ワーム

尺アジにおすすめのアジングワーム10選

2020-04-19

アジングをする上で最初の目標となる
尺アジ…。
これがなかなか最初のうちは
釣れないんですよね…。
自分もアジングを始めてから
尺アジを釣るまで2年くらい掛かりました…。

今では尺アジを釣るのが当たり前になり
40㎝アップのギガアジを釣るのが
目標になっています。

正直な話、尺アジしか居ない
群れに当たれば簡単に達成できますし
釣れる時は何使っても釣れるんです(笑)
しかし、釣った事の無い人にとっては
ワームが悪いんじゃないのか?
カラーが悪いんじゃないか?
サイズが悪いんじゃないか?など
釣った事がないので色々と悩む事が
多いと思います。

そこで今回は自分の使っている
ワームの中でも、尺アジをゲットした
実績あるワームをご紹介していきます!
何かの参考になれば幸いです




ベイトブレス:ニードルリアルフライ

自分の中では不動のレギュラーワームで有り
初めて尺アジを釣った時に使用していたワームです。
なので人よりも思い入れも有りますが
それを差し引いても、普通に釣れます。

最近ではあえて使わない事多くなりました。
反応が悪い時やポイントを見切る時に
使用するようにしています。
それだけ自分の中では信頼度の高いワームです。

ワームとしてはストレートの2インチと
特徴がある訳でわないんですが
微波動・微アピールが良いのか?
稚鮎などを食っている時にも
効果抜群の実績が有ります。

おすすめのカラーはGFホワイトパールです!
もはやこの色しか最近使わないです(笑)
たま~にソリッドの黒いカラーを
使ったりしますが、基本的には
GFホワイトパールだけです♪

デイでもナイトでも尺アジの実績が有り
ジグヘッドにも刺しやすくて
ワーム自体が柔らかいので
アジの吸い込みも抜群です♪

ドリームアップ:マッカム2.3インチ

アジングを始めた当初から
使用しているワームになります。
以前、ドリームアップさんで
モニターを務めさせていただいたので
使用頻度も高く、信頼しているワームです。

こちらも最近ではあえて使わない事が
多くなってきました。
とても柔らかい素材で出来ているため
アジの吸い込みは抜群に良いのと
ワーム中央がくびれていて
再び太くなるボディなので
少しの流れやアクションするだけで
艶めかしく動くので
アピール力が高いのも特徴です。

素材が柔らかいので
アジを何本も釣っていると
フックを刺している部分から
徐々に裂けてきてしまい
ワームのズレが発生しますが
左右対称ボディなので
反対側に刺せば再び使用する事が出来ます。

スロットル:ソルティーバード2.0

現在モニターを務めさせていただいている
スロットルさんのワームです。
平べったいボディが水を受けて
フォールがゆっくりになります。

ストレート系のワームが多いので
シルエットに変化を付けたい時
ジグヘッドを交換せずに
フォールスピードを落としたい時に
良く使用しています♪
手に入りにくいワームなのが難点ですが…。

スロットル アジスケ

ボディーの部分とテールの部分で
マテリアルの柔らかさが異なっていて
フックを刺すボディは鈎持ちが良いように
テールよりも硬めになっています。

テールはアジの吸い込みを
妨げないように柔らかい素材で出来ており
サイズは4種類あるので
豆アジ~尺アジ・ギガアジまで
幅広く対応する事が出来ます。

スロットル:アジスケシャッド

アジスケのシャッドテール版です
アジスケ同様にボディとテールで
素材が異なります。
ストレート系とシャッド系で
反応が変わる事が有るので
シャッド系のワームも外せません。

リトリーブでもフォールでも
テールが揺れてアピールするので
状況に合わせて使い分け出来ます♪

スポンサーリンク

エバーグリーン:ギムレット2.5

少し張りのあるワームですが
ボディにあるくびれ部分が
曲がってくれるので
アジの吸い込みには問題なし♪

ハリが有る分、鈎持ちが良く
少し鈎穴が広がっても
少しズラして刺してやれば
また使えるようになるので
長持ちするワームです。

created by Rinker
エバーグリーン(EVERGREEN)
¥550 (2020/08/13 05:37:48時点 Amazon調べ-詳細)

レイン:アジリンガー

アジングのワームの中でも
人気の高いレインのアジリンガー
深めに入ったリブで水を受けるので
軽いジグヘッドを使っていても
水の抵抗を受けやすく、
リグの存在を見失いにくいので
とても使い勝手が良いです。

入手しやすく、カラーも豊富なので
アジングを始めたばかりの方は
これを買っておけばとりあえず大丈夫です。
豆アジから尺アジまで問題なく対応できます♪

レイン:アジアダー

こちらもレインのワーム
もともとはバス用のワームだったものを
ライトソルト用にしたもの。
素材は柔らかく、カラーラインナップも
豊富にあり、アジリンガーとの使い分けが
出来るので、最初にアジングで揃えるなら
アジリンガーとアジアダーが有れば事足りるハズ。

個人的なお気に入りカラーは
グローオキアミパワー
”これだから釣れた!”
”これじゃなきゃダメな時が有る!”
などのうたい文句は好きではありませんが
それを体験させてくれたカラーになります。

created by Rinker
レイン(reins)
¥574 (2020/08/13 08:27:34時点 Amazon調べ-詳細)

Mozu:セラビートX 2.3インチ

ハリのあるマテリアル素材ですが
比較的ハリに刺し易く
ワームに強度が有り
魚を釣っても痛む事無く
使用できるため
短い時合いの中で数を伸ばすのに
最適なワームです。

千切れるか、ワームがズレやすく
ならなければ何度でも使えるので
お財布に優しいワームです。
ただし、他の素材のワームと
一緒にすると
溶ける可能性があるので
保管には注意が必要です。

ティクト:フィジットヌード

最近使用する機会は減りましたが
釣れるワームです。
アジングを始めた当初から
使用していて、刺し易く
とても柔らかい素材で出来ており
非常に艶めかしく動きます♪

価格も安くて手に入りやすい
ワームなので
こればかり使用していた時期が有りまた(笑)

スポンサーリンク

ワームに合わせるジグヘッドは…。

自分がメインで使用している
ジグヘッドは土肥富さんの
レンジクロスヘッドになります。

価格は少し高いですが
鈎先の鋭さは素晴らしく
シンカー形状によって
鈎先のブレが少ないので
フッキングが決まりやすく
オープンゲイブなので
オートで掛かる事も有ります(笑)

ただし、アジの活性が高い時は
喉の奥に刺さってしまい
フックを外すのに時間が掛かったり
のまれるとアジの歯でリーダーが
傷ついてしまうので
あまりにものまれる様で有れば
ノーマルのフックを使用するか
カエシを潰してバーブレスにした方が
良いかもしれません。
尺アジは口も大きく、
吸い込む力も強いので
簡単に飲み込まれます。

尺アジ程度であれば
強度的には問題ありません。
これから発売される
”レンジクロスヘッドギガ”も有ります。

ストレートタイプのジグヘッドは
同じく土肥富さんの
ラッシュヘッドを使用しています。
こちらのフックも刺さりが良く
太軸のフックがラインナップされているので
尺・ギガ・テラまで問題ないんじゃないでしょうか?

ワーム収納ケース

ワームの収納ってかなり迷うんですよね
100均のケースからジグヘッドもワームも
収納できるものまで…。
色々なものを使ってきましたが
今現在は、メイホウのライトゲームケースJ
メインで使用しています。

とてもコンパクトで
ケース同士をジョイとする事が出来るので
ポイントによって持っていくワームの
組み合わせを変える事が出来ます♪

また、ジグヘッド収納タイプの
スリットフォームケースJ
あるので、組み合わせの自由度が上がりました。

まとめ

アジングワームもかなり種類が有り
迷う方が多いかもしれませんが
自分の中で”信頼できる”ワームを
作る事が一番大事だと思います。

ルアー釣りはモチベーションを保つのが
重要なので、如何にモチベーションを
維持しながらルアーを
投げ続けられるかによって
釣果も変わってくると思います。

後は、尺アジが回って来る場所と
タイミングさえ見つけてしまえば
尺アジは簡単に釣れてくれます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク


応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ

-ワーム
-

Copyright© 釣り上げ.com , 2020 All Rights Reserved.