シーバス釣行記事

ツインパワーXDの鱗付け完了!!18/12/2 新潟県柏崎 シーバス

2018-12-05

アジは店じまいして、
本格的にシーバス&青物を狙おうと
楽しみにしていた週末。
天気予報を確認すると
日曜日の夜から釣りが出来そうな感じ♪
ツインパワーXDを引っ提げて釣り場に
向かいました!!



予報通りの荒れ模様

釣り場に到着!
海の状況を確認すると…。
まだ、ウネリと波が残っており
足場の低い場所はちょっと危ない
感じがしました。

波を避けられる場所を探して
ポイントに入りました。

この立ち位置では初めてだったので
根の位置などを把握する事にしました。
Googleマップであらかじめ
確認していましたが
思いの外浅そうなので
シャローレンジを探れる
レスポンダー
で確認していきます。

初心者シーバスアングラーなので
とりあえず、初場所の場合は
レスポンダーで根に触れたり
するかどうか確認していき
触れない場合は、レスポンダーよりも
潜るルアーもOK

逆にレスポンダーが根に触れる
ようであればレスポンダーよりも
潜らないルアーを
使用するようにしています。

リーリングスピードやロッドの位置で
変わってくるので、その辺は臨機応変に
対応します。
狙ってる場所が水深が有り
手前だけが浅い場合もありますし…。

ただシーバスルアーは高価なので
ロストしないように気を付けています。
ロストも痛いし、ノット組み直すのも
寒い中でやりたくないですからね(笑)

投げる方向によっては
サイレントアサシンでも問題なく
巻けるけど、狙う場所としては
サラシが広がるシャローを
攻めたかったので、レスポンダーで
狙いますが反応無し。

鳥は潜って何か捕食しているので
ベイトは居そうですが
目視では確認できませんでした。

スポンサーリンク

タイミング良くキャストが決まると…。

まだ明るい時間帯だったので
ルアーをマリアのNL-Iのイワシカラーに
チェンジして探っていきました。

サラシが出る場所に投げてみますが
反応は無く、色々な方向に投げてみても
反応無し…。

闇雲に投げてもダメそうなので、
サラシの出るタイミングと
冲の根の際を狙ってキャストしていきます。
失敗すると根掛りや破損する
リスクが有るので、根が見えてるうちに
投げ込んでいきました。

狙いを絞って数投目、
今日一のキャストが決まり
心の中で気持ちいい~!!っと
喜んでいたところで
サラシも良い感じで広がり
イメージ通りの展開♪

ハンドルを5回転位したところで
ゴンっとバイトが!?
マジか!!
アワセを入れてフッキング成功!!

沖の方で掛かったのと、
手前の根やウネリなどの影響で
やり取りしにくい…。
潜られても厄介なので浮かせに
かかると、すんなり上がってきて
くれましたが水面近くでエラ洗い…。
ヤバイバレる…。

テンションを抜かずに
根にも擦られないように
やり取りしていきます。
魚の抵抗が弱まったタイミングで
ウネリに合わせて一気にズリ上げて
ランディング成功!!

思っていたよりも長い(笑)
75㎝もありました♪
無事にツインパワーXDの鱗付け完了です!!

シーバスを狙って釣ったのは
今年の1月以来…
釣れてくれて本当にありがたいです!

暗くなってからは反応無く
沖のサラシを狙いたいけど、
ウネリと波が落ちないので
一旦休憩を入れました。

「渚」でビックウェーブの塩を食べ
腹ごしらえした後に、
別場所に行ってみましたが
反応無く、丁度潮止まりになるので
夜の部は終了となりました。

次の日の朝には波とウネリが
落ちてくる予報なので、
この日は納竿となりました。

シーバス使用タックル

過熱するサーフゲームで求められる性能を突き詰めた『NESSA』。シリーズコンセプトは軽量・高感度と小型ミノーから40g程度のジグまで使える高次元な対応力。サーフに発生する流れの変化やルアーアクションをアングラーへ明確に伝達。不意に時合が訪れるサーフゲームにおいて高い集中力を長時間保ち続けることで、ヒットチャンスへと結びつけます。サーフに燃えるアングラーへ応えるロッド。それが『NESSA』です。
耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生! ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。
超強力・高耐久 フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン」を採用したハイブリッドショックリーダー。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。必要な長さで糸がピタッと止まるジャストストッパー(PATENT)を採用したホルダーで、塩や紫外線をカット。



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-シーバス釣行記事
-, , ,

Copyright© 釣り上げ.com , 2019 All Rights Reserved.