ロッド

エバーグリーン SPRS-70L-T スカウトマスター【インプレ】

2020-09-26

インプレを書くと言っておきながら
長らく放置していたので
台風で釣りに行けないタイミングに
乗じてインプレ記事を上げたいと思います。

まず最初は、エバーグリーンの
SPRS-70L-T スカウトマスターのインプレになります。




スカウトマスターの使用用途

自分の場合はメバル狙いで使用する事が多いです。
ジグ単・プラグ・フロートなどを
ストレスなく一本のロッドで
こなせるので非常に便利です♪

メバルだけではなく
アジ狙いの際も、PEタックルとして
持ち込みます。
アジのサイズが尺以上と言った場合は
エステルだと効率が悪くなりがちなので
スカウトマスターを使用します。

その他にも、7g位までの小型のメタルジグや
ライトなワインドをする時なども
スカウトマスターを使用しています。

スペック

エバーグリーンHPより引用
1g前後のジグヘッドリグからスプリットショットリグ、小型プラグ、10g前後のキャロライナリグ・フロートリグまで幅広く対応。軽量リグから伝わる小さな変化を感じ取る繊細さと、中重量リグをストレスなくキャストし操作する強靭さを、超軽量な7フィートレングスの中で絶妙に調和。状況に応じて多様なリグを幅広く使いこなし、狙う魚のポジションやパターンを素早く解析、より効率的な釣りを可能にする、ライトクラス・バーサタイルチューブラーの到達点。

全長: 2.13m
自重: 約55g
パワー :ライト
適合ルアー重量:0.4~10g
適合ライン:PE0.2~0.5号(MF1~3lb)

ルアーの適合ウエイトが広くて
この竿一本で様々なリグを扱う事が出来ます。
現場にタックルをあまり
持ち込みたくない時には非常に重宝します♪

その他の情報については
メーカーHP参照をおすすめします。
スカウトマスターの製品紹介ページ

タックルセッティング

スカウトマスターに合わせている
タックルはこちらになります。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
ローター&ボディにCI4+採用。最先端の超軽量モデル。「ヴァンキッシュ」の意志を引き継ぎ、より先鋭的な軽量を追求したのが「レアニウムCI4+」です。CI4+素材による「マグナムライトローター」、専用設計の「AR-Cライトスプール」搭載は「ヴァンキッシュ」譲り。さらにボディ素材にCI4+を採用することで、さらなる軽量化を達成。もちろん、実釣における十分な剛性は確保。「X-SHIP」、「CFギア」の採用で負荷が掛かったときの巻き上げも軽々。XGまでのハイギア設定を可能にし、ライトゲームの可能性を拡げます。
Amazonで口コミをチェック

created by Rinker
よつあみ(YGK)
細い事の優位性・強い事の支配力を無双レベルまで高めた極上WX8PEボーンラッシュ。世界最大のPE製造工場からもたらされる、組ピッチの精度を極限まで高めて得た「均質の編み込み密度」をもって究めて安定した強度を実現。特許技術HST. WX工法による耐摩耗性強化・ローストレッチを実現したことにより、ディープエリアや繰り返されるガイド摩擦への耐性に驚くべき有効性を発揮します。また、セレクティブになった鯛に違和感を与えずにカウンター付リールから得られる核心的要素を最大限活用する戦略的アプローチを可能とする染色パターンを採用。80・90捕獲をも視野にいれた最強鯛ラバー専用ラインの誕生である。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
モーリス(MORRIS)
Tic(チタンコート)による驚異の耐摩耗性能で、攻め抜く釣りを強力サポート!Tic(チタンコート)の効果で耐摩耗性能が大幅にアップ。※当社比.SP-T(スーパータフコーティング)の効果により吸水劣化などを抑制。フロロカーボン本来の性能を引き出します。※当社比.携帯に優れた薄型スプール採用。糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。便利な号数別スプールバンド付き。
Amazonで口コミをチェック

使用しているポイントは
足場の低いところが中心です。
水深も~6m位の場所での使用が多いです。

メバルのプラッキングでの
使用がメインなので0.4~0.6号までの
PEラインを使用しています。

スポンサーリンク

使用感

ジグヘッドであれば
下は1g前後までは気持ち良く扱えます。
アジを狙う際は1.5g位を使う事が多いです。
上は7g位までは使いますが出番は少ないです。

ワインドの場合は3~7g位が扱いやすく
小型のメタルジグは3~7g位が個人的には
扱いやすいです。

プラグの場合は2~8g位の
ものまで使いますが
軽量のプラグでも気持ち良く投げられて
シッカリと引き抵抗や巻き抵抗を
感じ取る事が出来るので
潮の変化を捉えやすいです♪

この他にもフロート、
スプリット、キャロなど
幅広いキャストウエイトを活かして
ライトゲームで使用する多くのリグを
扱う事が出来ます。

パワー

メバル狙いの時に使用しますが
特に魚にのされる事は無く
安心してやり取りする事が出来ます♪
30㎝近くのメバルはもちろん
40㎝位のサバなどでもロッドパワーで
せる事が出来ます♪

尺アジのシーズンになったら
エステルタックルではなく
PEタックルを持ち出すので
スカウトマスターの出番が増えていきます。

スカウトマスターの鱗付けでは
色々な魚を掛けて
ロッドパワーを体感する事が出来ました♪
もし良ければご覧ください

個人的な評価は…。

バーサタイルロッドと言うと
全てが中途半端な印象なんですが
このスカウトマスターに関しては
どのリグを使用しても
それなりに使えるって感じじゃなくて
高い操作感で使用する事が出来る
バーサタイルロッド
だと思います。

ルアー適合重量の幅広さを活かして
一本のロッドで釣り場の状況に
合わせたリグで釣りを展開する事が
出来るので、アングラーにとっては
武器になるロッドだと思います♪

ロッドに伝わる海の変化や魚からの
アタリなどもクリアに手元に伝わり
非常に感度の良いロッドです。
それでいてバットパワーも申し分なく
尺アジはもちろん尺メバルや
小型の青物なんかとも不安なく
やり取りできるので余裕をもって
ファイトする事が可能です♪

特に不満に感じる点は正直有りません
ハイエンドモデルなので
価格が高いですがそれに見合った
ロッドだと思います。

これは当たり前な事なんですが
バーサタイルロッド故、
特定の釣りに特化したロッドには敵いません。
これはバーサタイルロッドなので…としか
言いようが有りませんね…。
ただ、ミドルクラスの特化ロッドよりも
良いと思います♪

理想としてはスカウトマスター一本と
釣り場やターゲットに有ったロッドを
持っていくのが良いですね♪
自分の場合は、ジグ単のアジ狙いであれば
ファインセンサーとスカウトマスター
少し重たいリグが
主体で有ればスカウトマスターと
マイティーハンツマンなど

スカウトマスターを噛ませる事で
釣りの幅に広がりを持たせられるので
”もう一本持ってくれば…”などの
後悔が少なくなる気がします(笑)

逆にバーサタイルロッドなので
特化ロッドと比べてしまう事が多くなり
不満に思う部分が出てきてしまうので
マイナス面ばかり見えてしまうのが
バーサタイルロッドが中途半端とかって
言われてしまう理由なんだと思います。

考え方を変えれば一本のロッドで
沢山のリグを扱えるので
凄いロッドなんですけどね…。
そんなバーサタイルロッドの中でも
高いレベルで満足させてくれる
とても良いロッドだと自分は評価しています(笑)

created by Rinker
Evergreen
効率を加速させるライトクラス・バーサタイルチューブラー。スカウトマスター1g前後のジグヘッドリグからスプリットショットリグ、小型プラグ、10g前後のキャロライナリグ・フロートリグまで幅広く対応。軽量リグから伝わる小さな変化を感じ取る繊細さと、中重量リグをストレスなくキャストし操作する強靭さを、超軽量な7フィートレングスの中で絶妙に調和。状況に応じて多様なリグを幅広く使いこなし、狙う魚のポジションやパターンを素早く解析、より効率的な釣りを可能にする、ライトクラス・バーサタイルチューブラーの到達点。
Amazonで口コミをチェック
スポンサーリンク


よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-ロッド
-,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.