エギング遠征記事

初めての佐渡遠征①-エギング・アジング

2019-11-01

2019/10/27
新潟県佐渡島
待ちに待った佐渡遠征に
3泊4日の日程で行ってまいりました♪
天気予報がコロコロ変わって
ヤキモキしていましたが、
佐渡ならある程度荒れても逃げ場が
有るから平気なハズ!っと
前々日まで悩んだ結果、
ここで行かなきゃ今年はもう行けない
気がしたので、強行してきました(笑)



佐渡到着までの道のり

とりあえずフェリーの予約をしないと…。
佐渡汽船のHPからWEB予約出来るので
空き状況を確認して予約を行いました。
ネット予約だと出発日の
前々日まで
だったので危なかったです(笑)

秋割キャンペーンをやっていたので
金土日祝日出発なら
新潟-両津間で
乗用車と運転者で往復19800円。
まあ、これでも高いとは思いますが
仕方がないですよね…。
もう1万位安ければ行く人
増えると思うのだけど…。
ちなみにキャンペーン無しだと
車のサイズによって料金が変わります。

出発当日。
とりあえずフェリーは予定通り
出船するようですが
波の予報が2m…。
これはヤバいヤツだ…絶対揺れるし
酔ってマーライオンコースだ…。
とりあえず酔い止め飲んでおかないと…。

フェリー乗り場に到着。
車を乗せる人は、出港の40分前までに
手続きを済ませる必要
が有るので
注意が必要です!
自分はその事を知らず
ギリギリ間に合いました(笑)
佐渡汽船のHPに乗船ガイドが載って
いるので行く前に見ておいた方が
良いですね。

無事に手続きを済ませて
順番に車を船に乗せていきます。
エスカレーター上がって客席へ…。
船の中にエスカレーターが有るなんて…。
中央のロビーもとてもキレイで
良く見る豪華客船のロビーのようでした。
※あくまでもイメージです。

自由席だったので席に座り出港!
甲板名物?海鳥にかっぱえびせんを
あげていました(笑)

揺れを心配していましたが
殆ど揺れる事無く佐渡へ到着。
酔い止め要らなかったんじゃ?
2mの波でアレしか揺れないなら
安心して乗れるなぁ~と思いましたね♪

スポンサーリンク

アジは…微妙な感じ

フェリーを下船して
車を走らせて、目星を付けていた
場所へ向かいます。
海を見ながら、移動でしたが
そこらじゅうがポイントに見えてきます。
特にメバルをやったら面白いだろうなぁ~と
思える場所だらけした(笑)
後、夏にはチヌトップも面白いかも…。

ポイントに到着。
水色は透明で雰囲気も良さげ♪
直ぐに準備を開始してエントリー。
とりあえず、アジングタックルと
エギングタックルを持ち込みました。

イカをサイトで狙ってみますが
追尾なし。
アジングに切り替えて、
夕マズメの回遊に備えました。

暗くなってきた頃に最初のアタリが♪
釣れたのは…アジ!ですが
求めているサイズには程遠い…。

同じようなサイズを数位匹釣った所で
パタリとアタリが無くなり
時合い終了(笑)
う~ん夕マズメはこんなもんなのかな??
アジが釣れなくなったので
エギングに切り替えました。

スポンサーリンク

イカのサイズはまあまあだけど数は…。

アジを狙っていたのは自分だけで
他の釣り人は皆アオリ狙い。
しかし、誰も釣れていない…。
まだなのかな??
そんな事を思っていたら、
離れた所で釣っていた方が
イカを掛けているのを目撃!
始まったかな?っと思った所で
自分にもアタリが♪

サイズは大きくないけど
とりあえず一杯目をゲットしました♪

ヒットエギはヤマシタの
エギ王K3号のムラムラチェリー
でした♪

変わり続けるフィールドに対応するために生まれた、低活性のイカまでも釣るためのエギ。今まで諦めていたイカを獲る。最適な「フォール」と「ダートアクション」「エギ王K」は、どんなにタフハイプレッシャーなコンディションでも釣果を出せるよう「低活性イカ攻略モデル」として開発されたエギです。風や波など外的要因による影響を最小限にとどめ、安定した乗せのフォールと、必要以上にダートしすぎないダートアクションを実現し、限りなく低活性なイカの好むアクションに仕上げました。スムーズなフォールにも貢献「ケイムラアイ」と「490グローエッジ」のW発光でワンポイントアピール。さらにボディと目玉の段差をなくし、抵抗を軽減することでスムーズなフォールを実現。

時合いかな?っと思いましたが
単発で終了。
なかなか上手くはいきません。

釣り人も段々と減っていき
寒くなってきたので
一旦止めようと思い始めた時に
違和感が?これはイカだ…。
でもまだ抱いてない…。
少しさびいて抱いてないのを
確認してから軽くダートさせて
待っていると…グイっとした
明確なアタリが♪

思った通りに釣れてくれると
本当に楽しいですね♪

まだ釣れるかな?っと思い続けていると
アタリが…でものせられず…。
直ぐにフォローを入れて待っていると
グッと重くなるアタリが♪
アワセを入れて今度はのってくれました♪

まあまあサイズのイカちゃん♪

ヒットエギは共に
エコギアのエギリーダートマックス
3号のレッドマジョパープル
でした♪

従来のエギとは全く異なる次元のダートアクションを生む「エギリーダートマックス」。今まで常識とされてきた先端部のラインアイを上方に配置したことで、軽いジャークで簡単にその特異なダートを発生。同時にフォール姿勢の安定や、根掛かりの減少といったメリットも手に入れました。さらに、水流を強く受けるヘッド部を可能な限りスリムに仕上げ、引き重りを軽減するボディシェイプがダートのキレと操作性を高めます。また、バイトが集中するフォーリング時にも、安定した姿勢確保するため、ボディ後部に浮力を持たせています。斬新かつ多彩なボディカラーバリエーションとフラッシング効果を発揮するホログラムヘッドがアピール力を高め、根掛かりで時合いを逃さないためのスナッグレスカラードシンカーがバイトチャンスを増幅。フッキング性能を重視したカスタムカーボンフックを採用。今までのエギでは対応しきれなかった領域を切り開く、先進のモデルです。

粘ればポツポツ拾えそうな感じは
しましたが、寒くなってきたのと
お腹がすいたのでこの日は終了としました。
朝マズメはもっと釣れてくれるはず…。

道中コンビニ等は無かったので
両津方面に戻って店を探しましたが
自分が思っていたよりも佐渡が広い事を
改めて認識しました(笑)

2019/11/16

初めての佐渡遠征⑥‐アジング

19/10/30 新潟県佐渡島 夜の豪雨で寝たんだか 寝てないんだか良くわからない ままスマホのアラームが鳴り 釣りの準備を始めました。 佐渡遠征最終日。 アジングメインで、 もしもの時ようにショアジギタックルも 準備してポイントに入りました。 目次1 ギリギリのやり取りで…。2 最終日の釣果は3 遠征終了4 アジング使用タックル ギリギリのやり取りで…。 夜の豪雨の影響が心配でしたが 幸い濁りも入らず、水色はクリア。 風向きも予報通りで正面から受ける 感じですが、風裏なので問題なし。 波も昨日の夕マズメ ...

続きを読む

2019/11/16

初めての佐渡遠征⑤-アジング

19/10/29 新潟県佐渡島 夕マズメまでに 数か所目星を付けておいた ポイントの下見をしながら 最終的にどこに入るか かなり悩みました。 情報もなく、どこの場所でも アジは釣れそうだけど… サイズが出るかはわからない…。 こうなったら場所の雰囲気とカンに 頼るしかないので、今までの経験から ポイントを選びました。 目次1 アジの絨毯2 やっと求めていたサイズに…。3 少しだけ明かりの下で…のつもりが…。4 アジング使用タックル アジの絨毯 ポイントに入り水深や流れなどを 確認しながらアジの回遊を待って ...

続きを読む

2019/11/16

初めての佐渡遠征③‐アジング

19/10/27 新潟県佐渡島 アジが思いの外釣れないので ポイントを探して、車を走らせましたが なかなか良さげな場所を見つけられず…。 目を付けていたポイントを見てみますが なんかパッとしない…。 そんな事している間に日が 傾いてきたので、とりあえず目星を 付けていたポイントに入りますが…。 目次1 風が強くて…。2 常夜灯の効いたドシャローで3 冷えた体を温めに…。4 アジング使用タックル 風が強くて…。 予報だと東向きの風が強くなるので 風を避けられそうなポイントに入ってみましたが 全然ダメ…。 ロ ...

続きを読む

2019/10/19

台風後の海でヒラメ!ー新潟県柏崎 アジング・エギング

2019/10/16 新潟県中越:柏崎 甚大な被害をもたらした 台風19号が過ぎてから初の釣りに 行ってきました。 台風後、海がどんな感じに なっているのか気になっていたので 今回も平日釣行です。 目次1 心配していたけど…。2 遅い回遊3 久しぶりに良いサイズが♪4 アジング使用タックル5 エギング使用タックル 心配していたけど…。 天気予報だと、波・ウネリ共に 有る予報だったので、どこのポイントに 入ろうか悩みましたが とりあえず釣り場を見て決める事にしました。 釣り場に到着して、波とウネリを確認し ...

続きを読む

2019/10/19

引きも強くて楽しい!ー 新潟県柏崎 アジング

2019/9/28 新潟県中越:柏崎 エギングを止めて、アジに集中。 時間的にはそろそろ釣れても良い頃…。 アジの回遊を待ちつつ エギンガーにアオリが掛からないか 観察しながらアジの群れを待ちました。 目次1 アジの群れは突然に…。2 入れ食いの始まり3 アジング使用タックル アジの群れは突然に…。 反応が無いまま時間だけが過ぎていき まだかなぁ~??っと 思いながらキャストを続けていると 着水後のフォール中に、ラインの出方が おかしい?? これは食ってるなぁ~って事で ラインスラッグを取ってから アワセ ...

続きを読む

アジング使用タックル

アンダー1グラムの世界を明瞭にする超ウルトラライト。軽量ジグヘッドリグに特化。先の先から曲がる極細ファーストアクションのソリッドティップが僅かなテンションの変化をとらえます。1グラム未満・・・いや、0.5グラム未満のリグでもその存在や潮流を明瞭に感じながら細やかに操作することが可能。小型魚とのやり取りも楽しめる超繊細な感覚のロッドながら、バットには十分な強さを持たせることで、いざとなれば尺オーバーのターゲットにも余裕のポテンシャルを発揮。
かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。ボディ、ローターからハンドルに至るまで、全ての箇所への軽量化を徹底追求。現行モデルを凌ぐ圧倒的な軽量化に成功。それにより、さらなる操作性向上と感度アップを実現した。しかも、これだけの軽量化を施したにも関わらず、ボディ剛性、ギア耐久性、防水性を向上させるという軽量化とは相反する進化にも成功した。さらに、それだけにとどまらず、ステラ以外のモデルでは初となるロングストローク構造を採用し、遠投性能をも向上。ヴァンキッシュ史上最も進化したモデルと言えるだろう。どんな状況下でも、釣果を追い求めるストイックでテクニカルなアングラーに是非使ってもらいたいモデルだ。
巻ぐせやバックラッシュを緩和する「しなやかさ」を追求し、ジグ単や軽量メタルジグの釣りに高いポテンシャルを発揮します。 ●結節強度(リーダーとの結節)は最大約90%を達成。トラブルの減少とともに、根掛かり時の回収率が大幅にアップします。(結び方等によって結節強度は異なります。保証値ではございません。) ●白いヘッドライトで照らした際に際立って見える新カラー「レッドアイ」を採用。ガイドへの糸通しやリグの交換がスムーズに行えます。 ●リールにぴったり巻ききれる150m巻。
Tic(チタンコート)による驚異の耐摩耗性能で、攻め抜く釣りを強力サポート! ●Tic(チタンコート)の効果で耐摩耗性能が大幅にアップ。※当社比 ●SP-T(スーパータフコーティング)の効果により吸水劣化などを抑制。フロロカーボン本来の性能を引き出します。※当社比 ●携帯に優れた薄型スプール採用。 ●糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。 ●便利な号数別スプールバンド付き。

エギング使用タックル

ブランクス全体の強靭な反発力をさらに強化することで、バイトに対する瞬間的なフックセット性能、魚の頭をコントロールし主導権を渡さないファイト性能を高め、より確実に掛けられる、より確実に獲れる最強のパワーを追求。また、反発力の強化に併せてグリップ長を一握り分延長することで、リグを高速で弾き出し爆発的な飛距離を叩き出すロングキャスト性能を高め、同時にキャストウェイトの上限を拡張。超重量級リグを用いたライトゲーム未踏ゾーン攻略までも射程内に収めました。
NEWマグナムライトローター搭載。別次元の巻き出しの軽さ! 新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さを可能にしました。ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。
●超強力・高耐久 フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン」を採用したハイブリッドショックリーダー● ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。●扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。●必要な長さで糸がピタッと止まるジャストストッパー(PATENT)を採用したホルダーで、塩や紫外線をカット。



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-エギング遠征記事
-, , , , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2019 All Rights Reserved.