エギング遠征記事

初めての佐渡遠征②‐エギング

2019-11-04

19/10/27
新潟県佐渡島

仮眠を取り、朝マズメを打つために
暗い時間からエントリー。
風は追い風でしたが次第に
無風に近い状態になっていき
釣りやすい状況♪
アジングタックルとエギングタックルを
持ち込んで前日同様に狙っていきました。



渋すぎてもう…。

とりあえずアジが居ないか探ってみますが
無反応。
回遊が始まっていれば直ぐにアタリが
出るので、さっさと見切りをつけて
エギングに切り替えましたが
こちらも反応が有りません…。

ポツポツとエギンガーの方が
入って来たので様子を伺いつつ
アジ・イカの回遊を待ちながら
釣り続けますが…。
あれ?もう明るくなってきたけど??
回遊無し?

不安な気持ちを抱えつつ
エギをシャクっていると…。
違和感が…。
これは後ろに付いてるな…。
軽くシャクってテンションフォールで
アタリを待つと…。
グンっと持って行ったので
アワセを入れてフッキング成功!
なかなかの重量感♪
沖へ沖へとジージードラグを出されます…。
まあまあ良いサイズなんじゃ…?
慎重に寄せて、確認すると良いサイズ!
掛かりどころが微妙なので
抜き上げで落としそうでしたが
無事にリフト成功♪

リフトするのも緊張する重量感でした(笑)
とりあえずボウズ逃れ出来ました♪

ヒットエギはヤマシタの
エギ王K3号のムラムラチェリー
でした♪

変わり続けるフィールドに対応するために生まれた、低活性のイカまでも釣るためのエギ。今まで諦めていたイカを獲る。最適な「フォール」と「ダートアクション」「エギ王K」は、どんなにタフハイプレッシャーなコンディションでも釣果を出せるよう「低活性イカ攻略モデル」として開発されたエギです。風や波など外的要因による影響を最小限にとどめ、安定した乗せのフォールと、必要以上にダートしすぎないダートアクションを実現し、限りなく低活性なイカの好むアクションに仕上げました。スムーズなフォールにも貢献「ケイムラアイ」と「490グローエッジ」のW発光でワンポイントアピール。さらにボディと目玉の段差をなくし、抵抗を軽減することでスムーズなフォールを実現。

回遊始まったかな?っと
思いましたが、単発で終了でした…。

アジの方は全く回遊は無く
こちらは何にも釣れませんでした…。
完全にポイント選定をミスった感じです。

スポンサーリンク

予定外の魚

佐渡の朝マズメでこの釣果はちょっと…。
明るくなってからも頑張りましたが
イカは釣れず…。
地元の釣り人さん?と少し話をしていると
エギの後ろに青物が…デカい…。
ワラサ?ヒラマサ??
イナダじゃ無いところが
さすが佐渡って感じですね(笑)

青物居るんなら狙ってみようかな?っと
VJを取り出してとりあえず
投げてみる事にしました。
掛かってもあのサイズは
無理かもしれないな…。
もう少しかわいいサイズで
良いから釣れないかなぁ~と
思っていると…ガツン!とした
アタリが!?
マジできちゃった??

なかなか力強い引き…。
ドラグを出しながら徐々に浮かせて
行きますが…楽しい!!
横に真下に突っ込んでいくので
とても楽しいやり取りでした♪
ただ、青物っぽくない気がする?
浮き上がってきた魚の正体を
見て納得(笑)

さっき話していたアングラーさんに
タモ入れしてもらって無事キャッチ!
ありがとうございます!!


釣れたのはクロダイでした♪
サイズは46㎝!
自己記録更新です(笑)
さすがVJと言ったところでしょうか♪

ヒットルアーはコアマンのVJ-16
カラーは沖堤イワシでした♪

経験によって導き出されたジグヘッドデザインと、装着するコアマンワームとのマッチングで、ボディ全体が絶妙に揺れるバイブレーションを発生します。圧倒的な食わせ能力をもつワームが、より細かく振動してシーバスを強烈に誘う。しかもそれがまたぶっ飛びの飛距離なので、完全に反則レベルです。浮き上がりが早い設定なので、水深の浅いシャローエリアを根掛りを恐れずに、広範囲にガンガン攻めることが可能です。スレたシーバスをバイトにまで持ち込むことの出来るこのルアーが、新しい領域を拓きます。VJの圧倒的パフォーマンス。間違いないです。

何とか形にはなりましたかね?(笑)
その後は遥か沖の方でナブラが
湧いていましたが、近づいては
来ませんでした。

地元の方と少し話した感じだと
ここでもアジは釣れるけど
今日は居ないみたい…。
イカも台風後から調子が
悪いとの事でした。

朝の部は終了。
お腹が空いてきたので
昼食をとる事に…。
向かったのは佐渡では有名?な
回転ずし「すしや まるいし」へ…。
昼時を少し過ぎた時間だったので
すんなり入れました…。
まあ、一人なんでね(笑)


ブリとか中トロとか色々食べましたが、
期待が高かったのか?
そこまで美味しいって感じは
無かったですね(笑)
値段もそこそこするので
余計にそう思ったのかも…。

夕マズメ何処に行こうか…?
正直情報も、あてもない状況だったので
地図を見て何か所か
回ってみる事にしました。

2019/11/16

初めての佐渡遠征④‐エギング・アジング

2019/10/29 新潟県佐渡島 朝マズメ…暗い時間からポイントに 向かいますが、風が強い…。 予報と風向きが少し違うし…。 釣り場的に背負えないし、 真正面か真横から受けるしかない 厳しい状況。 とりあえず暗い時間はアジを狙いました。 目次1 アジは居るけど…。2 激流エギング3 デイの方が釣れる??4 アジング使用タックル5 エギング使用タックル アジは居るけど…。 ポイントに到着。 早速アジを狙いますが、 風を正面か受ける立ち位置では 潮が早すぎてアジングは無理。 川のように流れてる状況…。 自分 ...

続きを読む

2019/11/16

初めての佐渡遠征②‐エギング

19/10/27 新潟県佐渡島 仮眠を取り、朝マズメを打つために 暗い時間からエントリー。 風は追い風でしたが次第に 無風に近い状態になっていき 釣りやすい状況♪ アジングタックルとエギングタックルを 持ち込んで前日同様に狙っていきました。 目次1 渋すぎてもう…。2 予定外の魚3 使用タックル 渋すぎてもう…。 とりあえずアジが居ないか探ってみますが 無反応。 回遊が始まっていれば直ぐにアタリが 出るので、さっさと見切りをつけて エギングに切り替えましたが こちらも反応が有りません…。 ポツポツとエギン ...

続きを読む

2019/11/16

初めての佐渡遠征①-エギング・アジング

2019/10/27 新潟県佐渡島 待ちに待った佐渡遠征に 3泊4日の日程で行ってまいりました♪ 天気予報がコロコロ変わって ヤキモキしていましたが、 佐渡ならある程度荒れても逃げ場が 有るから平気なハズ!っと 前々日まで悩んだ結果、 ここで行かなきゃ今年はもう行けない 気がしたので、強行してきました(笑) 目次1 佐渡到着までの道のり2 アジは…微妙な感じ3 イカのサイズはまあまあだけど数は…。4 アジング使用タックル5 エギング使用タックル 佐渡到着までの道のり とりあえずフェリーの予約をしないと…。 ...

続きを読む

2019/10/19

平日釣行だけど…。ー新潟県柏崎 アジング・エギング

2019/9/28 新潟県中越:柏崎 週末は台風の影響で釣りが 出来なそうなので、平日の朝に 頑張って釣りに行ってきました! 最近狙ったように台風が 週末に接近してくるので 週末アングラーには辛い状況です。 次の台風19号はかなり勢力が 強くなる良そうなので注意が 必要ですね…。 目次1 リグのなじみが悪い…。2 ムラムラチェリーのおかげで…。3 アジング使用タックル4 エギング使用タックル リグのなじみが悪い…。 天気予報は予報は問題なく 前日の風の影響で少しウネリが 残るのを心配しましたが 予報通り、 ...

続きを読む

2019/10/19

ポイント的には…。-新潟県柏崎 エギング

19/9/27 新潟県中越:柏崎 アオリイカのサイズも上がってきて 釣るのも楽しいし、 食べるのも身が多くて 嬉しい限りです♪ 美味しいアオリイカを釣りたい!! また、頑張ってきました♪ 最近夕マズメからのポイントに 入っても、釣果に恵まれる事が 少なくて、夕マズメはやらなくて 良いかなぁ~っと思いましたが、 この日も懲りずに夕マズメ前から ポイントに入りました…。 目次1 夕マズメはやっぱり…。2 とりあえず1杯3 朝の回遊は…。4 マイティハンツマンの鱗付け5 使用タックル 夕マズメはやっぱり…。 釣 ...

続きを読む


使用タックル

ブランクス全体の強靭な反発力をさらに強化することで、バイトに対する瞬間的なフックセット性能、魚の頭をコントロールし主導権を渡さないファイト性能を高め、より確実に掛けられる、より確実に獲れる最強のパワーを追求。また、反発力の強化に併せてグリップ長を一握り分延長することで、リグを高速で弾き出し爆発的な飛距離を叩き出すロングキャスト性能を高め、同時にキャストウェイトの上限を拡張。超重量級リグを用いたライトゲーム未踏ゾーン攻略までも射程内に収めました。
NEWマグナムライトローター搭載。別次元の巻き出しの軽さ! 新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さを可能にしました。ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。
●超強力・高耐久 フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン」を採用したハイブリッドショックリーダー● ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。●扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。●必要な長さで糸がピタッと止まるジャストストッパー(PATENT)を採用したホルダーで、塩や紫外線をカット。



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-エギング遠征記事
-, , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2019 All Rights Reserved.