シーバス釣行記事

印象に残る一本!!18/12/3 新潟県柏崎 シーバス

2018-12-07

車の中で寝袋に包まり
仮眠を取ってから再出撃!
海の様子は…ちょっと波が
落ちすぎてる気が…。
これならアジング出来る気もするけど…。
悩みましたが、予定通りシーバスを
狙いに行ってきました!!



サラシ消えた…。

前日に1本釣ったポイントに
入りました…しかし、狙っていた
立ち位置には入れましたが
波が収まってしまい、
沖に出ていたサラシが無くなり

ちょっと厳しい状況でした。

ベイトが回ってくれば
可能性はあるだろうし、
水面に顔を出している根周りには
まだ、波が当たってサラシが少し
出ているので、このままの立ち位置で
釣り始めました。

とりあえず、目で見える
良さげな場所にキャストして
魚からの反応を見ますが無反応。

ルアーをローテーションして
いきますが何のコンタクトも無し…。
段々と空が明るくなってきて
そろそろベイトが回って来るはず…。
しかし、魚っ気が全くない(笑)

完全に夜明けを迎え、
少し潮が流れ始めて来たので
再びモチベーションを
上げていきますが無反応…。
シーバスじゃなくても良いから
何か釣れてくれないかと
思いながら投げ続けましたが
アタリすらない状況。
完全にミスったなぁ~っと思い
少し場所移動してみました。

スポンサーリンク

潮目の先で…。

沖に根が有り、サラシが出ている
オープンエリアに移動。
残念ながらサラシまでは届きませんが
潮目がクッキリ出ていたので
少し期待して投げてみました。

右から左に潮が流れていて
時折、小さな魚が跳ねたり
沖の方で海鳥が潜っていたので
先ほどの場所よりも良さげな雰囲気でした。

ルアーを色々投げて反応を見ますが
コツっと小さなアタリ?が
1回あったのみで、何も掛かりません…。
う~んベイトはいそうなんだけどなぁ~??

狙いを変える為に
ルアーをジャンプライズの
かっ飛び棒にチェンジ。
フルキャストして横方向の潮目を
越えた所まで飛ばし
沈ませずに、着水後すぐに
リーリングして表層を
泳がせていると…。
ゴン!っと直ぐにヒット!
青物かと思いましたが、
えら洗いして水面を割って出る魚!
およっしゃ!シーバス!!

だいぶ沖目で掛けたのもありますが
なかなか元気なシーバスで
寄せるのも一苦労。

寄ってきたと思ったら
底へ底へ潜りだし
ロッドがバットまで曲がるほどの
激しい突っ込み!

締めていたドラグも出ていく始末…
コイツ引きすぎ!!
今まで掛けたシーバスの中で
一番引きが強い気がする…。

何とか引きに耐えて、少し抵抗が
弱まったところで、一気に浮かせますが
まだ体力が残っていたようで
再び底に向かって泳ぎだします…。

楽しい!楽しすぎる!!
でも、バラしたくはない!!
チャンスを見計らい、
魚が浮いたところで、
一気に波に乗せてランディング成功!!


サイズは大きくないですが
体高もあり、太く肥えた
キレイなシーバスでした♪

キャッチ出来て本当に良かったです!!

ヒットルアーはジャンプライズの
かっ飛び棒BRのサンライズチャートでした♪

◆サイズ:130mm◆重さ:38g◆アクション:W可変ローリングスウィング+バックロールフォール◆レンジ:0-3m◆適合フック:JUMPRIZE TREBLE MMH #3/#4(各社#3/#4)◆リング:オリジナル#4★対遠距離戦革命!かっ飛び棒130BRデビュー!40gのメタルジグにひけを取らない信じられない飛距離。気象状況に左右されない安定感抜群の飛行姿勢。賢い外洋のフィッシュイーター達が好む弱々しいアクション。従来メタルジグでしか届かなかったスポットを130mmボディーでスローに誘えてしまう。そんな夢のようなコンセプトを実現したのがかっ飛び棒130BR。テストで釣り上げた魚はシーバス、ヒラスズキ、ヒラメ、マゴチ、真鯛、黒鯛、ブリ、ヒラマサ、キハダ、カスミアジ、イサキ…。有効な使用方法はタダ巻き、ドリフト、スキッピング、ストップ&ゴー。かっ飛び棒130BR…外洋ショアゲームの革命である。

イワシを喰っていたようで
胃の中から7匹?出てきました。

その後追加を狙ってみますが
シーバスや青物からの反応は無く
最後に釣れたのは…。

結局釣れたのはこの一本だけですが
本当に楽しませてくれた魚でした♪

これからイワシに加えてハタハタも
来てくれれば、ますます面白くなるので
寒さに耐えて頑張ろうと思います!

今週末は寒波がやってくるので
釣りには行けそうにないのが残念です…。
平日に良さげな日が有れば
出撃してこようと思います♪

スポンサーリンク

シーバス釣行記事

2019/12/30

2019年ハタハタパターンシーバス最終戦!!-シーバス

19/12/28 新潟県柏崎 年末年始の休みに入り やっと思う存分釣りが出来る(笑) しかし、帰省予定と天気予報を 見ながら計画を立ててみたものの 釣りが出来そうなのは年末のみ…。 気合を入れて今年最後の シーバス釣りに行ってきました!! 目次1 前回のリベンジは早々に…。2 寒い時は暖かいもので…。3 時合い突入も…。4 シーバス使用タックル 前回のリベンジは早々に…。 天気予報は丁度良い荒れ模様だったので 期待を膨らませながら 釣り場に向かいました。 唯一の心配は場所が空いているか…。 何か所か候補は ...

続きを読む

シーバス釣行記事

2019/12/26

ハタハタパターンならぬボヤキパターンで…-シーバス

19/12/22 新潟県柏崎 天気予報を見ると 今日も良さそうだなぁ~… でも昨日行ったから今日は さすがに行きにくい…でも行きたい! そんなこんなで、 午前中に家族サービスを済ませて 行ってきました! 目次1 前日とは大違い2 釣れなさ過ぎてぼやいたら…。3 ハタハタを食っているようだけど…。4 シーバス使用タックル 前日とは大違い 海に到着。 前日とは打って変わって、 風無し!波無し!!ウネリは少々と いった感じで、ちょっと物足りない(笑) とりあえずポイントに入ってみますが 前日の爆風を経験している ...

続きを読む

シーバス釣行記事

2019/12/26

爆風の中ハタハタパターンを求めてポイントを…。-シーバス

19/12/21 新潟県柏崎 週末の天気予報を見て、 この予報なら アジング出来るかも…っと 淡い期待を持っていましたが 予報はどんどん悪くなり フタを開けてみれば爆風予報に 変わってる…。 もうこうなったらシーバス やるしかないよね!!って事で ハタハタを捕食しているシーバスを 狙ってきました♪ 目次1 予報通りの爆風2 魚は居るけど…。3 胃の中には…4 シーバス使用タックル 予報通りの爆風 海沿いに入る前から風が強い…。 街中でこの風って、海はヤバいんじゃないの?? 海を見渡せる高台に到着…。 海の ...

続きを読む

シーバス釣行記事

2019/12/8

カタクチイワシに翻弄されて…。新潟県柏崎・上越:シーバス・青物

19/12/1 新潟県柏崎・上越 最近厳しい釣りが多い気がする…。 アジングは別として シーバス狙いの時は 本当に心が折れそうな事が多い。 雪が降り、朝の気温は0℃…。 そんな中でも魚を釣るために 日の出前から頑張りましたが…。 目次1 生命感のない海2 川渡もち3 自分だけ釣れない4 カタクチが打ちあがって…。5 シーバス使用タックル 生命感のない海 外気温0℃の表示…。 覚悟を決めて、釣り場に入りました。 先週何とか一本出したポイントですが この日の方が潮位が有り 足元まで波が上がってくる状況。 一発 ...

続きを読む

シーバス釣行記事

2019/12/6

ランカーシーバスで2つ目の目標達成!新潟県柏崎:シーバス

19/11/23 新潟県中越:柏崎 シーバス釣りたい欲が 収まらなくなってきたので 今回もシーバス狙いで釣りに行ってきました! ベイトのカタクチが回ってきてくれれば チャンスが有るはず…。 波は収まってくる予報だったので 土曜日の朝までがリミットだと考えて ポイントに入りました。 目次1 寒さと沈黙で心が折れかける2 この日唯一のバイトは…。3 ベイトは…?4 シーバス使用タックル 寒さと沈黙で心が折れかける 何か所かポイントを絞り込みましたが 今週末は混みそうな気がしたので 早めにポイントに入りました。 ...

続きを読む

シーバス使用タックル

過熱するサーフゲームで求められる性能を突き詰めた『NESSA』。シリーズコンセプトは軽量・高感度と小型ミノーから40g程度のジグまで使える高次元な対応力。サーフに発生する流れの変化やルアーアクションをアングラーへ明確に伝達。不意に時合が訪れるサーフゲームにおいて高い集中力を長時間保ち続けることで、ヒットチャンスへと結びつけます。サーフに燃えるアングラーへ応えるロッド。それが『NESSA』です。
耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生! ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。
超強力・高耐久 フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン」を採用したハイブリッドショックリーダー。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。必要な長さで糸がピタッと止まるジャストストッパー(PATENT)を採用したホルダーで、塩や紫外線をカット。



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-シーバス釣行記事
-,

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.