シーバス釣行記事

ハタハタパターンならぬボヤキパターンで…-シーバス

2019-12-26

19/12/22
新潟県柏崎

天気予報を見ると
今日も良さそうだなぁ~…
でも昨日行ったから今日は
さすがに行きにくい…でも行きたい!
そんなこんなで、
午前中に家族サービスを済ませて
行ってきました!



前日とは大違い

海に到着。
前日とは打って変わって、
風無し!波無し!!ウネリは少々と
いった感じで、ちょっと物足りない(笑)
とりあえずポイントに入ってみますが
前日の爆風を経験しているので
なんか釣れる気がしない…。

しかし、今からの場所移動はリスクが…。
やってみなきゃ判らないか…。
腹をくくり投げてみる事にしました。
昨日と違いどのルアーも良く飛んでくれます(笑)
しかし、波の無い影響で
昨日は根に触れなかったルアーが
今日はゴツゴツ触れてしまい
投げられるルアーが別の意味で
限られてしまいました…。

とりあえずアサシンはダメで
レスポンダーとデッドスローで
ショアラインシャイナーSD
その他数個のルアー以外は
根掛かりが怖くて投げれません。

夕マズメに入り、期待が高まりますが
全くの無反応であっという間に
真っ暗になりました…。

スポンサーリンク

釣れなさ過ぎてぼやいたら…。

波もなく、全く反応のない状況。
周りも釣れている様子もなく
モチベーションを保つのが大変でした。
ルアーを変えてみたり
カラーを変えてみたり
立ち位置を変えてみたりなど
色々と試してみますが
効果なし。

これはダメな気がする
もう少し波っけのある場所に
移動しなきゃ…っと
思っていたところで”コツ”っと
感じました…?
アタリ?それとも根に触れただけ??
判断が付きませんでしたが
こうなると移動するかどうか
悩ましくなってきます…。

少し投げ続けますが
反応が無くなり、やっぱり
ただ根に触れただけかなぁ~?
後5投したら移動しよ…っと
思ったところで再び”コツ”っと
何かに触れました…。
何なんだろ?さっきとは
トレースコース違うしな…。

もう少し投げてみるか…。
投げますが反応無し。
諦めモードに入って来たので
Twitterを見て釣れているか
確認してみると…。
釣れてる…。
諦めない方が良いのかな…?
でも魚っけないしなぁ~
移動しようかなぁ~などと
Twitterでボヤいてみました。

レスポンダーを投げ続けていましたが
ふとショアラインシャイナーSDに
チェンジして、デッドリトリーブで
潜らないように、スローに巻いてみる
事にしました。

何投かしてみて、根にも触れないので
とりあえず後5投位してみて
ダメなら今度こそ移動だなっと決めて
ゆっくりゆっくり巻きます。
イメージ的には流れに乗せてるだけ
川のドリフトみたいな感じです。
やったことないけど(笑)
すると…沖目を巻いている所で
突然手元に”ゴン!!”っと
下から突き上げるようなバイトが!?
マジか!?
アワセを入れてフッキング成功!!
沖で掛けたので楽しい!っと
思う反面、バレるな!
頼むからバレるな!っと
悲痛な心の叫びが混ざった心に
良く無いやり取りが続きました。

手前まで寄ってきたところで
突然動かなくなる魚…?
マズい根に張り付いた??
いや違う…ゆっくり手前に寄ってる
一瞬ヒヤッとしましたが
何とか波打ち際まで寄せてきて
魚の姿を確認!
波に乗せて無事にランディング!!


ヒットルアーはダイワの
ショアラインシャイナーZ バーティスSD 140F
カラーはチャートバックパールでした♪

ダイワ(DAIWA)
大型シーバスほど、確実に捕食できる瀕死のベイトフィッシュを偏食する傾向を利用。 ルアーのアクションをあえて抑え、瀕死のベイトフィッシュの動きを再現したスロージギングの如く、スローリトリーブで弱いウォブンロールアクションを発生するようセッティング。さらに、ウエイト保持構造(MAGLOCK)をあえてルーズに設定することで、流れの変化等の小さな衝撃で千鳥アクションが発生し、瀕死のベイトフィッシュが悶える動き(=「食わせの間」)も演出。落ち鮎、サヨリ、カビボラ、イワシ、コノシロ、ハタハタなど、シーバスが表層付近でこれらのベイトを捕食しているときは、投げてただゆっくり巻くだけでヒットを誘発できます。
Amazonで口コミをチェック

今年のハタハタパターンで活躍してくれる
かもしれないと期待していたルアーだけに
釣れてくれてよかったです♪
サイズは70㎝ちょい。
今年のアベレージサイズなのかな?

ボヤいてから直ぐに来てくれた魚…
ボヤくと釣れますねぇ~っと
Twitterのフォロワーさんに言われて
確かにそうかもなぁ~と
ある意味納得してしまいました(笑)

その後は後が続かず
周りも釣れている様子が無かったので
潔く退散する事にしました。

スポンサーリンク

ハタハタを食っているようだけど…。

気になるお腹の中ですが
こんな感じでした。

ハタハタを食っていたようですが
本体は消化されていて卵のみでした。
エサを探して回遊してきた個体のようです。

あの時点ではハタハタは入っていおらず
あの後釣れたのかは気になるところですが
あのベタ凪の状況で運良く釣れてくれて
本当に良かったです♪

今年も後何回釣りに行けるのか…?
釣り納めがいつになるのか
まだハッキリしませんが、
良い終わり方が出来れば
最高なんだけどなぁ~…。
また行ってきます(笑)

シーバス釣行記事

2021/1/16

2021年の初釣り!ハタハタパターンは…?新潟県柏崎-シーバス

21/1/15 新潟県柏崎 年が明けても天気が悪く 雪!雪!!雪!!!っと 各地で猛威を振るっていますね…。 特に普段はあまり雪の降らない 地域ではかなりの積雪量で 大変な事になっています…。 自分のホームである柏崎も かなり雪が降り 除雪が間に合わず、 大変な事になっている様子でした。 雪を捨てる場所や消雪パイプの 無いところは雪を捨てられないので どうにもならなかったと思います…。 一日でも早く、通常の生活が戻る事を 祈っております。 ここからは釣りの話。 天気予報を確認すると 久しぶりに天気が良く ...

続きを読む

シーバス釣行記事

2020/12/29

2020年ハタハタパターン初戦は…。-新潟県柏崎-シーバス

20/12/27 新潟県柏崎 久しぶりに釣りに行ける…。 ここ最近は天気が悪くて 釣りにも行けないし、 仕事でのストレスも多く とても荒んでいました(笑) クリスマスが過ぎ そろそろハタハタが接岸しても 良いんじゃないかなぁ~っと 淡い期待を抱き出撃してきました。 目次1 釣りしやすいけど、波は物足りない…。2 まだ始まってない?それとも…。3 タックル 釣りしやすいけど、波は物足りない…。 夕マズメ前に釣り場に到着。 釣り場に来る途中に 何箇所かポイントを見てきましたが 既に入っている方が何名も居て も ...

続きを読む

シーバス釣行記事

2020/12/17

カタクチに付いたシーバスはやっぱりパワフルでした♪-新潟県柏崎-シーバス

20/12/12 新潟県柏崎 普段であれば釣果に満足して 納竿とするところですが カタクチイワシは相変わらず 打ち上って来るし シーバスを見てしまったので 釣った魚をクーラーにしまってから 延長戦に行ってきました♪ 目次1 久しぶりのシーバスは力強かった…。2 釣行の振り返り3 タックル 久しぶりのシーバスは力強かった…。 釣り場に入り直し 釣りを再開。 時折、カタクチイワシが打ち上げられ 沖では何かがボイルしている…。 状況的には良い感じ。 シーバス狙いなのでメタルジグではなく ミノー中心に攻めていく事 ...

続きを読む

シーバス釣行記事

2020/12/6

抜け出せないトンネル…魚が釣れない…。-新潟県柏崎-シーバス

サムネイルが魚の写真 じゃない時は、ほぼボウズの時です…。 シーバスが釣れません!! ここ数日釣行を重ねていますが 全くもって反応が無く アタリすらない状況が続いています…。 さすがに心が折れてきました…。 目次1 予報よりも早く荒れて…。2 デイゲームでは…。3 雰囲気はあるのに…。4 タックル 予報よりも早く荒れて…。 まず最初は上越方面での釣り…。 朝マズメ前にポイントに到着。 海の様子は、思っていたよりも波が無く シーバスはキツイかな?? 最近魚を釣っていないから シーバスじゃなくて青物でも 良い ...

続きを読む

シーバス釣行記事

2020/11/29

やっぱり難しいシーバス…連敗中…。-新潟県上越・柏崎-シーバス

20/11/29 新潟県上越・柏崎 前回の釣行で無事にシーバスを ゲットできたので 今週も出撃してきましたが アタリすらない厳しい釣行となりました…。 目次1 上越ナイトゲーム2 柏崎・上越デイゲーム3 タックル 上越ナイトゲーム 天気予報を確認して 日が沈んでからなら釣りが出来そう だったので、出撃してきました! 何処に行くか迷いましたが この日は上越を選択。 ベイトが居てくれれば釣れるハズ…。 ポイントに到着。 誰も居ない…。 まあ…そうですよね。 波はあまり高くなく ちょっと物足りない感じ。 これが ...

続きを読む

スポンサーリンク

シーバス使用タックル

シマノ(SHIMANO)
過熱するサーフゲームで求められる性能を突き詰めた『NESSA』。シリーズコンセプトは軽量・高感度と小型ミノーから40g程度のジグまで使える高次元な対応力。サーフに発生する流れの変化やルアーアクションをアングラーへ明確に伝達。不意に時合が訪れるサーフゲームにおいて高い集中力を長時間保ち続けることで、ヒットチャンスへと結びつけます。サーフに燃えるアングラーへ応えるロッド。それが『NESSA』です。
Amazonで口コミをチェック
シマノ(SHIMANO)
耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生!ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。
Amazonで口コミをチェック
よつあみ(YGK)
世界最高糸質アップグレード。受け継がれた血統、木魂するスピリット ONE AND ONLY BEST、UPGRADE !高密度ピッチ製法×WX8工法×GP加工×HST加工が可能とした圧巻のパフォーマンス。一般的にPEラインは、高密度にピッチを細かく組み上げると耐磨耗性が上がり直線強力が落ちる。逆に低密度でピッチを粗く組み上げると、糸が直線的になり直線強力が上がり耐磨耗が下がる。X-BRAID UPGRADは、その相反する性能の両方を世界最高レベルで実現し、(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたオールカテゴリーハイクオリティーハイパワーPEラインです。
Amazonで口コミをチェック
DUEL(デュエル)
フロロカーボンとナイロンをブレンドした強力複合素材「カーボナイロン」を採用。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。
Amazonで口コミをチェック


スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-シーバス釣行記事
-, ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2021 All Rights Reserved.