかな場所なんですよね…。

とりあえず沖まで漕いでいき
水深25m付近まで到着。
自分の中では水深25m付近で有れば
向かい風でも陸に帰れるだろうと
思える距離なのでこの辺りで
魚の反応が無いか流していきました。

すると…海面に泡がプクプクと
湧きだしている…?

ガスか何かが出ているのかと思いましたが
魚探には今まで見た事もないような
魚の反応が…
泡を魚だと誤認識しているのかな??

とりあえず試しにタイラバを落としてみると…。
コツコツっとアタリが…。
これは誤認識ではなく魚の群れが下に居る!!
ここから泡を目印に魚の群れを
追いかけながらの釣りを始めました♪

スポンサーリンク

チャンスだったのに…風が…。

泡の進む方向を見ながら
カヤックで先回りして
真下に魚が来るタイミングで
タイラバを落として魚からの反応を
見ると魚が触ってきますが
ハリ掛かりはしない感じ…。

タイラバを突いてきてるのか?
それとも魚がラインに当たっているのか??
そもそも魚の正体は何なんだろうなどと
思いながら群れを追っていきます。

群れが通り過ぎたくらいの
タイミングでボトム付近に魚が
写りこみました…。
これはもしかして…。
期待しながらタイラバを落とし込んで
巻き上げていくと…ボトムから少し
巻いたところでアタリが!
これは…もしかして真鯛なんじゃ?
一定のスピードでリールを巻いていき
重みが乗った所で軽くアワセを入れて
フッキング成功!!

バレるなよぉ~っと祈りつつ
リールを巻いていきますが
抵抗はするもののちょっと軽い…。
真鯛だとしてもあんまり大きくないな
でも釣れてくれればとりあえずOK!
水面近くまで上がってきた…魚影は赤い!!

ホウボウでした(笑)
真鯛ではなかったけど
美味しい魚なので嬉しいです♪

ヒットタイラバは
シマノのタイガーバクバク45g
オレンジゴールドでした♪

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
使いやすさを追求した遊動式タイラバです。炎月の初代鯛ラバ"満月TG"を参考に、素材を鉛に変更。両サイドのフラット面はそのままに。シェイプを細く絞りこむことで、安定した泳ぎを実現しました。独自の遊動用スルスルパーツはネクタイ交換が簡単に行えます。
Amazonで口コミをチェック

釣れる魚は居る…。
再び泡を探しながら魚の群れを
追いますが…ここで風が吹き始めました…。
湖のようだった水面が一気にさざ波が
出てしまい嫌な感じ…。

それでも水面に出てくる泡を探して
タイラバを落とすを繰り返すと
ホウボウをもう一匹追加する事に成功♪
しかしそこからさらに風が強くなり
これはダメだな…って事で
後ろ髪を引かれる思いで
釣りを諦めて陸に上がりました…。

風向きが予報と少し違い、
白波も少し立ってきたので
直ぐに上がって正解でした。
波の予報が低くても、風が吹くと
やっぱりどうにもなりませんね…。

同じタイミングで出艇していた
足漕ぎカヤックの方は
真鯛を2本上げていました…。
まだまだ修行が足りません…。

スポンサーリンク

タイラバタックル

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
「紅牙X」は、全国的にますます盛り上がりを見せるタイラバゲームに最適な1本。柔軟で食い込み性能に優れたカーボンソリッド穂先に、目に見えないロッドのネジレを抑える強化構造「ブレーディングX」を採用。30g程度から150g程度まで、さまざまなサイズのタイラバに対応する3アイテムをラインナップ。「車移動時やプレジャーボートでも簡単に持ち運びたい」、「ジギングやボートエギングと一緒にタイラバもしたい」と考えているアングラーの要望に応える持ち運びやすさ・手軽さ重視のセンターカット仕様。本格的にタイラバをはじめたいアングラーはもちろん、ジギングやボートエギングの合間に楽しむサブロッドとしてもおすすめ。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
ICカウンター搭載、LIGHT SW用軽量小型手巻きリール。高剛性スーパーメタルフレーム:スーパーメタルフレームだから負荷が掛かってもフレームの撓みがなくパワフルな巻上げが可能です。100mmダブルハンドルにEVAハンドルノブ:ハンドルアームは100mmとロング仕様でハンドルノブは滑り難い大型EVAハンドルノブだから幅広いターゲットに対応可能です。PE1号-200m浅溝スプール:下巻きいらずPE1号-200mの浅溝スプール。カウンターの初期設定はPE1号-200mになっています。スーパースプールフリー:クラッチOFF時はスーパースプールフリーだから、スムーズで高速な仕掛け落下が可能です。ラインストッパー:ラインを止めておく事が出来るので、レベルワインドにまたラインを通す手間が不要です。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
よつあみ(YGK)
細い事の優位性・強い事の支配力を無双レベルまで高めた極上WX8PEボーンラッシュ。世界最大のPE製造工場からもたらされる、組ピッチの精度を極限まで高めて得た「均質の編み込み密度」をもって究めて安定した強度を実現。特許技術HST. WX工法による耐摩耗性強化・ローストレッチを実現したことにより、ディープエリアや繰り返されるガイド摩擦への耐性に驚くべき有効性を発揮します。また、セレクティブになった鯛に違和感を与えずにカウンター付リールから得られる核心的要素を最大限活用する戦略的アプローチを可能とする染色パターンを採用。80・90捕獲をも視野にいれた最強鯛ラバー専用ラインの誕生である。
Amazonで口コミをチェック


応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-カヤックフィッシング
-,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.