アジング アジング釣行記事

台風後の海でヒラメ!ー新潟県柏崎 アジング・エギング

2019/10/16
新潟県中越:柏崎
甚大な被害をもたらした
台風19号が過ぎてから初の釣りに
行ってきました。
台風後、海がどんな感じに
なっているのか気になっていたので
今回も平日釣行です。



心配していたけど…。

天気予報だと、波・ウネリ共に
有る予報だったので、どこのポイントに
入ろうか悩みましたが
とりあえず釣り場を見て決める事にしました。

釣り場に到着して、波とウネリを確認し
ギリギリ大丈夫と判断して
釣り場に入りました。
時折、強いウネリが来ますが
とりあえずは問題なし。
足場の高い位置で釣り始めましたが
イカからの反応は無し…。

一応アジも確認しましたが
こちらも反応無し。
アジよりもイカの方が時間的に
期待できそうだったので
とりあえずエギングに集中しました。

中々反応が得られず
イカはダメかなぁ~っと
思っていたところで
フォールからのシャクりで
グイングイン…スッ…。
あぁ~貴重なイカが…。

とりあえずイカは居るようなので
諦めずに頑張りましたが
その後反応が無い時間が続きました。
時計を確認するとアジが釣れても
おかしく無い時間になっていたので
一旦エギングを中断して
アジが回ってきていないか
確認しましたがこちらも反応無し。

月明かりが明るいので
アジは厳しいかも…。
エギングに戻して探っていきます…。
ここでエギを餌木猿にチェンジして
みると…一投目で…モゾっとした
違和感が…これは抱いてる♪
重みはあまりないのでサイズは
小さそうですがとりあえず丁寧に
寄せていきます。

イカは釣られているのに
気がついていないようで
途中までは全く無抵抗でした(笑)
カンナに掛かってないのかな?っと
不安になりましたが、そんな事もなく
抵抗し始めたので、最後までバレない事を
祈りながらランディングしました。

ちょっとサイズは小さいですが
釣れてくれて良かったです♪

ヒットエギは林釣漁具製作所の
餌木猿の松SPノーマル金テープピンク3.5号でした♪

知る人ぞ知る土佐の凄腕エギンガー「松っちゃん」(ハヤシフィールドテスター)による、餌木猿のスペシャルチューンモデル。よりダートアクションを演出するシンカーを搭載し、3.5号はノーマルタイプに加え、深場攻略や素早くボトムをとるためのディープ、浅場攻略とスローフォール用のシャローを。さらに数釣りやサイトにもオススメのダウンサイズ3.0号をそろえた盤石のラインナップ。

やっぱり餌木猿は釣れますね!
苦しい時に頼りになります♪

その後は反応無し。
朝も投げてみましたがダメでした。
腕が無いのでなかなか厳しくなってきました…。

スポンサーリンク

遅い回遊

アジの時間になったので
アジングに集中しますが反応が無い…。
これはおかしい??
暗い時間に回遊が有って
明るくなると群れが
抜けていくのがいつものパターン
なのにアジが居ない?

次第に空が明るくなってきて
ライトがいらない時間になってきた
所でやっとアタリが♪

微妙なサイズですが
とりあえず一匹目をキャッチ♪
ヒットルアーは
スロットルのアジスケシャッド
カラーはシラスグロー
でした♪

巻いて良し!落して良し!の微波動シャッドテールアジスケシリーズの派生モデルのシャッドテールTYPEが新登場。巻いても良し!落しても良し!のマイクロシャッドテール。従来どうりおハイブリッドマテリアルを採用し、柔軟なテール部の恩恵で、1g以下の軽量JHのフォールでもテールがアクションし、ターゲットにアピールします。横のアクションに拘らず、シェイク&フォールなどのアジングらしい多彩なロッドワークに対応しています。通常のアジスケよりも若干アピールが欲しい状況下、たとえば、ベイトフィッシュに付くアジをターゲットにした時などに有効です。一定レンジを横の動きで誘い続けるメバリングにも高い効果を発揮します。

群れが入ってきたようで
連続で釣れますが、サイズはイマイチ…。
この日はレンジにうるさくて
いつもなら多少レンジがズレても
釣れてくれるんですが、
ちょっとでもレンジから外れると
アタリが無くなる感じでした。

ウネリもあり、アタリを取るのが
ちょっとやり辛く、面白いようで
少しストレスの溜まる釣りでした。
結局サイズは22,3㎝止まりで
数も15匹前後で時合い終了となりました。

なかなか尺アジが釣れてくれません。
やっぱり春のようにはいかないですね…。

スポンサーリンク

久しぶりに良いサイズが♪

アジの時合いが終わり
イカも狙ってみましたが反応が無く
何か釣れないかなぁ~っと
最近気に入っている
DD8のワインドをしてみると…。
一投目から…。

ソゲットです(笑)
本当にDD8はソゲが良く釣れますね♪
投げてボトム着底からダート
させてからのフォールでドスンときました。
アタリは良かったけど、釣り上げるまで
何の抵抗もなく上がって来たので
途中からはゴミだと勘違いしてしまいました(笑)

ヒットルアーは
ドリームアップのDSヘッド30に
DD8の3インチ、生カタクチでした♪

DD8(3インチ)に最適な専用設計ジグヘッド!ダートし過ぎのDD8に装着することで、さらに驚異的なダートを実現!
キレキレダート&スイミングで誘うD.D.8のDNAをそのまま拡大しました。ジグヘッドは各社ダートジグヘッドとの相性抜群。根魚、フラットフィッシュ、太刀魚、シーバスなどなどターゲットは無限。ヅレにくさ、強度を持たせたハード素材。スイミングでも波動が出るテール形状。

もっと大きいのが釣りたい…。

サゴシでも釣れないかなぁ~っと
思いながら投げますが反応無し。
ここでルアーチェンジ。

良く釣れると見聞きする
コアマンのVJ-16を使ってみました。

経験によって導き出されたジグヘッドデザインと、装着するコアマンワームとのマッチングで、ボディ全体が絶妙に揺れるバイブレーションを発生します。圧倒的な食わせ能力をもつワームが、より細かく振動してシーバスを強烈に誘う。しかもそれがまたぶっ飛びの飛距離なので、完全に反則レベルです。浮き上がりが早い設定なので、水深の浅いシャローエリアを根掛りを恐れずに、広範囲にガンガン攻めることが可能です。スレたシーバスをバイトにまで持ち込むことの出来るこのルアーが、新しい領域を拓きます。VJの圧倒的パフォーマンス。間違いないです。

とりあえず投げて巻く…。
思いの外飛距離が出る♪
バイブレーションジグヘッドだけど
手元に振動は伝わる訳じゃなくて
ワームのテールが細かく動いてる感じ?
引き抵抗が少ないので、巻いてても
疲れないかな??
など、探り探りで巻いていました。

オープンエリアで反応が無いので
根の際を通してみると…。
ゴン!っと激しいバイトが!?
キター!!
中々重量感と引き…。
根に擦られたらアウトなので
潜られないようにロッドで耐えますが
ドラグを出されます…。
キジハタかな??
走らなくなったところで
ロッドパワーで浮かせていき
巻き上げて根から離しにかかり
魚を上げていきました。

魚影を確認…良いサイズの
ヒラメ!!
ソゲじゃなくてヒラメ♪
魚を水面まで浮かせましたが
ランディング出来ない…。
キャッチネットじゃ入らない…。
ロッドでリフトするのはちょっと
躊躇するサイズだし…。
ウネリが有るからあまり下に
降りると危ないし…。

とりあえず掛かりどころは
悪くないのを確認したので
良さげなランディングポイントを
見つけたのでそこまで誘導し
ウネリに乗せて、エラに手を突っ込んで
ハンドランディングで無事にキャッチ!!


久々のヒラメサイズ!
良いお土産をゲット出来ました♪
ランディング出来て本当に良かったです(笑)

VJ初めて使いましたが
やはり話通りのルアーですね♪
これからは必ず忍ばせておこうと思います♪

そして、やっとマイティハンツマンの
ポテンシャルを感じる事が出来ました♪
このサイズのヒラメでも問題なく
寄せられるバットパワーが有りますし
まだまだ余裕が有りました♪
ライトゲームの幅が本当に広がる
感じがしますね!

その後は、サバが一匹釣れたのみで
時間になってしまったので
納竿としました。
ここ数週間のモヤモヤが
少し晴れた釣行となりました♪

2019/11/16

初めての佐渡遠征⑥‐アジング

19/10/30 新潟県佐渡島 夜の豪雨で寝たんだか 寝てないんだか良くわからない ままスマホのアラームが鳴り 釣りの準備を始めました。 佐渡遠征最終日。 アジングメインで、 もしもの時ようにショアジギタックルも 準備してポイントに入りました。 目次1 ギリギリのやり取りで…。2 最終日の釣果は3 遠征終了4 アジング使用タックル ギリギリのやり取りで…。 夜の豪雨の影響が心配でしたが 幸い濁りも入らず、水色はクリア。 風向きも予報通りで正面から受ける 感じですが、風裏なので問題なし。 波も昨日の夕マズメ ...

続きを読む

2019/11/16

初めての佐渡遠征⑤-アジング

19/10/29 新潟県佐渡島 夕マズメまでに 数か所目星を付けておいた ポイントの下見をしながら 最終的にどこに入るか かなり悩みました。 情報もなく、どこの場所でも アジは釣れそうだけど… サイズが出るかはわからない…。 こうなったら場所の雰囲気とカンに 頼るしかないので、今までの経験から ポイントを選びました。 目次1 アジの絨毯2 やっと求めていたサイズに…。3 少しだけ明かりの下で…のつもりが…。4 アジング使用タックル アジの絨毯 ポイントに入り水深や流れなどを 確認しながらアジの回遊を待って ...

続きを読む

2019/11/16

初めての佐渡遠征③‐アジング

19/10/27 新潟県佐渡島 アジが思いの外釣れないので ポイントを探して、車を走らせましたが なかなか良さげな場所を見つけられず…。 目を付けていたポイントを見てみますが なんかパッとしない…。 そんな事している間に日が 傾いてきたので、とりあえず目星を 付けていたポイントに入りますが…。 目次1 風が強くて…。2 常夜灯の効いたドシャローで3 冷えた体を温めに…。4 アジング使用タックル 風が強くて…。 予報だと東向きの風が強くなるので 風を避けられそうなポイントに入ってみましたが 全然ダメ…。 ロ ...

続きを読む

2019/10/19

台風後の海でヒラメ!ー新潟県柏崎 アジング・エギング

2019/10/16 新潟県中越:柏崎 甚大な被害をもたらした 台風19号が過ぎてから初の釣りに 行ってきました。 台風後、海がどんな感じに なっているのか気になっていたので 今回も平日釣行です。 目次1 心配していたけど…。2 遅い回遊3 久しぶりに良いサイズが♪4 アジング使用タックル5 エギング使用タックル 心配していたけど…。 天気予報だと、波・ウネリ共に 有る予報だったので、どこのポイントに 入ろうか悩みましたが とりあえず釣り場を見て決める事にしました。 釣り場に到着して、波とウネリを確認し ...

続きを読む

2019/10/19

引きも強くて楽しい!ー 新潟県柏崎 アジング

2019/9/28 新潟県中越:柏崎 エギングを止めて、アジに集中。 時間的にはそろそろ釣れても良い頃…。 アジの回遊を待ちつつ エギンガーにアオリが掛からないか 観察しながらアジの群れを待ちました。 目次1 アジの群れは突然に…。2 入れ食いの始まり3 アジング使用タックル アジの群れは突然に…。 反応が無いまま時間だけが過ぎていき まだかなぁ~??っと 思いながらキャストを続けていると 着水後のフォール中に、ラインの出方が おかしい?? これは食ってるなぁ~って事で ラインスラッグを取ってから アワセ ...

続きを読む

アジング使用タックル

アンダー1グラムの世界を明瞭にする超ウルトラライト。軽量ジグヘッドリグに特化。先の先から曲がる極細ファーストアクションのソリッドティップが僅かなテンションの変化をとらえます。1グラム未満・・・いや、0.5グラム未満のリグでもその存在や潮流を明瞭に感じながら細やかに操作することが可能。小型魚とのやり取りも楽しめる超繊細な感覚のロッドながら、バットには十分な強さを持たせることで、いざとなれば尺オーバーのターゲットにも余裕のポテンシャルを発揮。
かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。ボディ、ローターからハンドルに至るまで、全ての箇所への軽量化を徹底追求。現行モデルを凌ぐ圧倒的な軽量化に成功。それにより、さらなる操作性向上と感度アップを実現した。しかも、これだけの軽量化を施したにも関わらず、ボディ剛性、ギア耐久性、防水性を向上させるという軽量化とは相反する進化にも成功した。さらに、それだけにとどまらず、ステラ以外のモデルでは初となるロングストローク構造を採用し、遠投性能をも向上。ヴァンキッシュ史上最も進化したモデルと言えるだろう。どんな状況下でも、釣果を追い求めるストイックでテクニカルなアングラーに是非使ってもらいたいモデルだ。
巻ぐせやバックラッシュを緩和する「しなやかさ」を追求し、ジグ単や軽量メタルジグの釣りに高いポテンシャルを発揮します。 ●結節強度(リーダーとの結節)は最大約90%を達成。トラブルの減少とともに、根掛かり時の回収率が大幅にアップします。(結び方等によって結節強度は異なります。保証値ではございません。) ●白いヘッドライトで照らした際に際立って見える新カラー「レッドアイ」を採用。ガイドへの糸通しやリグの交換がスムーズに行えます。 ●リールにぴったり巻ききれる150m巻。
Tic(チタンコート)による驚異の耐摩耗性能で、攻め抜く釣りを強力サポート! ●Tic(チタンコート)の効果で耐摩耗性能が大幅にアップ。※当社比 ●SP-T(スーパータフコーティング)の効果により吸水劣化などを抑制。フロロカーボン本来の性能を引き出します。※当社比 ●携帯に優れた薄型スプール採用。 ●糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。 ●便利な号数別スプールバンド付き。

エギング使用タックル

ブランクス全体の強靭な反発力をさらに強化することで、バイトに対する瞬間的なフックセット性能、魚の頭をコントロールし主導権を渡さないファイト性能を高め、より確実に掛けられる、より確実に獲れる最強のパワーを追求。また、反発力の強化に併せてグリップ長を一握り分延長することで、リグを高速で弾き出し爆発的な飛距離を叩き出すロングキャスト性能を高め、同時にキャストウェイトの上限を拡張。超重量級リグを用いたライトゲーム未踏ゾーン攻略までも射程内に収めました。
NEWマグナムライトローター搭載。別次元の巻き出しの軽さ! 新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さを可能にしました。ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。
●超強力・高耐久 フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン」を採用したハイブリッドショックリーダー● ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。●扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。●必要な長さで糸がピタッと止まるジャストストッパー(PATENT)を採用したホルダーで、塩や紫外線をカット。



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-アジング, アジング釣行記事
-, , , , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2019 All Rights Reserved.