カヤックフィッシング

真鯛を求めて…。-新潟県柏崎-タイラバ・ライトジギング

2020-05-28

20/5/24
新潟県柏崎

連日の釣行♪
今回はベタ凪予報だったので
カヤックを出艇してきました!
狙いは真鯛!!

カヤック出艇は2回目なので
無理は出来ませんが
何とか今年1本釣り上げたいところです♪
オフショアに関しては
素人なので色々と試行錯誤して頑張ります!!




タイラバタックルを購入

前回初めてタイラバに挑戦してみましたが
やはりスピニングタックルだと
少々やりにくいと言うか
いちいちベールを返すのが
面倒だったので、
タイラバ用にベイトタックルを揃えてみました♪

ロッドはダイワの紅牙X 69HBを購入。
タイラバのエントリーモデルで
価格もそれなりにお手頃♪
タイラバと言えばダイワみたいな
イメージ戦略に完全にハマっている(笑)
ロッドパワーはMHB,HB,XHBの3タイプ
ありましたが、無難に真ん中を選びました。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
「紅牙X」は、全国的にますます盛り上がりを見せるタイラバゲームに最適な1本。柔軟で食い込み性能に優れたカーボンソリッド穂先に、目に見えないロッドのネジレを抑える強化構造「ブレーディングX」を採用。30g程度から150g程度まで、さまざまなサイズのタイラバに対応する3アイテムをラインナップ。「車移動時やプレジャーボートでも簡単に持ち運びたい」、「ジギングやボートエギングと一緒にタイラバもしたい」と考えているアングラーの要望に応える持ち運びやすさ・手軽さ重視のセンターカット仕様。本格的にタイラバをはじめたいアングラーはもちろん、ジギングやボートエギングの合間に楽しむサブロッドとしてもおすすめ。
Amazonで口コミをチェック

ロッドがダイワと言う事は…。
はい!リールもダイワです!!
リールに関してはここ20年位
安いモデルでもシマノ一択でしたが
ダイワに浮気してみました(笑)

購入したのはLIGHT SW X ICです!
ロッドと合わせるのであれば
紅牙 X ICを購入すれば良いんですが
紅牙 X ICは右ハンドルだけなんですよね…。
キングがベイトは右ハンドル!!って
ずっと言っていますが、投げないので
左ハンドルでも良いかなぁ~っと(笑)
左ハンドルの方が慣れてるので
LIGHT SW X ICを今回は購入しました♪

この価格帯でICカウンターが
付いているなんて驚きです!!
紅牙 X ICにもカウンターは
付いていますが、価格は両リールとも同じ。
違いは巻取り量とボディカラーですね。
ただ、カウンターの電池が切れちゃうと
自分で交換できないらしいので
メーカーに預けないと駄目らしい…。
切れたら切れたで使えないわけじゃないので
冬にオーバーホール出せば良いかな…。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
ICカウンター搭載、LIGHT SW用軽量小型手巻きリール。高剛性スーパーメタルフレーム:スーパーメタルフレームだから負荷が掛かってもフレームの撓みがなくパワフルな巻上げが可能です。100mmダブルハンドルにEVAハンドルノブ:ハンドルアームは100mmとロング仕様でハンドルノブは滑り難い大型EVAハンドルノブだから幅広いターゲットに対応可能です。PE1号-200m浅溝スプール:下巻きいらずPE1号-200mの浅溝スプール。カウンターの初期設定はPE1号-200mになっています。スーパースプールフリー:クラッチOFF時はスーパースプールフリーだから、スムーズで高速な仕掛け落下が可能です。ラインストッパー:ラインを止めておく事が出来るので、レベルワインドにまたラインを通す手間が不要です。
Amazonで口コミをチェック

ラインはよつあみの鯛ラバカスタムPE
ボーンラッシュ1号を購入しました!
ちょっとお高いラインですが
0.4号をライトゲームで使ってみた感じが
とても良かったので、本来のタイラバでも
使ってみようと思い購入しました。
価格が高いのと、ラインの色が暗くて
見難いのがちょっとアレですけど…。

created by Rinker
よつあみ(YGK)
細い事の優位性・強い事の支配力を無双レベルまで高めた極上WX8PEボーンラッシュ。世界最大のPE製造工場からもたらされる、組ピッチの精度を極限まで高めて得た「均質の編み込み密度」をもって究めて安定した強度を実現。特許技術HST. WX工法による耐摩耗性強化・ローストレッチを実現したことにより、ディープエリアや繰り返されるガイド摩擦への耐性に驚くべき有効性を発揮します。また、セレクティブになった鯛に違和感を与えずにカウンター付リールから得られる核心的要素を最大限活用する戦略的アプローチを可能とする染色パターンを採用。80・90捕獲をも視野にいれた最強鯛ラバー専用ラインの誕生である。
Amazonで口コミをチェック

こんな感じで揃えてみました♪
最初のうちはエントリーモデルで十分かな?
ショアの釣りと違ってキャスティング
するって事が無いので、
最低限のアタリが取れるのと
使うタイラバも重たいものは
使用しないですしこのタックルで頑張りたいと思います♪

スポンサーリンク

前回よりもスムーズに…。

予報通りの凪でしたが
若干ウネリがある…本当に若干です。
とりあえず準備をして、
だいぶ明るくなってきたところで
いざ出艇!!

やっと戸惑う事無く
カヤックを出せるようになってきました♪
魚探をセットしてとりあえず
水深20mラインを目指しながら、
魚の反応があれば
打っていくプランでカヤックを
漕いでいきました。

20mラインに到着。
魚の反応がチラホラ…。
近くに和船も居たのでとりあえず
何かあっても助けてもらえるので
ここからスタートする事にしました。

まずはタイラバから…。
ベイトタックルでやってみると
やはり楽ですね♪
ストレスなくリグを送り込めます。
落として巻いてを繰り返していると…
アタリが!
ロッドが柔らかいので良い感じに
曲がってくれて、食い込みが良さそう♪

抑え込むようなアタリになったと所で
アワセを入れてフッキング成功♪
そんなに重くはないけど
心地の良い引き
上がってきたのは…ホウボウ!
これは美味しい魚が釣れてくれた♪
タイラバタックルの鱗付けはホウボウとなりました♪

ヒットしたタイラバは
シマノのタイガーバクバク45g
オレンジゴールドでした♪

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
使いやすさを追求した遊動式タイラバです。炎月の初代鯛ラバ"満月TG"を参考に、素材を鉛に変更。両サイドのフラット面はそのままに。シェイプを細く絞りこむことで、安定した泳ぎを実現しました。独自の遊動用スルスルパーツはネクタイ交換が簡単に行えます。
Amazonで口コミをチェック

とりあえずボウズ逃れと
食べれる魚が釣れてくれたので
一安心♪
真鯛来ないかなぁ~っと思いながら
タイラバを沈めていたところで
近距離でボイル発生!!
目の前でボイルが出ると興奮しますね♪

ライトジギングにチェンジして
ジグを投入しますが不発…。
静かになった所で、今度は魚探に反応が…。
ジグからメタルマル28gに変えて
ボトムから巻き上げてくると
ガツン!っと激しいバイトが♪
少し重たい…引きはそこまで強くないけど…?
上がってきたのは…
またもやホウボウ!
最初のヤツよりもデカい!!
40㎝位ありそう♪
これは食べ応えが有りそうな感じ。

ヒットルアーはブリーデンの
メタルマル28gでした♪

created by Rinker
ブリーデン(BREADEN)
まずは驚愕の遠投性能。『TR/PEスペシャル』×PE0.4号のセッティングで無風平地100m越えの超遠投を計測。抜群のボディーバランスに食わせのノウハウを凝縮! 丸アジやサバなどのライト青物ゲームを強力にサポートし、隣のアイツに大きく差をつける。またハマチなどの本格青物ゲームにおいても、リング及びフック交換だけで「シラス付き」などの厄介な場面で活躍する。完成まで足掛け三年。開発中にはプロトタイプの練り込みを幾重にも重ねた。リアにはブレード(コロラド)と抱合せでダブルフックを装着すことでスピンテールジグの弱点である乗りの悪さやバラシを大幅に克服。「ブレードバイト」を掛けまくる。
Amazonで口コミをチェック
スポンサーリンク

先週逃がした魚を…

ジグとタイラバで1匹づつ釣れて
気持ちに余裕が出てきましたし
何よりも、今日は魚が居る様で
時折ボイルが発生する状況なので
モチベーションが維持できる!

水深20mを流していくと
だんだんと水深の深い方へ流れていき
水深25m位のところでタイラバを
していると…ボトム付近で小さなアタリ…
無視して巻くと再びアタリ…まだガマン…
再びアタリが有るけど食い込まない…
そろそろ水面に近くなってきてしまう…
更にアタリが出た所で思い切って
アワセを入れてみるとフッキング成功!!

良い感じの重量感と引き…
真鯛かな~?真鯛なら良いなぁ~っと
期待するも、引き方が違う気がする?
なかなか激しい突っ込みをされて
ドラグを出される…
紅牙 X ICはドラグ音が出ないのが
残念ですが、シッカリと引きに
追従してくれました♪

まあまあサイズの良い魚なので
慎重にやり取りして
上がってきた魚は…ヒラメ!!
先週逃がしたやつよりも大きい?
水面付近になって最後の抵抗…
バレるなよー!!っと祈りながら
無事にランディング!!

お持ち帰りサイズのヒラメ♪
前回の反省を生かして
タモを大きい奴に変えて正解でした(笑)

ヒットしたタイラバは
先ほどと同じく
シマノのタイガーバクバク45g
オレンジゴールドでした♪

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
使いやすさを追求した遊動式タイラバです。炎月の初代鯛ラバ"満月TG"を参考に、素材を鉛に変更。両サイドのフラット面はそのままに。シェイプを細く絞りこむことで、安定した泳ぎを実現しました。独自の遊動用スルスルパーツはネクタイ交換が簡単に行えます。
Amazonで口コミをチェック

前回のリベンジが出来て
本当に良かったです♪

ボイルの正体は…

ヒラメまで釣れてくれて
釣果的には十分ですが
まだ本命の真鯛が釣れてくれない…。
まだ厳しいのかな?
いや、浅い所にも来ているのは
確認しているので
何かが合っていないんだろうな…。

ひたすら流しながら
タイラバで探っていると
再び近くでボイル発生!
タイラバに集中したいと思いながらも
ボイルの正体も知りたいので
メタルマルを投げ込んでみると
直ぐにヒット!!

そんなに大きくない?けど
久々の青物の引き♪
魚の正体はイナダでした!

最近新潟方面で釣れているのを
見ましたが、柏崎にもちゃんと
来てるんですね♪
サイズは50㎝あるかどうかと言った
感じですが、ガリガリ個体では
ありませんでした。

ここ数年春のイナダって
あまり釣れていないイメージなので
魚が居ないわけじゃないんだなぁ~っと
確認出来て良かったです(笑)

本命はまた次回に…。

真鯛を求めて釣り続けましたが
今回も空振りでした…。
他の魚が釣れてくれたので
釣果としては十分でしたが
やっぱり真鯛が釣りたいですね!

やっとカヤックフィッシングが
ちゃんとできた感じがして
始めて良かったなぁ~っと
思う事が出来ました(笑)

今回の反省点は、
流しすぎて帰るのが大変だったのと
日焼け対策が不十分でした。

もう少しポイントを絞って
釣行できるようになれば
体力を消耗しすぎずに
次の日も楽になると思うので…。

まだ夏ではありませんが
日焼け対策をちゃんとしないと
かなり日焼けします…。
帰ってからヒリヒリして辛かったです…。

週末はまた天気も波も良さそうなので
また釣りに行ってきたいと思います!!

スポンサーリンク


応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-カヤックフィッシング
-,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.