ロッド

エバーグリーンSPRS-60XUL-S ファインセンサー【インプレ】

2019-12-21

初めての佐渡遠征⑥‐アジング

ブログのインプレ記事って
釣り具を買った時は書こうと思っても
書かないまま終わる事が多いんですよね…。
これからの時期釣行が出来ない日が
多くなるので、インプレ系の記事が
増えるかもしれませんが、ご了承ください(笑)

さて今回は、
エバーグリーンのソルティーセンセーション
スペリオルのSPRS-60XUL-S
ファインセンサーのインプレを書きたいと思います。




ファインセンサーとの出会い

ファインセンサーを購入しようと
思ったきっかけですが
2019年の新潟FSで触れたのが
最初の出会いです。

ジャパンフィッシングショーにも
行っていたので、その時に展示
されていたんですが
マイティーハンツマンの方に
目を奪われていたので
ファインセンサーには
全く興味ありませんでした。

しかし
新潟フィッシングショーの際に
触れてしまったのが最後
このロッド良いなぁ~と…。
軽くて、軽量リグも使いこなせて
パワーも有る…。
丁度軽いリグ使えるロッドが欲しかったし…。
営業さんのプッシュもあり
その場で購入しそうになってしまいました(笑)
その場では我慢しましたが、
結局後になって購入しましたね。

created by Rinker
エバーグリーン(EVERGREEN)
軽量ジグヘッドリグに特化。先の先から曲がる極細ファーストアクションのソリッドティップが僅かなテンションの変化をとらえます。1グラム未満…いや、0.5グラム未満のリグでもその存在や潮流を明瞭に感じながら細やかに操作することが可能。小型魚とのやり取りも楽しめる超繊細な感覚のロッドながら、バットには十分な強さを持たせることで、いざとなれば尺オーバーのターゲットにも余裕のポテンシャルを発揮。
Amazonで口コミをチェック

実際に手にしたのは5月のGWでした。
その時の釣行記事はこちらになります。

その時から約半年使ってみた感想を
今回記事にしたいと思います。

スペック

全長: 1.82m
自重: 約48g
パワー :エクストラウルトラライト
適合ルアー重量:0.1~2.0g
適合ライン:PE0.1~0.3号(MF0.8~2lb)

その他の情報については
メーカーHP参照をおすすめします。
ファインセンサー製品紹介ページ

タックルセッティング

ファインセンサーに合わせている
タックルはこちらになります。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
アジング専用モデル。超浅溝スプール、ローギア、35mmショートハンドル搭載で繊細な釣りにベストマッチ。かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。
Amazonで口コミをチェック

created by Rinker
モーリス(MORRIS)
「レッドアイ」というエステルライン革命!!感度・強度・使いやすさに拘った次世代エステルライン。巻ぐせやバックラッシュを緩和する「しなやかさ」を追求し、ジグ単や軽量メタルジグの釣りに高いポテンシャルを発揮します。結節強度(リーダーとの結節)は最大約90%を達成。トラブルの減少とともに、根掛かり時の回収率が大幅にアップします。白いヘッドライトで照らした際に際立って見える新カラー「レッドアイ」を採用。ガイドへの糸通しやリグの交換がスムーズに行えます。リールにぴったり巻ききれる150m巻。
Amazonで口コミをチェック
created by Rinker
モーリス(MORRIS)
Tic(チタンコート)による驚異の耐摩耗性能で、攻め抜く釣りを強力サポート!Tic(チタンコート)の効果で耐摩耗性能が大幅にアップ。※当社比.SP-T(スーパータフコーティング)の効果により吸水劣化などを抑制。フロロカーボン本来の性能を引き出します。※当社比.携帯に優れた薄型スプール採用。糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。便利な号数別スプールバンド付き。
Amazonで口コミをチェック

釣り場ですが、足元に根の有る場所が多く
水面までの高さは1m未満の所が多いです。
堤防での使用は少なめ。
水深も3~5m位のところで
潮の流れは緩めです。

居着きの個体を狙うのではなく
マズメ時の回遊個体を狙います。

スポンサーリンク

キャストフィール

自分が実際に使用するジグヘッドの
ウエイトは0.4~1.8gまでをこのロッドで
使用しています。
メインは1.0~1.5gですが
とても気持ち良くキャストできます。
振り抜けも良くて、キャストしていて
とても楽しいです♪

ファインセンサーの前に使用していた
宵姫天の61やワークスリミテッドの63と
比較すると、飛距離は少し出ている気がします。

操作感・感度

これは申し分ないです。
人それぞれ感じ方は違いますが
自分は満足しています。

0.4gのジグヘッドも存在を感じる事が
出来ますし、1.8gのジグヘッドを使用しても
ティップに重さが掛かって
もさッとした感じ有りません。
シャキッと使用できます。

自分のホームは水深5m位までの場所です。
水深のある場所の場合は
当然のことながら抵抗が掛かるので
ダルさが出てきます。

アタリの伝わり方も
金属的なものから、モゾっとした違和感
テンション抜けなど感じる事が出来ます。
かすかな違和感、潮の流れの変化なども
感じ取る事が出来ます。

パッツンパッツンのロッドではないので
アタリを感じてから、掛けにまでに
ティップが少し入るので
ロスが有り、最初はその感覚に
戸惑いを感じましたが、
慣れたのか?今では気になりません。
特に掛かりも問題ないのです。

パワー

尺程度のアジなら何の不安もありません。
おすすめはしませんが
問題なくブッコ抜けます。

ファインセンサーの鱗付けは
30㎝のメバルでしたが
ブッコ抜きました(笑)
アジは36㎝まで抜きましたし…。
足場の低い釣り場が多いので
躊躇なく抜く事が多いです。

実際に尺アジとやり取りしている
動画はこちらになります。

この日の釣行記事はこちら

その他にもサバとか根魚系を掛けましたが
ロッドが負ける事は今のところ
経験してません。
その前にラインが逝っちゃうので(笑)

個人的な評価は…。

正直とても気に入っています♪
しなやかさと繊細さ、そしてパワーを
兼ね備えているロッドです。
魚とのやり取りも楽しくて、
本当に使っていて楽しいロッドです!

購入しての後悔は全くありません!!
30㎝位のアジなら楽勝でやり取りできるので
自分のホームにはとても合っています♪
不意な大物にも対応できますし…。

ただし、35cmを越えるアジが回っている
タイミングだと、正直キツイというか
もう少しパワーの有るロッドを
使った方が安心感が有りますね。

さすがはソルティーセンセーションの
上位機種です。
ハイエンドモデルですので
値段は張りますが、満足度の高いロッドです♪
これからもこのロッドで
沢山のアジを釣りたいと思います♪

スポンサーリンク


応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-ロッド
-,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.