キジハタ釣行記事

バラシとすっぽ抜け…。6/24 新潟県柏崎 キジハタ

2018-06-29

メバル釣りを終えて
一旦休憩を取り、朝のキジハタ狙いへ。
昨年、お互いにパーフェクト坊主だった
ピチさんとコラボ釣行に行ってきました!
昨年のリベンジマッチです♪



ウネリが強くて…。

ピチさんと合流し、ポイントに向かいますが
思いの外ウネリがあり、
入るのを一旦見送ります。
仕方がないので、少し移動して別の場所に
入りました。
簡単に場所の説明をして釣り開始!!
1時間くらいやってみても2人とも
アタリも何もない状態…。
フグすら居らず。
ちょっと移動してみますが、
そっちも同じようにアタリなし…。
これはヤバイ!
去年の悪夢が甦ります…。
また2人ともパーフェクト坊主かも。

ウネリが落ちて最初のポイントへ

周囲が少しずつ明るくなり
足元も見えるようになってきたタイミングで
移動しました。
最初に入ろうと思っていた場所に向かいます。
幸い、最初よりもウネリが弱く
なって来ていたので、ポイントに入れました。

朝まずめのキジハタを求めて
探っていきます。
水面にベイトが居るようなので
さっきまでの場所よりかは期待出来そうな
雰囲気が…生命感が有るだけでも
気持ち的にプラスです♪

18gのシンカーで上から下まで探って行くと
ボトムの根回りでアタリが…
少し食い込ませてから、大きくアワセを入れて
フッキング成功!
サイズは小さいけどこれでボウズ逃れだぁ〜!
上がってきたのは、本命のキジハタではなく
カサゴ?ムラソイ⁇キャッチしようと
思ったところでフックアウト…。
オートリリースとなってしまいました…。

スポンサーリンク

ボトムを丁寧に探って…。

本命では無かったけど、
とりあえず魚はちゃんといる♪
モチベーションを上げて、本命ゲットを
目指して丁寧に探っていきます。
その後アタリが無いので、
ワームをローテションして
反応のあるワームを探していきます。
北陸クリアホロのバグアンツ4インチに交換して
1投目でした。
ボトムでの移動距離を抑えながら
丁寧に探って行くと…コツコツっとアタリが…
少し食い込ませてから、アワセを入れて
フッキング…せずにすっぽ抜け…。
あぁ〜っと膝から崩れ落ちました。
うーんアレでフッキングしないと辛い。
しかし、反応のあるワームを見つけたので
諦めずに続けます。
アタリのあった所をもう一度丁寧に通します。
すると…再びアタリが…。
今度こそ…。
モグモグしている感じが伝ってきます
一拍置いてから、アワセを入れると
今度はしっかりとロッドに重みが乗りました♪
フッキング成功!
なかなか良い感じの引きだけど、
ちょっと軽いかな?
でもカサゴとかムラソイの引きじゃ無い…。
上がってきたのは…

本命のキジハタ!!
来てくれてありがとう!
サイズは兎も角、これで2週連続でゲット♪
始める前はボウズ覚悟でしたが、
何とか釣れてくれてるので嬉しいですね!

ブレード付けて巻いてると…。

何とか1匹ゲットしましたが
後が続かないので、底狙いから
中層〜表層狙いにチェンジしました。
キジハタグラブの4.5inchに
ブレード
を付けて、リトリーブで探っていきます。
テンポ良く探って行きながら
ピチさんお様子をチラ見した時に
急にティップが入りました。
完全に油断していたので、
案の定根に潜られました…。
仕方が無いので、テンションを軽く抜いて
魚が動くのを待ちます。
動いているのを感じた所で、
大きくロッドを煽って引き剝がしに
掛かりますが…失敗。
今度こそダメかなぁ〜っと思いつつも
再びラインテンションを抜いて
動くのを待つと…再び動き始めました。
今度はさっきよりもガマンしてから、
大きくロッドを煽ると…根から出てきてくれました♪
そこからはゴリゴリ巻いて、
寄せてきて、後は抜き上げるだけの所で
フックアウト…。
もう少しだったのに…。
魚の正体はキジハタでした…。
その後は、小さなカサゴをこれまた
手前でポチャんして終了となりました。

本命釣れたけど、オートリリースし過ぎな
釣行でしたね…。
ピチさんは…残念ながら…でした…。

最後は1時間くらいダメリング
今度はアオリイカの時期に頑張りましょう!!
っと次回のターゲットを決めて解散しました。

次はポイント開拓とサイズアップ目指して
頑張ります♪

スポンサーリンク

使用タックル

パームス(Palms)
ショアスローの基軸モデル。ロッドパワーの違いで引き出すジグのアクションをコントロールするショアスローにおいて、中心となるパワーを備えたモデルです。活性や状況が把握できないシーンでは、このモデルからゲームを組み立てることをおすすめします。小径ガイドの採用、ティップパワーの向上等により、的確に水中のジグをコントロールします。
Amazonで口コミをチェック
シマノ(SHIMANO)
シマノの新モデルSTRADIC〈ストラディック〉は、「永遠に変わらない巻きごこち」をめざすためのシマノの設計思想「HAGANE」によって誕生した。その高い耐久性と変わらないフィーリングは、トップアングラーも納得のパフォーマンスを発揮する。真に使い込めるリールとして。信頼できるパートナーとして。STRADICが、スピニングリールを変えていく。
Amazonで口コミをチェック
よつあみ(YGK)
世界最高糸質アップグレード。受け継がれた血統、木魂するスピリット ONE AND ONLY BEST、UPGRADE !高密度ピッチ製法×WX8工法×GP加工×HST加工が可能とした圧巻のパフォーマンス。一般的にPEラインは、高密度にピッチを細かく組み上げると耐磨耗性が上がり直線強力が落ちる。逆に低密度でピッチを粗く組み上げると、糸が直線的になり直線強力が上がり耐磨耗が下がる。X-BRAID UPGRADは、その相反する性能の両方を世界最高レベルで実現し、(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたオールカテゴリーハイクオリティーハイパワーPEラインです。
Amazonで口コミをチェック
DUEL(デュエル)
フロロカーボンとナイロンをブレンドした強力複合素材「カーボナイロン」を採用。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。
Amazonで口コミをチェック
Berkley(バークレー)
パルス(波動)!「パルスワーム3.2インチ」 新フォーミュラ配合で、"ぷるぷる"&"もちもち"に生まれ変わり、釣果30%UP!

Amazonで口コミをチェック
ダイワ(DAIWA)
硬度の高いブラス(真鍮)合金製のロックフィッシュゲーム専用シンカー。パイプ内蔵でラインを傷つけにくく、カラーはアイナメやソイ・アコウ(キジハタ)類にアピール力が高いゴールドカラー。底面に丸型の凹みを設けており、大型ワームにも対応。

Amazonで口コミをチェック
オーナー(OWNER)
【1タテカン型ラインアイ】高機能
【2MFコーティング】高貫通性&形状とのバランス
【3ロングネック】ワームズレ激減
【4ベンド形状】シルエットの一体化

Amazonで口コミをチェック


スポンサーリンク


よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-キジハタ釣行記事
-, ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2021 All Rights Reserved.