フィッシングショー

釣りフェスティバル 2020 in Yokohamaに行ってきました♪【後編】

2020-01-27

不思議なもので、出展リストだと
目に留まらなかったメーカーでも
現地で見るとついつい目を引かれてしまう
ものが多いんですよね♪

今年はオフショアにも手を出そうと
しているので、それを含めいて色々見て
来ようと思っていましたが
結局あまり見れなかったかも…(笑)

後編では会場を見て回って
目に留まったものを中心に
ご紹介していきたいと思います♪




釣りドコ

こちらは釣り具ではなく
WEBサービスになります。
海釣りをするうえで
参考にするツールとして”海図”が
有りますが、鮮明なものは少なく
かつ無料で見れるものでは
水深位しかわからない事が多いですが
この”釣りドコ”は航空レーザー測量で
作成した海底地形をインターネット上で
見る事が出来ます。

このような海底地図を見る事が出来ます。
ショアから釣りをする人にとっては
とても参考になる情報なので
ポイント開拓する際には
とても役に立つと思います♪

ただし、測量できる水深は30mまでで
現在は3エリアしか見れません。
今後は全国の釣り場を測量していく
そうなので今後に期待です♪
また、WEB上で会員登録すると
公開されているエリアの釣果情報も
見れるようです♪
海底地図自体は、会員登録せずに
見る事が可能なので
一度確認してみると面白いと思います♪

「釣りドコ」
https://turidoco.com/

GARMIN

こちらは魚探メーカーのようで
最近オフショアの事を調べている時に
初めて名前を知りました。

改めて思ったのは、
魚探て凄いですね…。
値段が高いものだと
ホント鮮明に地形を把握する事が
出来るんですよね…。
見ているだけで面白かったです♪

自分の場合はゴムボートやカヤックで
使用するような安価な魚探を
探していたので、今回現物を見る事が
出来て本当に良かったです♪
STRIKERクラスであれば
3万円位でGPSや水温計機能などが
付いているので、買うならホンデックス
よりもこちらかなぁ~と思っています♪


頑丈なデザイン - 新しい頑丈な、屋外の外観はあなたのライフスタイルを補完します。優れた性能と厳しい海洋環境に耐えることができます。高感度GPS - 内蔵のGPS受信機は、あなたのお気に入りの釣りスポットをマークし、明日それに戻って取得することができます。これはまた、あなたがトローリングされているどのくらいの速を知っているように、デバイスがGPS速度を表示することができます
スポンサーリンク

hayabusa フリーノット

冬の釣りで好んで愛用している
アンダーウェアはフリーノットの
シープバックの超厚手です♪

ジッとしていても温かい!!全国の釣り人が求めた快適な保温性を兼ね備えた光電子アンダーシャツ(超厚手タイプ)

価格は高いですが
これ無しでは冬の釣りは考えられません!
保温性が高く、真冬の新潟でも
寒さを感じません♪
釣り以外でも、寒いところに
行く時は愛用しています♪

そんなフリーノットが出している
アンダーウェアの中でも
最も保温性が高いのが
”もちはだ”になります♪

”シープバック”と”もちはだ”の
違いとしては、保温性は”もちはだ”
の方が高いですが、汗をかいた時の
水捌けが悪く、逆に汗冷えを
起こす可能性があるので
動きの少ない釣りに向いている
との事でした。
なので動きのあるルアー釣りの場合は
”シープバック”の方が適しているそうです♪

夏の釣り場合は”HYOON”シリーズが
有りますが、今年リニューアルする様で
更に涼しさが得られるようになっていました。
従来のものと比較体験してきましたが
段違いでしたね…一瞬で冷えました(笑)
”HYOON EX”は今年の4月に発売するようです♪

Aqua Rideo・武周木工

こちらは壁掛け用のフックを販売しており
ホチキスを使って壁に固定するものになります。
ホチキスであれば壁の穴も小さくて済みますし
何より、下地が不要なので
色々な事を気にせずに固定できます♪


こちらを利用して、壁にルアーやリールを
飾るための木工を販売しているのが
武周木工さんになります。

Aqua Rideoさんでは
釣り具以外にも様々なラックが
販売されていて、ワインや自転車
サーフボードなども壁掛けにできるようです♪

イクシー motte(モッテ)

こちらはルアー釣りよりも
磯竿などの長いロッドを使用する
釣りをする際に、あると便利なアイテムです。


”モッテ”はラインをロッドに固定する事が
出来るので、穂先への糸絡みを防ぐほか
風が強い日などにラインを結ぶ際に
ロッドにラインを固定する事で
風の影響を受けにくくして
ラインを結んだ入りエサを付けたり
する事の出来るアイテムです。
まだ発売されていないようですが
あると便利なアイテムでしょうかね♪

スポンサーリンク

気になった新製品

ヤマシタからエギ王Kのnewカラーが
4種類登場します♪

全てケイムラになっているので
アピール力は抜群だと思います♪
今のところ3.5号のみのようですが
サイズ展開もしていくと思われます。

メイホウからはライトゲーム用の
スリットフォームケースが
新しく発売されます。

ワーム用のライトゲームケースJと
ドッキングが可能なのも嬉しいところです♪
厚さは22㎜とライトゲームケースJと
同様の厚みになっています。

BM-5000の中皿、VS-7080の中皿にシステム収納が可能。VS-7070/VW-2070/VS-7055/VW-2055の上段にシステム収納が可能。一体式バックル採用で一発開閉が可能。スリットがハッキリ見える、特殊技術のスリット加工を採用。機動力を損なわず状況に合わせたケースの組み合わせが可能。ライトゲームケースJとジョイントが可能。

個人的にはライトゲームケースJの
縦仕切りバージョンが欲しいんですけどね…。
発売してくれないかなぁ~(笑)

第一精工からは
ラインの切れ端などを回収する
切れ端×糸クズワインダーと
ゴミを回収する
ジャンクポケット#65が発売になります。

既に発売されている糸クズワインダーとの
違いは、回転シャッターが付いた事によって
糸の切れ端も回収できるようになった事
でしょうかね…?

ジャンクポケットはライトゲームにおける
ワームやジグヘッドなどで
使えなくなったものを回収する
ケースになります。
要はごみ入れです。
カラビナ付きですが、ベルトにも
固定できるようになっています。

この他にも色々な新製品などが
展示されていましたが
もう覚えていません(笑)
釣り具を見ているよりも
色々なブースで話をしたり
聞いたりしている時間の方が
長かった気がします♪

ソルト関係の製品はやはり
新潟フィッシングショーでゆっくり
見るとして、著名なアングラーの方や
プロの方々とお話しできる機会は少ないので
それだけでもやはり行く価値は
あるんじゃないかなぁ~っと思います♪
また来年行きたいですが、
来年こそは大阪へ…♪



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ


-フィッシングショー
-

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.