シーバス釣行記事

2021年の初釣り!ハタハタパターンは…?新潟県柏崎-シーバス

2021-01-17

21/1/15
新潟県柏崎

年が明けても天気が悪く
雪!雪!!雪!!!っと
各地で猛威を振るっていますね…。
特に普段はあまり雪の降らない
地域ではかなりの積雪量で
大変な事になっています…。

自分のホームである柏崎も
かなり雪が降り
除雪が間に合わず、
大変な事になっている様子でした。

雪を捨てる場所や消雪パイプの
無いところは雪を捨てられないので
どうにもならなかったと思います…。
一日でも早く、通常の生活が戻る事を
祈っております。

ここからは釣りの話。
天気予報を確認すると
久しぶりに天気が良く
風・波共に落ち着きそうな
感じだったので
2021年の初釣りに行ってきました!

釣り物は正直迷いました…。
ハタハタパターンを
信じてシーバスを狙うか?
ボウズは嫌なのでライトゲームで
アジやメバルを狙ってみるか??
とりあえず行ってから
決められるように2タックルを
積んで柏崎に向かいました。




釣り場よりも駐車スペース…。

天気は大丈夫ですが
不安な事が…。
それは…柏崎にそもそも
たどり着けるのか??
柏崎に着いたととしても
釣り場近くの駐車スペースが
あるのか??

とりあえず普段使っている道を
使って柏崎に向かいましたが…
特に問題なく柏崎に到着しました♪
確かに除雪の影響で
雪壁が出来ていて道幅が狭い所も
有りましたが、道には雪は
有りませんでした。

しかし、雪の量はやはり多く
海沿いなのにこんなに雪が
ある光景は初めて見たかもしれません。
屋根の雪下ろしや除雪をしている方が
沢山いらっしゃいました。

海沿いの道を進んでも
やはり雪が多く、
道は除雪されていますが
駐車スペースには雪が残っており
普段なら車を停められるところも
雪で埋もれている状態でした。

今の状況で除雪されている所って
何かに使うからなので
安易に車を停めてしまうと
トラブルになる可能性が有るので
注意しないといけません。

ましてや路駐とかは
道幅の狭い状況では絶対に
やってはいけません!
通行の邪魔ですし、
除雪車も通れなくなってしまいますから…。

積雪がある場合の
自分の考えた注意点を
上げておきます。

ポイント

・除雪されている場所には駐車しない。
・路駐厳禁。
・バス停や待避場所に駐車しない。

普段であれば問題ない場所でも
雪があると事情が変わってきますので
迷惑を掛けないように
考えて駐車しましょう!

では、どんな場所に
駐車すれば良いのか??
正直見極めるのは難しいですよね…。
自分は今回、除雪されていない
駐車スペース
に車を停めました。
明るいうちに車が止められそうな場所を
見つけておくのが大事だと思います。

スポンサーリンク

2021年初フィッシュ!

釣り場に到着。
雪は積もっていましたが
やはり海が近いので
ほぼほぼ溶けていました。

波とウネリはそれほど強くなく
シーバスを狙うには
ちょっと物足りない感じでしたが
他の場所に行くわけにも
行かないので釣り始めました。

2021年一投目は
気持ち良く飛ばしたかったので
かっ飛び棒を選択しました♪
一投目で釣れてくれたら
良いんですけどね…。
何も釣れませんでした(笑)

とりあえず夕マズメを
投げてみて反応が無かったら
仮眠を取り、夜中の潮の動く
タイミングで再び釣りに戻る
プランを考えていました。

何種類かルアーを投げて
探ってみますが反応無し…。
潮も動いている様子はなく
真っ直ぐ投げて
真っ直ぐ帰ってきます…。

釣れる気が全くしない…。
魚っ気も無いし
波も無い…。
バイトすらない時間が
続き、日も落ちて辺りも
暗くなり、寒くなってきて
モチベーションも
下がってきました…。

やっぱり夜中なのかな…?
ライトゲームしておけば
良かったかな…?
などなど、色々と考えていると
キャスト後、ルアーが水を噛み
手元に抵抗が伝わってから
ちょっとした所で…
”ゴ…ゴン”っとバイトが!?
一瞬”えっ”っとなりましたが
アワセを入れてフッキング成功!

魚が掛かった嬉しさと
バレないでくれ…と言う不安と
戦いながら魚とやり取りしていきます。
沖の方で掛けているので
丁寧に寄せていきますが
何度もエラ荒らされます…。
頼む!バレないで…。
近くに寄ってきたので
魚の姿を確認しようと
ライトを点けようとしましたが
普段とは違う所に付けていた
影響で上手くスイッチが押せない…。

魚は既に波打ち際まで
寄ってきている状態だったので
モタモタしてると波に揉まれて
バラすかも…。
迷っている時間は無いと判断して
魚の掛かりどころを確認せずに
波に乗せて一気にズリ上げました!

2021年の初フィッシュは
本命のシーバスでした!!
アレだけエラ洗いをしていたので
シーバスだとはわかっていましたけどね(笑)

ヒットルアーはシマノの
レスポンダー149Fでした♪

シマノ(SHIMANO)
実績の高いレスポンダーにX AR-Cシステムを採用、さらに強い泳ぎに深化! ! 通常のレスポンダーの泳ぎとレンジをただサイズ変更するだけでなく、さらに飛距離と強い水押しアピール力を増加させるために、X AR-Cシステムを採用。特に、デイゲームのシャローレンジ攻略やナイトゲームのスローリトリーブでの使い勝手の良さに照準を絞って、サイズ毎に喰わせのレンジをキープしやすい様に設計しています。
カラーバリエーションをチェック

ルアーをガッツリ咥えていたので
無理してもバレなかったようで
本当にツイていました♪

サイズは71㎝と大きくは
有りませんがサイズに関係なく
嬉しい一本です!!

まさか釣れるとは…。
ほぼほぼ諦めていたので
本当にビックリでした♪
夜中も釣りをしようと思って
いましたが、この一匹に満足
してしまったので、
何投か投げて反応が無いのを
確認してから納竿としました。

気になる胃の中は…。

昔であればあのまま一晩続けて
追加を狙っていたかもしれませんが
年のせいかそこまで無理できません(笑)
一度休憩を挟めば
まだまだ続けられたんでしょうけど…。

雪が無ければ
釣り場を移動して
朝マズメに青物狙いたかったん
ですけどね…。

最近家に居る事が多くて
身体が鈍っていたせいか
短時間の釣行でも疲れてしまい
家に帰って魚を捌かずに
眠ってしまいました…。
翌日直ぐに捌いてみると…。

魚は入っていましたが
殆ど消化されていたので
何を食っていたのかは分からず…。
魚が溶けていても、
ハタハタのメスを食っていれば
卵が出てくるはずなので
とりあえず子持ちのハタハタでは
無さそうでした。

いったい何を食っていたのかは
気になると事ですね…。
ハタハタを食っているシーバスも
釣れているので居るハズなんですけどね…。
このシーバスはエサを探してた
感じなんでしょうかね?

ハタハタの姿を確認できなかったのは
残念ですが、2021年の一発目の釣行で
釣果に恵まれたのは
本当にありがたかったです♪

まだまだ思うように
釣りの出来ない日々が続きますが
チャンスを見つけて釣りに
行きたいと思います!

スポンサーリンク


タックル

ジャンプライズロッド人気No.1、モンスターバトルがツーリミットに継承。30t中弾性ブランクスを軸にバット部の反発&リフティング性能を強化。圧倒的な遠投能力と主導権を常に握ったパワフルファイトを可能とします。PE1.5~2号クラスを使用した外洋のモンスターハンティングに最適。座布団ヒラメ、大型ヒラスズキ&シーバスはもちろん。大型真鯛、磯からの8kgサイズ、サーフからの15kgサイズの青物にも完全対応。

Amazonで口コミをチェック
シマノ(SHIMANO)
耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生!ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。
Amazonで口コミをチェック
よつあみ(YGK)
世界最高糸質アップグレード。受け継がれた血統、木魂するスピリット ONE AND ONLY BEST、UPGRADE !高密度ピッチ製法×WX8工法×GP加工×HST加工が可能とした圧巻のパフォーマンス。一般的にPEラインは、高密度にピッチを細かく組み上げると耐磨耗性が上がり直線強力が落ちる。逆に低密度でピッチを粗く組み上げると、糸が直線的になり直線強力が上がり耐磨耗が下がる。X-BRAID UPGRADは、その相反する性能の両方を世界最高レベルで実現し、(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたオールカテゴリーハイクオリティーハイパワーPEラインです。
Amazonで口コミをチェック
DUEL(デュエル)
フロロカーボンとナイロンをブレンドした強力複合素材「カーボナイロン」を採用。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。
Amazonで口コミをチェック
シマノ(SHIMANO)
実績の高いレスポンダーにX AR-Cシステムを採用、さらに強い泳ぎに深化! ! 通常のレスポンダーの泳ぎとレンジをただサイズ変更するだけでなく、さらに飛距離と強い水押しアピール力を増加させるために、X AR-Cシステムを採用。特に、デイゲームのシャローレンジ攻略やナイトゲームのスローリトリーブでの使い勝手の良さに照準を絞って、サイズ毎に喰わせのレンジをキープしやすい様に設計しています。
カラーバリエーションをチェック
パズデザイン(Pazdesign)
丸めてコンパクトに持ち運べるターポリン製のメジャーです。魚に優しいターポリン製の大型メジャー!!

Amazonで口コミをチェック


スポンサーリンク


よろしければポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-シーバス釣行記事
-, ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2021 All Rights Reserved.