アジング釣行記事

SPRS-60XUL-S ファインセンサーの鱗付けは… 19/5/4 新潟県柏崎 アジング

2019-05-10

GWに物欲が止まらない…。
欲しいロッドが有る…欲しいリールも…。
遠征も控えているし…
せっかくだから買っちゃえ!!
って事で買いました…。
今月はマイナスだなぁ〜(笑)



鱗付けはまさかの…。

今回購入したのは、
エバーグリーンのソルティーセンセーション
スペリオル・ファインセンサーです!!

ファインセンサーは軽量リグに特化した
ロッドで1g以下のジグヘッドを
扱うのに欲しかったんですよねぇ〜!
FSで触れなきゃ良かった(笑)
アンダー1gを扱えるのに、バットパワーが
あるので、尺アジなら問題なくブッコ抜ける
らしい…確かに曲げた時のパワーは
素晴らしかった…早く試さなきゃ!

釣り場に到着。
ウネリが残っており
ギリギリ釣りが出来そうな状況。
いつもの立ち位置だと、波を被るので
海面から高さのある所に入って
釣りを開始しました♪

軽量リグを使いたかったんですが
状況的にあまり軽いと
風で飛距離が出ないし、
ウネリでリグの存在が
ぼやけそうだったので、
1gのジグヘッドで初めてみました。

当然の事ながら、ジグヘッドが何処にあるか
問題なくわかる♪
ウネリによるテンション抜けも
しっかり捉えられるのと、
ウネリの抵抗も手元にしっかりと
伝わってきます♪
ディップが入ってくれるので、
食い込みも良さそうな気がします。

ロッドの感覚を確かめながら
アタリがないかなぁ〜っと思っていると…
ウネリでテンションが軽く抜けた
タイミングで”コン”っとアタリが♪
アジかなぁ〜っと思いながら巻き始め
ましたが、ちょっと重い?
ロッドが違うせいかとも思いましたが
やっぱり重い…これはアジじゃない…?
簡単に浮いてきましたが、最後に抵抗
し始めます…。
ドラグをジージー出されましたが、ロッドのしなりとバットパワーで浮かせました♪
ライトを照らすのが嫌だったので、
魚の正体を見ずにブッコ抜きました…。
ネットでキャッチしてライトで
魚を確認すると…デカイメバルでした(笑)
コレは尺有るんじゃないのか??

すぐに測定してみると…。

ジャスト30cm!
また30cm丁度かよ…。
何故後0.3cm無いんだ…。
自分には30.3cmの壁が厚すぎます(笑)
後でツイッターのフォロワーさんに
引っぱりましょうと言われて
なるほどなぁ〜っと思ったのは内緒です。
もう後0.3cm成長して戻って
来てくれる事を願いリリースしました♪
ファインセンサーでの鱗付けは
まさかの泣尺メバルでした(笑)

スポンサーリンク

感覚の違うフッキング

泣尺メバルで鱗付けし
だんだんと明るくなるにつれて、
アジが釣れ始めます。
小さいのから尺までサイズは
バラバラな感じですが、
飽きない程度に釣れてくれました♪

そんな中で今までの感覚と違う事に
気がつきました。
普段使っている宵姫天の場合は
アタリがあってからアワセを入れると
すぐに魚の抵抗を感じたんですが、
ファインセンサーの場合はティップが
柔らかいせいなのか、一瞬アワセが
遅れてるような感じがします。
フッキングのパワーが
ロッドに吸収されているような感覚です。

コレが今までとは違う感覚で
違和感を感じてしまいました(笑)
フッキングはバッチリ決まってるので
問題は無いんですけどね。
魚とのやり取りは柔らかくても問題なく
しなやかさとバットパワーで
難なく魚を寄せられました♪

明るくなり、フグにワームを
齧られ始めたので納竿としました。
キープは3匹で大きいのとリリース不可の
魚だけ持ち帰りました♪

コレで状況に合わせて
ロッドを使い分けられるようになったので
アジングの幅が広がると思います♪
自分の場合は、1.5gのジグヘッドを
基軸として釣りをしてきたので
1g以下のジグヘッドの釣りは
あまり好んでやりませんでしたが
コレからは軽量リグでの釣りも
楽しんでいきたいと思います!
ファインセンサーなら小アジとの
やり取りも面白そうですし♪


アジング使用タックル

かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。ボディ、ローターからハンドルに至るまで、全ての箇所への軽量化を徹底追求。現行モデルを凌ぐ圧倒的な軽量化に成功。それにより、さらなる操作性向上と感度アップを実現した。しかも、これだけの軽量化を施したにも関わらず、ボディ剛性、ギア耐久性、防水性を向上させるという軽量化とは相反する進化にも成功した。さらに、それだけにとどまらず、ステラ以外のモデルでは初となるロングストローク構造を採用し、遠投性能をも向上。ヴァンキッシュ史上最も進化したモデルと言えるだろう。どんな状況下でも、釣果を追い求めるストイックでテクニカルなアングラーに是非使ってもらいたいモデルだ。
巻ぐせやバックラッシュを緩和する「しなやかさ」を追求し、ジグ単や軽量メタルジグの釣りに高いポテンシャルを発揮します。 ●結節強度(リーダーとの結節)は最大約90%を達成。トラブルの減少とともに、根掛かり時の回収率が大幅にアップします。(結び方等によって結節強度は異なります。保証値ではございません。) ●白いヘッドライトで照らした際に際立って見える新カラー「レッドアイ」を採用。ガイドへの糸通しやリグの交換がスムーズに行えます。 ●リールにぴったり巻ききれる150m巻。
Tic(チタンコート)による驚異の耐摩耗性能で、攻め抜く釣りを強力サポート! ●Tic(チタンコート)の効果で耐摩耗性能が大幅にアップ。※当社比 ●SP-T(スーパータフコーティング)の効果により吸水劣化などを抑制。フロロカーボン本来の性能を引き出します。※当社比 ●携帯に優れた薄型スプール採用。 ●糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。 ●便利な号数別スプールバンド付き。



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-アジング釣行記事
-, , , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2019 All Rights Reserved.